ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > 初心者向けゲーミングPCの選び方 > ミニタワーケースのおすすめゲーミングPC

ミニタワーケースのおすすめゲーミングPC

デスクトップゲーミングPCって巨大なイメージがあるかもしれませんが、そこそこ小さいケースもあります。それがミニタワーです。ミニタワーはミドルタワーよりも一回り小型で、特に奥行きと高さが小さくなっています。

ではミニタワーケースのメリット、デメリットからBTOメーカー別にどんなミニタワーゲーミングPCがあるのかを解説していきます。

ミニタワーケースのメリット

ミニタワーケースのメリットは2つあります。

やや小型だから邪魔にならない

「ミニ」と名前が付いているので小型だと思うかもしれません。しかしあくまでも「ミニ」の「タワー」です。ミドルタワーやフルタワーよりも小型という意味でしかありません。スリム型やキューブ型に比べたらずっと大型です。

とはいえそこそこ小さくて、しっかりしたスペックのデスクトップゲーミングPCを買おうと思ったら、ミニタワーが最有力候補になります。それにどのBTOメーカーも必ずミニタワーゲーミングPCを販売しているので、選択肢が多いことも魅力です。

一番安い

ミニタワーは小型なこと以上に、安いことがメリットだと思っています。BTOメーカーで最安値のデスクトップゲーミングPCを探してみてください。ほぼ確実にミニタワーが最安値です。

同じCPU、メモリ、グラフィックボードを搭載していたとしても、ミドルタワーよりもミニタワーのほうが安いです。マザーボードがmini-ATXでチップセットも格安なことが理由でしょう。

ミニタワーケースのデメリット

安くて小型というメリットの反面、デメリットがいくつかあります。

拡張性が低い

ミニタワーケースのゲーミングPCに搭載されているマザーボードはmini-ATXです(例外もあります)。mini-ATXはATXよりも拡張性が低く、例えばメモリスロットは2つしかなく、拡張スロットの空きはほぼありません(グラボに使ったら空きがほぼなくなる)。

最大メモリ搭載量の違いが最もわかりやすいです。ミニタワーは最大メモリ16GB、ミドルタワーは32GBか64GB、フルタワーは64GBか128GBです。

あなたがメモリ8GBのミニタワーゲーミングPCを購入して、あとからメモリ16GBに拡張しようと思ってサイドパネルを開いたら、4GBのメモリが2つ挿さっている可能性があります。つまりメモリスロットの空きはありません。8GBではなく16GBメモリを新たに用意しなければなりません(もちろん8GBメモリが挿さっていて、別途8GBを用意すればいいだけかもしれません)。

ハイエンドスペックは希少

ミニタワーケースのハイエンドゲーミングPCは滅多に見つかりません。ミニタワーケースはスペースに余裕がなく、RTX2080Tiのような巨大なグラフィックボードを搭載しにくいことが原因かもしれません。

またパーツが密接して、パーツ同士の温度が干渉しやすく熱暴走の危険性もあります。ミニタワーケースはケースファンの数がどうしても少ないので、冷却性能に弱点があります。

だから私はエントリーモデルからミドルスペックくらいならミニタワーをおすすめしますが、ハイスペックからハイエンドはミドルタワーかフルタワーをおすすめします。

ミドルタワーケースのおすすめゲーミングPC

フルタワーケースのおすすめゲーミングPC

BTO別ミニタワーケースの比較

人気BTOパソコンメーカーが販売しているミニタワーゲーミングPCのシリーズをまとめてみます。

シリーズ サイズ 解説
ガレリア D、M
185(幅)× 395(奥行き)× 370(高さ)mm ドスパラのミニタワーゲーミングPC。エントリーモデル、ミドルスペック、ハイスペックと幅広い機種が揃っている。INTEL CPU以外にAMD Ryzen搭載モデルも充実している。またどれも非常に安く、最安値だと8万円くらいで購入できる。
NEXTGEAR-MICRO
188.8(幅)× 410.5(奥行き)× 400(高さ)mm G-TuneのミニタワーはRTX2080やRTX2080TiのようなハイエンドゲーミングPCを取り揃えている。ミニタワーにしては珍しく冷却性能に優れたエアフロー設定になっている。裏配線で内部がすっきりしているのも素晴らしい。高性能なミニタワーが欲しいならNEXTGEAR-MICROがおすすめ。
LEVEL∞ M-Class
190(幅)× 410(奥行き)× 356(高さ)mm パソコン工房のレベルインフィニティはM-Classがミニタワー。ゲーミングPCなのにグラフィックボードを搭載していないデスクトップまで販売していて、いまいち信頼性に欠ける。
G-GEAR mini
183(幅)× 390(奥行き)× 300(高さ)mm ツクモのG-GEAR miniは確かに小型なのだけど、あまりに種類が少ない。ミドルスペックがすっぽり抜けているラインナップが謎。

比較した結果、安いミニタワーが欲しいならドスパラ、高性能なミニタワーならG-Tuneがおすすめです。

おすすめのミニタワーゲーミングPC

以上の比較からおすすめのミニタワーゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア DT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i5-9400F
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1660Ti 6GB
  • 容量:240GB SSD + 1TB HDD

G-Tune 「NEXTGEAR-MICRO im610SA2-GPB」

  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:Core i5-9400F
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 3GB
  • 容量:256GB NVMe SSD + 1TB HDD


G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im620PA3-SP」

  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:Core i9-9900K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce RTX2080 8GB
  • 容量:512GB M.2 SSD + 1TB HDD

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ