ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > 光回線の工事が始まらない!開通までどうしのぐ?

光回線の工事が始まらない!開通までどうしのぐ?

西日本地域を中心に、NTTの光回線工事が大幅に遅れているようです。2021年5月から遅れが生じ始め、現在も2万件以上の工事が遅れているとのこと。

最近は光回線工事の遅れが常態化していて、開通までに2~3カ月かかる方も少なくありません。

ゲーマーにとっては深刻なこの事態、どう乗り切るべきなのでしょうか。

光回線工事はなぜ遅れている?

まず、光回線工事の遅れが発生している原因を整理してみましょう。

光回線工事の遅れは、工事希望者の住所などを入力する「工事受付システム」のトラブルが原因のようです。

同システムには電話番号などの情報が入力されていますが、システムの更新前の表記などが統一されず、6万3000件ものデータが移行されなかったとのこと。

また工事受付システムは顧客管理システムなどとつながっており、こうした周辺システムとの連携でも不具合が発生。

不具合の修正には2カ月を要したそうで、その間にどんどん工事が遅れていったとのこと。簡単に言うと、システム不具合が原因の遅れだったというわけですね。

4カ月もつながらない例も・・・ゲーマーはどうする?

ネットニュースでは、引っ越し後、4カ月も光回線工事が始まらないという事例が紹介されています。

ネット回線はもはや水道やガスと同等レベルのインフラですよね。4カ月も生活インフラが止まるのは、非常に厳しい事態です。

特にPCゲーマーのみなさん、4カ月もネット無しで過ごせますか?私はちょっと想像したくないくらい嫌ですね。

そこで、万が一光回線の工事が始まらない場合の、代替案を考えてみましょう。

代替案1:光回線網を使わない回線に切り替える

工事が遅れがちなのはNTTの光回線網を使う場合ですから、要はこれを回避すれば良いわけです。

2021年時点で、光回線網を使わず、なおかつ一定以上の通信速度が見込める固定回線は「ADSL」「CATV」くらいでしょうか。

しかしADSLの大半はすでに受付を終了しているため、実質的にCATVしか選択肢がなくなります。

CATVは住居が対応さえしていれば、すぐに開通できるものですが、回線速度が安定せず、夜間は数M程度まで速度が落ちてしまうケースも…。

MMOならばなんとかプレイできますが、FPSは厳しいかもしれませんね。

代替案2:モバイルWifiを使用する

モバイルWifiルーターを契約し、固定回線の代わりに使う方法もあります。モバイルWifiルーターは月額料金も光回線とほとんど変わらず、速度も十分。

最近は安定性もあがってきましたから、代替案としては十分ですね。ただし、使用容量に応じて速度制限がかかったり、電波状況によっては速度が安定しなかったりと、いくつかの課題もあります。

ちなみに通信速度制限は「3日間で10GB」といった条件が一般的ですから、ちょっと微妙ですね。ゲームのアップデートが入った瞬間に詰んでしまうでしょう。10GB以上のアップデートなんかよくありますからね。

一時的な代替案としては良いのですが、根本的な解説策にはならないかもしれません。

NTT以外の光回線網を使用する策も

完全にトラブルを回避するためには、NTT以外の光回線網を使用するしかなさそうです。したがって、最終的にはKDDI系列や電力系列などに切り替える必要がありそうですね。

ただ、KDDI系や電力系は対応地域が限られているため、まずは自宅の住所が対応地域に入っているかを調べておきましょう。

光コラボの普及でNTTの光回線が契約しやすくなった反面、こうした大規模トラブルは今後も増えると予想されます。

常にゲームを楽しみたいのであれば、ネット回線は複数準備しておくのが得策かもしれないですね。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ