ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > PC×スマホ連携で使えるフリーソフト

PC×スマホ連携で使えるフリーソフト

PCとスマホは用途が異なる一方で、連携できるようになるととても便利です。iphoneがこれだけ評価されている理由のひとつに、Mac OS(つまりPC)との連携がありますからね。

特にスマホのゲームをPCで表示したり、ファイルを共有したりできると、スマホゲームの効率もあがります。

そこでPC×スマホ連携で使えるフリーソフトについてまとめてみました。

PC内の動画をスマホで再生「VLC media player」

PCで録画した動画を簡単にスマホでワイヤレス再生できるツールです。

VLCはかなり昔からあるフリーのメディアプレイヤーですから、ご存じの方も多いと思います。

PC内に動画用のフォルダを作り、そのフォルダをスマホと連携させることでLAN内に簡易的な動画配信サーバーができる…と考えれば良いでしょう。

標準設定では、PC内の「ドキュメント」フォルダが共有されますが、これを任意の場所に変更することも可能です。

スマホ側からは「参照→Universal Media Server」を選択することでフォルダ選択画面に進めるので、フォルダをタップして動画を選びます。

ファイル本体の移動が発生しないので、とても手軽で使いやすいですよ。プレイ動画の確認などに便利です。

スマホでPCを遠隔操作「TeamViewer」

こちらも10年以上前からあるソフトですが、意外と知られていないので共有しますね。

TeamViewerはもともとPC同士のリモートデスクトップ接続に使われていましたが、スマホが登場してからはスマホ→PCのリモート操作にも対応。

スマホとPCの両方にインストールし、スマホ側でアプリを起動して任意のIDを入力すると、対象のPCに接続することができます。

リモートデスクトップをスマホで実行できるため、手元で自宅のPCを操作したり、ファイルを閲覧したりとかなり便利ですね。

私はこのツールでPCの放置ゲームを外出先から操作していました。また、PCのファイルを遠隔操作でスマホに取り込むことも可能。

非常に汎用性が高いですが、取り扱いには十分に注意してください。パスワード設定は必須ですね。

ワイヤレスでファイル転送「Send Anywhere」

PC→スマホやスマホ→PCのファイル転送は、結構面倒ですよね。一度外部のストレージを経由するかケーブルで接続して外部デバイス扱いにする必要があります。

こうした手間を一気に削減できるのが「Send Anywhere」です。Send AnywhereはWi-Fi Directを使用できるため、ドラック&ドロップでPC⇔スマホのファイル転送ができます。

操作はとても簡単でPC側で転送するファイルを選び、ドラッグ&ドロップ、その後に表示される数字とQRコードのどちらかをスマホで読み込むと完了します。

iTunesなしでファイル転送「CopyTrans Filey 」

CopyTrans FileyはiTunesを起動することなくiPhoneとPCを同期させるためのツールです。ワイヤレスファイル転送が可能なうえに、動作もかなり軽いですね。

正直なところ、iTunesの重さに辟易する人も少なくないはず。私もその一人で、あまりのもっさり感についつい同期を先延ばししがちです。

CopyTrans Fileyならそんな悪癖ともおさらばできるので、とても重宝していますね。

PC×スマホ連携は現代のゲーマーなら必須

PCとスマホでデータ移動やファイル連携ができるようになっていると、ゲーム用途以外でもかなり便利です。

スマホとPC、それぞれの弱点を補えるのがPC×スマホ連携のメリットなので、今回紹介したツールでぜひ快適なPCライフを送ってみてください。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R37

    うらみんが感動した一押しモデル!

    グラボ:RTX3070(8GB)

  • 2 G-Tune HM-B-AF

    RTX3060搭載なのに安い!

    グラボ:RTX3060(12GB)

  • 3 GALLERIA ZA7C-R48

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!

    グラボ:RTX4080(16GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ