ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX2070搭載ノート!NEXTGEAR-NOTE i7940GA1 性能レビュー

RTX2070搭載ノート!NEXTGEAR-NOTE i7940GA1 性能レビュー

17インチなのに小型で軽量!

G-Tuneから続々とRTX20シリーズのグラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCが発売されています。一番最初に発売されたのは、RTX2070を搭載したNEXTGEAR-NOTE i7940シリーズです。

NEXTGEAR-NOTE i7940GAで最もパーツのバランスが良いと判断したNEXTGEAR-NOTE i7940GA1(ゴールドモデル)を今回はレビューします。性能だけでなくその他の部分も優れているところがたくさんある、とてもおすすめなゲーミングノートPCです。

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1はこんな方におすすめ!

ハイスペックなゲーミングノートPCが欲しい!
17インチだけど軽量・小型だと嬉しい!
144Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8750H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2070 8GB 16GB(PC4-19200)
ストレージ チップセット
512GB NVMe M.2 SSD モバイル インテル HM370 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 17.3インチ 144Hz対応フルHD液晶

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1の価格と詳細はこちら

Core i7-8750Hは最近定番のCPUです。ゲーミングノートPCにはほぼ確実にCore i7-8750Hが搭載されています。そこにRTX2070とメモリ16GBを組み合わせることでハイスペックを実現しています。

ストレージは高速なNVMe SSDが採用されているのですが、512GBの容量では心許ないと思います。私ならストレージをカスタマイズしてから購入します。1TB HDDを追加するのが手っ取り早いです。何より安いですし、容量も十分になります。

ただHDDはSSDよりも物理的に重いのが弱点です。軽量と速度を重視するならM.2 SSDの追加がおすすめです。あるいは512GB NVMe SSDを1TB NVMe SSDに変更するのもいいでしょう。HDDより高額になってしまうため、予算に合わせて選んでください。

ストレージの速度

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1に搭載されたSSDはどれくらい速度なのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「Western Digital PC SN520 SDAPNUW-512G」で、シーケンシャルリードが1631MB/s、シーケンシャルライトが1454MB/sです。最近レビューしたNVMe SSDと比較するとシーケンシャルリードはやや遅く、逆にシーケンシャルライトは高速です。とはいえSATA SSDに比べたら3倍高速です。

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1の外観

次にNEXTGEAR-NOTE i7940GA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

NEXTGEAR-NOTE i7940の長所のひとつにサイズがあります。全体の寸法は幅395.7 × 奥行き263 × 厚さ32.6mmなのですが、これって15インチのゲーミングノートPCとほとんど変わらないのです。つまり17インチの大画面でゲームができるのに、持ち運びやすさは15インチと同等なんです。

なんてそんなことになっているのかというと、液晶周辺のベゼルを削減しているためです。例えばG-Tuneが販売している15インチのゲーミングノートPCの奥行きが250mmです。つまり13mmしか違いません。

キーボードはゲーマーに人気のメカニカルです。押下圧は60gとちょうどいい感じです。

しかも全キー同時押しに対応しています。純粋にゲーミングキーボードとして優れています。ひとつ不満をあげるとしたらSHIFTキーの小ささでしょうか。SHIFTキーってゲームで多用するので、もうちょっと大きいほうが好みです。

電源を入れるとキーボードバックライトが青く光ります。起動が完了するとレインボーに変化します。

手前の部分も光ってました。

トラックパッドは左上の部分を素早く2回タップするとON/OFFを切り替えられます。

液晶の最大解像度は1920×1080です。そしてリフレッシュレートは144Hzに対応しています。これならデスクトップと同等の環境でゲームをプレイできます。

デフォルトで144Hzに設定されていました。

左側にはセキュリティスロット、LANポート、USB2.0、マイク入力、スピーカー出力があります。私ならUSB2.0端子にマウスを接続します。

右側にはSDカードリーダー、USB3.0が2つあります。

後ろ側にはmini-DisplayPort出力が2つ、HDMI出力、USB3.0 Type-C、電源端子があります。インターフェイスは各ケーブルがゲームの邪魔にならない理想的な配置です。

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1の重さ

ノートPC本体のみの重さは2.510kgです。15インチのゲーミングノートPCと同じくらいの重さです。普通は3kg以上です。重量もサイズもコンパクトなのに17インチの画面でゲームを遊べるって本当に凄いです。

ACアダプターとケーブルを含めると3.3373kgです。

CPUをオーバークロックできる

電源ボタンの左に時計マークっぽいボタンがあります。なんだろうこれ?と思ったら、なんとワンボタンでCPUをオーバークロックできる機能だとわかりました。OFFだと通常のOffice Mode、ONにするとオーバークロックのGame Modeになります。

どれくらい性能が変化するのか気になったのでCINBENCHでベンチマークを計測しました。するとシングルコアは変わらず、マルチスレッドは約32%も性能アップしました。

公式サイトによると約26%アップすると記載されていました。今回の検証ではそれ以上の結果が出ました。ゲーミングノートPCはCPUがボトルネックになりやすいため、オーバークロックの機能があるのは素直に嬉しいです。

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1の温度

各種ベンチマークソフトを動作させたところ、CPU(Core i7-8750H)は最大98℃、SSDは最大51℃、RTX2070は最大78℃まで上昇しました。Core i7-8750Hは100℃近くなってしまうのが普通です。

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1のベンチマークスコア

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
7544 9952 11090

FF15ベンチマークは高品質だと「快適」、標準品質以下だと「とても快適」の評価でした。最上位に重いゲームも快適にプレイできることがわかりました。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
13946 14169 15624

FF14ベンチマークはGTX1060搭載ゲーミングノートPCより約39%高いスコアが出ました。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
33448 38122 53328

PSO2ベンチマークはRTX2070搭載デスクトップに比べて半分以下のスコアです。オーバークロックしてもまだCPUがボトルネックになってる気がします。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は19423です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは43312です。GTX1080 + Core i7-6700のデスクトップに近いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
7257 7471 6246

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位29%の評価でした。オーバークロックのおかげでCPU Scoreが大幅に伸びています。他のRTX2070搭載ゲーミングノートPCがよりも高性能です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
16947 19730 15867

3DMARK FireStrikeの評価では「上位14%のパソコン」です。デスクトップと比較してもハイスペックです。ゲーミングノートPCでこんな高性能を実現できる時代になったのですね・・・。

性能だけでなく144Hz液晶や軽量・小型など優れたところがたくさんあります。25万円くらいの予算でゲーミングノートPCを探している人には、このモデルが非常におすすめです。

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 15周年記念セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ