ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5350SA1 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5350SA1 性能レビュー

GTX1650搭載だけど高性能なノートPC!

現在ゲーミングノートPCに搭載されているグラフィックボードはGTX16シリーズとRTX20シリーズです。その中で最も価格が安いのはGTX1650です。

G-TuneにはGTX1650を搭載したゲーミングノートPCがあり、一番おすすめしたいのがNEXTGEAR-NOTE i5350SA1です。実機を入手したので性能をレビューしていきます。

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1はこんな方におすすめ!

約15万円でゲーミングノートPCを買いたい!
そこまで重いゲームはプレイしない予定!
普段遣いも快適にしたい!

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-9750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1650 4GB 16GB(PC4-19200)
ストレージ チップセット
256GB NMVe SSD + 1TB HDD モバイル インテル チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 60Hz

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1の価格と詳細はこちら

NEXTGEAR-NOTE i5350シリーズのシルバーモデルです。シルバーモデルはメモリ16GB、256GB NVMe SSD + 1TB HDDです。一方でさらに安いブロンズモデルもあります。ブロンズモデルのNEXTGEAR-NOTE i5350BA1はメモリ8GB、256GB NVMe SSDです。GTX1650とCore i7-9750Hなのは共通しています。

ストレージ容量が多いほうが使いやすいことは間違いありません。大容量のPCゲームだと50GBくらいありますからね。またメモリも16GBあったほうがあらゆる用途に使えますから、私はNEXTGEAR-NOTE i5350SA1をおすすめしたいです。

ただし価格差は2~3万円あります(時期によって変わります)。もうちょっと価格を抑えたいならブロンズモデルをベースにして、ストレージを512GB NVMe SSDに変更するのがおすすめです。

ストレージの速度

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1のストレージは256GB NVMe SSD + 1TB HDDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「Western Digital PC SN520 NVMe」で、シーケンシャルリードが1737MB/s、シーケンシャルライトが1303MB/sです。NVMe SSDの中ではそこまで高速ではありません。

HDDの速度

HDDは「WESTERN DIGITAL WD10SPZX」で、シーケンシャルリードが134MB/s、シーケンシャルライトが123MB/sです。

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1の外観

次にNEXTGEAR-NOTE i5350SA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

バッテリー駆動時間は約9.6時間です。ゲーミングノートPCとしては驚異的な長さです。4時間なんてゲーミングノートPCもあります。

全体のサイズは幅364.5 x 奥行き258 × 厚さ25.5 mmです。

キーボード、タッチパッド、電源ボタンです。

ファンコントローラーのボタンはないのですが、「FAN SPEED SETTING」というソフトウェアがプリインストールされていて、GPUとCPUのファン回転数を変更できます。とはいえ温度に応じて自動で速くなったり遅くなったりするため使わなくて大丈夫です。

G-TuneのゲーミングノートPCはどれもキー配置が普通です。ノートPCを使ったことがある人なら違和感なく使いこなせます。

起動が完了したらキーボードバックライトが青白く光りました。

LED KEYBOARD SETTINGというソフトウェアが入っていて、自由にキーボードバックライトの色を変更できます。

液晶モニターはIPSパネルです。TNパネルよりも表示が綺麗だと評判です。

左側にはセキュリティスロット、USB3.0、USB2.0、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはUSB3.1、USB3.1 Type-C、SDカードリーダーがあります。

後ろ側にはmini-DisplayPort出力、HDMI出力、LANポート、電源端子があります。使いやすさを重視した完璧な配置です。

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1の重さ

ノートPC本体のみの重さは2.153kgです。G-Tuneではトップクラスに軽いです。

ACアダプターとケーブルを含めると2.666kgです。

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-9750H)の温度は平均62.8℃、最大88℃でした。

GeForce GTX1650の温度は平均57.0℃、最大62℃でした。

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1のベンチマークスコア

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1の性能をベンチマークソフトで評価しました。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1099 cb 2408 cb
シングルコア 190 cb 462 cb

Core i7-9750Hの性能です。デスクトップ用CPUに負けないくらいシングルコアの性能が高いです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
3830 5105 6705

FF15ベンチマークは12000を越えないと「非常に快適」の評価になりません。GTX1650ではスペック不足です。画質だけでなく解像度まで下げればなんとかなります。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
9442 10655 14604
平均63fps 平均72fps 平均109ps

FF14ベンチマークはどの画質でも「非常に快適」の評価です。しかし常に60fpsでプレイしたいなら標準品質の設定をおすすめします。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
31118 43435 68797

PSO2ベンチマークはGTX1050搭載ゲーミングノートPCよりも30%くらいスコアアップしました。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは20089です。GTX1650 + Core i5-9300HのノートPCより12%高いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
3657 3411 6202

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位80%の評価でした。GTX1050搭載ゲーミングノートPCより2倍も高いスコアです。やはり最新パーツを搭載したパソコンを選ぶべきです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
8238 9206 16134

3DMARK FireStrikeの評価では「上位64%のパソコン」です。普段遣いを快適にしつつ、あまり重くないゲームを中心にプレイしたいならこのNEXTGEAR-NOTE i5350SA1がぴったりです。

NEXTGEAR-NOTE i5350SA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 期間限定セールでゲーミングPCが安い!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ