ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > M.2 SSDはGen3とGen4のどちらを買うべき?

M.2 SSDはGen3とGen4のどちらを買うべき?

M.2 SSDが普及し始めてからすでに5年近くが経過しましたが、そろそろM.2 SSDも世代交代の時期にきました。これまでPCIe Gen3が主流だったM.2 SSDは、徐々にPCIe Gen4へと移り変わってきましたね。

しかし、世代交代の時期というのは、以外と見極めが難しい時期でもあります。そこで、Gen3とGen4のどちらを買うべきなのか考えてみました。

PCIe Gen3とPCIe Gen4の違い

まず、簡単にPCIe Gen3とPCIe Gen4の差を整理しておきましょう。

PCIe Gen3とPCIe Gen4は、主に帯域と対応CPUに違いがあります。

PCIe Gen3

帯域:最大32GT/s(4レーン接続時)
対応CPU:Intelは第3世代(Ivy Bridge)以降、AMDはA10(Kaveri)以降

PCIe Gen4

帯域:最大64GT/s(4レーン接続時)
対応CPU:Intelは第11世代(Rocket Lake)以降、AMDは第3世代Ryzen(Zen2)以降

Gen3からGen4への移行で帯域がほぼ倍になるので、やりとりできるデータの量が増えます。当然、読み書き速度も上がることは間違いありません。

ただし、新規格への移行時は「成熟した旧規格(低価格)」と「未成熟な新規格(高価格)」が同じ市場に出回るので、新しいものが必ずしも良いとは限らないんですね。

そこで2022年夏時点の情報をもとに、M.2 SSDのGen3仕様とGen4仕様を比較してみたいと思います。

売れ線の500GBクラスで比較

早速、主要なベンダーのM.2 SSDをGen3とGen4で比較してみたいと思います。

PCIe Gen3

サムソン「SSD970 EVO Plus」:リード3500MB/s、ライト3200MB/s、約1万円
Soliigm「670P」:リード3500MB/s、ライト1600MB/s、約7500円

PCIe Gen4

Western Digital「WD_BLACK SN770 NVMe」:リード5000MB/s、ライト4000MB/s、約8500円
マイクロン「Crucial P5」:リード3400MB/s、ライト3000MB/s、約1万円

意外なことに、Gen4製品はそこまで高くないのですよね。ただし、リード/ライトともGen3に比べるとしっかり高いです。

ということで価格とメーカー公称のシーケンシャルリード/ライトだけを見ると、Gen4を買ったほうがお得に見えます。

しかし、ここで気を付けたいのが「Gen4対応のM.2 SSDをGen3対応のマザーに装着すると、Gen3レベルに速度が落ちる」という点。

Gen4の恩恵を受けるには、CPUのみならずマザーボードもしっかり対応させなくてはなりません。

ランダム性能まで見るとまだGen4は未熟か?

ちなみに公称値には示されていませんが、実際の使用ではシーケンシャル性能よりもランダムリード/ライト性能のほうが重要です。

このランダム性能を計測すると、なんと一部ではGen3のほうが優秀という結果になるようです。

この点についてはWeb上に細かいベンチマークがいくつかでていますが、やはり成熟したGen3のM.2 SSDは実使用でまだまだ強そうですね。

価格がほとんど変わらないので、どちらを買うかは好みになるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ