ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > HDMI2.1の主要機能を解説

HDMI2.1の主要機能を解説

PCのほか、外部デバイスとモニターの接続では大半がHDMIを使用すると思います。HDMIは現代になくてはならないインタフェースですが、最近2.1へとバージョンアップしました。

HDMI2.1ではさまざまな機能が付与されており、特にゲーム用途に最適化が図られているようです。

HDMI2.1の諸機能

HDMI2.1は2017年に発表されており、4Kおよび8Kへの本格的な対応が盛り込まれた規格です。

今後主流になっていくと思われる「4K/120Hz」のように、解像度とリフレッシュレートを高い次元で両立した仕様にも対応します。

HDMI2.1の最大の特徴は最大48Gbpsという高速転送です。従来のHDMIは最大転送速度が18Gbpsでしたので、約2.5倍の向上ということになります。

その他、HDRやALLMなど、ゲーム向けの機能が充実していることも見逃せません。下記は、HDMI2.1の主要機能です。

4K120Hz

4Kはすでに一般的なモニターでも普及していますが、120Hzという高リフレッシュレートとの両立はまだまだこれからです。

HDMI2.1が持つ4K120Hzでは、4K(3840×2160画素)で120フレーム/秒という表示を可能とします。

これまでの一般的なモニターは60Hzが標準でしたので、およそ倍のフレーム数を4K環境で動かせることになりますね。

しかもこれが「標準仕様」として定められるので、今後HDMI2.1対応のモニターはスペックが底上げされていきそうです。

HDR

HDRは「High Dynamic Range」の略称で、幅広い輝度を実現するための規格。色深度(明暗の表現)も優れており、いわゆる「鮮やかさ」「メリハリ」が強調されます。

HDRはすでに一部のモニターで普及していますが、HDMI2.1では標準で対応します。

VRR

VRR(Variable reflesh rate)は、G-syncやFree Syncに近い機能で、ティアリングやカクつきの軽減に貢献します。

ゲーム機側の映像信号にリアルタイムで同期し、動きの激しいFPSなどでも視認性を確保しやすくなるでしょう。

大型テレビや安い大型モニターでゲームをするとチラつきやカクつきが目立つことがありますが、HDMI2.1ならばこうしたデメリットも軽減されそうです。

ALLM

ALLMは「Auto Low Latency Mode」の略称で、読んで字の如く「自動的に低遅延を実現する機能」ですね。

モニターへの入力にはリフレッシュレートの変換などの関係で遅延が発生することがありますが、これを軽減する機能が自動で付与されています。

こちらも明らかにゲームを想定した機能ですね。

eArc

いわゆる音声出力機能なのですが、リニアPCM7.1やドルビーアトモスなど、音質を向上させる信号の伝送にも対応していることが特徴です。

Bt.2020

Bt.2020は4Kで追加された色再現空間の規格です。自然界の色のうち、99.9%をカバーする超広域な色再現が可能とのこと。

前述のHDRなどと組み合わされることで、現実世界さながらの色彩が再現できそうですね。

まだまだ高額なHDMI2.1モニター

2022年8月時点でHDMI2.1モニターを検索すると、最安でも28インチで7万円前後、30インチ代では10万円を軽く超える相場になっています。

HDMI2.1は4K環境が前提となるため、必然的に対応モニターの価格も上がります。一般的に普及するのはおそらく2年後くらいになると思うので、価格がこなれるにはもう少し時間が必要でしょう。

4K120Hzというスペックがどれだけ安くなるかによると思いますが、規格としてはかなり魅力的ですよね。

完全にゲーム用途にフォーカスしてきているので、もし気になった方は購入を検討してみてください。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ