ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > [2万円引き] RTX2060搭載!ドスパラ ガレリア ZV 性能レビュー

[2万円引き] RTX2060搭載!ドスパラ ガレリア ZV 性能レビュー

最新グラボ「RTX2060」の実力に迫る!

RTX2060の人気は凄まじいものがあります。どのBTOメーカーでも発売直後からRTX2060搭載ゲーミングPCが売れ筋ランキング上位に躍り出ています。また、最新CPUであるCore i7-9700Kも人気が集まっています。

そんなRTX2060とCore i7-9700Kが組み合わさった「ガレリア ZV」がドスパラから発売されました。同じRTX2060搭載のガレリア XVよりもハイスペックなデスクトップです。実際に使ってみて性能を検証してみました。

ガレリア ZVはこんな方におすすめ!

人気グラフィックボードを選びたい!
コスパも性能も優れたゲーミングPCを使いたい!
20万円の予算でゲーミングPCを探している!

ガレリア ZVのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-9700K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2060 6GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD インテル Z390 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ SILVERSTONE 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE / ET650-B)

ガレリア ZVの価格と詳細はこちら

RTX2060が発売されるまで、ガレリア ZVはGTX1070Ti搭載ゲーミングPCでした、GTX1070Ti搭載ゲーミングPCが市場から消え去ったことにより、中身が入れ替わりました。ただ、そのうちガレリア ZTに名称変更するのではないかと予想しています。

さてパーツを見ると全体的に高性能なものが揃っています。Core i7-9700Kは最大4.9GHzですからかなり余裕があります。メモリも16GBで、現在のハイスペックゲーミングPCとしてスタンダードな容量です。ストレージもいい感じです。

そういえばRTX20シリーズがGTX10シリーズよりも必要電力が上がった影響なのか、電源ユニットの容量が増えていますね。GTX1060搭載ゲーミングPCなら500Wでした。今後は600Wや650Wが下限になっていくのでしょう。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Crucial MX500シリーズ」でシーケンシャルリードが540MB/s、シーケンシャルライトが498MB/sです。とても安定した速度です。ドスパラのゲーミングPCに採用されているSSDはハズレがなくて大好きです。

HDDの速度

HDDは「Seagate ST2000DM005」でシーケンシャルリードが192MB/s、シーケンシャルライトが181MB/sです。

ガレリア ZVの外観

次にガレリア ZVの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア Xシリーズ、Zシリーズは共通してKTケース ブラックです。DシリーズやZ-SLIシリーズは別のPCケースです。

一番上にDVDスーパーマルチドライブがあり、中央あたりにUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。

上部の奥側に排気ケースファンが搭載されています。

左側はケースファンなしです。ガレリア ZVに関してはケースファンを追加する必要のない温度だと思います。

内部の様子です。ドスパラは基本的に表配線ですね。

メモリは8GB x 2です。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 2060 GamingPro」です。マザーボードはASRock Z390 Phantom Gaming 4です。

拡張スロットはPCI Express x16、Express x1が2つ空いています。SLIにも対応しています。

3.5インチシャドウベイはあと3つ空いています。M.2スロットも2つ空いているためストレージをたっぷり追加できます。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が2つ、USB3.1、USB3.1 Type-C、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

RTX2060の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。今時のグラボで映像出力端子が3つしかないのは珍しい気がします。デュアルディスプレイにするならHDMIとDisplayPortを使うのがおすすめです。

ガレリア ZVの温度

ベンチマークソフトを動作させながらパーツの温度を計測しました。CPU(Core i7-9700K)は最大71℃、SSDは最大45℃、HDDは最大31℃、RTX2060は最大63℃です。GTX1070Ti搭載の頃より遥かに温度が低いです。とても素晴らしいです。

ガレリア ZVのベンチマークスコア

ガレリア ZVの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
8004 10578 13885

FF15ベンチマークは高品質の画質だと「快適」、標準品質だと「とても快適」、低品質だと「非常に快適」の評価になりました。標準品質なら特にストレス無くプレイできます。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
16949 17591 21382

FF14ベンチマークはGTX1060に比べて40%程度高いスコアが出ました。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
96920 110567 154140

PSO2ベンチマークはCPUの性能が大きく影響しています。Core i7-8700K + RTX2060だと70000くらいです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22999です。ほぼ限界値です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは39551でした。GTX1070のスコアを越えています。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
7544 7504 7781

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位22%」の評価でした。GTX1070Tiのスコアを大幅に越えています。RTX20シリーズはDirectX12の性能が大きく向上しています。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
17670 19528 18742

3DMARK FireStrikeの評価では「上位9%のパソコン」です。DirectX11だとGTX1070Tiと同等みたいですね。いずれにしてもここまで高性能なゲーミングPCがいきなり20万円以下で購入できるなんて衝撃です。

重いゲームを最高画質で144fpsというのはちょっと無理ですけど、高画質や標準画質でなら超快適です。そう考えると非常にコスパがいいゲーミングPCですよね。とてもおすすめです。

ガレリア ZVの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ