ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > BTOパソコンメーカー比較 2019年版 > BTOパソコンメーカーの初期不良対応期間を比較

BTOパソコンメーカーの初期不良対応期間を比較

「BTOパソコンが届いたのに動かない!」「注文したのとは違うパーツが搭載されてる!」なんてことが起こったら、すぐにBTOパソコンメーカーに連絡しましょう。

どのBTOパソコンメーカーも初期不良対応期間を設定していて、期間内であれば無料で修理、あるいはパソコンやパーツの交換をしてくれます。

しかし初期不良の対応期間はBTOパソコンメーカーによって異なります。主要メーカーの期間を比較してみましょう。

BTOパソコンメーカー別 初期不良対応期間

BTOメーカー 初期不良対応期間 公式ページ
ドスパラ 7日間(30日間) モバイル会員登録で初期不良対応期間を延長
mouse 1ヶ月間 通常修理サービス
パソコン工房 2週間 保証規定(新品)
ツクモ 1ヶ月間 商品の保証、サポートについて
サイコム 30日間 BTOパソコン 保証・免責事項
フロンティア 14日間 保証規定

*各リンクから公式ページに飛べます。必ず公式の最新情報を確認してください。何か変更している可能性があります。

かなり幅がありますね。ドスパラは特殊で通常だと7日間した初期不良に対応しないのに、無料のモバイル会員になるだけで30日間に延長できます。30日間なら他社と遜色ありません。

そうなると短いのはパソコン工房とフロンティアです。どちらも14日間ですから15日目以降に初期不良に気付いたとしたら駄目です。初期不良は誰にでも起こりうるなので、ドスパラ、mouse、サイコム、フロンティアのように1ヶ月間のBTOパソコンメーカーをおすすめします。

初期不良と通常保証の違い

「無料で修理してくれるなら1年保証と同じでは?」と思うかもしれませんね。確かに初期不良でも通常保証でも無料で修理してくれるのは一緒です。

まず大きな違いは交換かどうかです。通常保証の場合、必ず修理になります。壊れたパーツを交換するのが基本です。一方で初期不良対応の場合、BTOパソコン本体を丸ごと新品に交換してくれることがあります。修理より素早く対応してくれますし、確実です。

また欠品は初期不良でしか対応してくれません。例えばBTOパソコンにDVDドライブを搭載していたはずなのに、届いていたらDVDドライブがなかったとしましょう。初期不良対応期間を過ぎてしまうと保証外になってしまうので要注意です。

あとBTOメーカーや選んだ保証にもよるのですが、通常保証だと配送料を購入者が負担しなければならない場合があります。でも初期不良なら配送料はBTOパソコンメーカーが支払います。購入者が何かを負担することは一切ありません。

BTOメーカーの無料保証、延長保証等を比較

初期不良対応期間が長いほうが安心!

規約を読むと初期不良とみなす条件はどのBTOパソコンメーカーもほとんど同じです。だからやはり初期不良対応期間の長いメーカーでBTOパソコンを買ったほうが安心できます。

BTOパソコンが自宅に届いた日ではなく、メーカーが出荷した日を起点とするメーカーもあるため、実際の期間は思ったよりも短くなります。1ヶ月もあれば初期不良に気付くでしょうから、できるだけ長いメーカーを選びましょう。

9月限定!Amazonギフト券5,000円プレゼントキャンペーン中!

関連記事

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ