ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1660Ti + Core i7-9700K!ドスパラ ガレリア ZT 性能レビュー

GTX1660Ti + Core i7-9700K!ドスパラ ガレリア ZT 性能レビュー

Core i7-9700Kのおかげで性能アップ!

ガレリア ZTはこれまでGTX1060 6GBが搭載されていました。でもGTX1660Tiが登場したことによりモデルチェンジしました。ガレリア ZTはGTX1660TiにCore i7-9700Kというハイスペックなパーツ構成です。

GTX1060からどう変わったのか、RTX2060とはどれくらいの違いがあるのかという観点から、ガレリア ZTをレビューしていきます。

ガレリア ZTはこんな方におすすめ!

CPUを優先して高性能にしたい!
長く使えるゲーミングPCが欲しい!
20万円以下の予算でゲーミングPCを買いたい!

ガレリア ZTのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-9700K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660Ti 6GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD インテル Z390 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ 650W (80PLUS BRONZE)

ガレリア ZTの価格と詳細はこちら

ガレリア Zシリーズは高性能なCPUにメモリ16GBという組み合わせです。例えばガレリア ZVはRTX2060 + Core i7-9700K + メモリ16GBですし、ガレリア ZZはRTX2080Ti + Core i9-9900K + メモリ16GBです。

ストレージはまちまちで、500GB SSD + 2TB HDDだったり、500GB NVMe SSD + 3TB HDDだったりします。今公式ページを見たら、無料アップグレードにより500GB NVMe SSD + 2TB HDDになっていました。

もうひとつ気になったのが光学ドライブです。ドスパラのデスクトップゲーミングPCにしては珍しく初期構成では光学ドライブが非搭載のようです。ただブルーレイドライブが搭載されていたので時期によって変わるのだと思います。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDはシーケンシャルリードが554MB/s、シーケンシャルライトが509MB/sです。全体的に素晴らしく高速です。不満が一切ありません。本当に良いSSDだと思います。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA300」でシーケンシャルリードが198MB/s、シーケンシャルライトが196MB/sです。なぜか3TBでした。やはりストレージは時期によって変わるようです。

ガレリア ZTの外観

次にガレリア ZTの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリアシリーズで鉄板のPCケースです。これ以外が売れ筋ランキングに入っているのを見たことがありません。

ブルーレイドライブです。他のガレリアシリーズなら普通はDVDドライブが搭載されています。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。

Core i7-9700Kが採用されているのでトップケースファンが1つ搭載されていると思いきや、まさかのゼロです。とはいえCPUの温度は最大67℃までしか上昇していなかったのでこのままで大丈夫そうです。

ガレリア ZTには光るパーツが一切ありません。CPUクーラーもグラボも光りません。だからただ単に吸気口から内部が見えるだけの状況です。もしも光らせたいならLEDケースファンへの変更がおすすめです。カスタマイズで「12cm ブルーLEDファン」が選択できます。

内部の様子です。

CPUクーラーは「静音パックまんぞくコース」です。Scythe 虎徹 MarkⅡ(SCKTT-2000)に変更することもできます。

グラフィックボードは「PALIT GeForce GTX 1660 Ti StormX」です。非常にコンパクトですね。

マザーボードは安定のASRock Z390 Phantom Gaming 4です。拡張性たっぷりです。少し前に私が使っているゲーミングPCにLANカードを挿したのですが、やはり拡張性が高いデスクトップのほうが便利だなと実感しました。

3.5インチシャドウベイです。最低でも3つはスロットが余っているはずです。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が2つ、USB3.1、USB3.1 Type-C、USB2.0が2つ、LANポート、マイク入力、ライン出力、ライン入力があります。

GTX1660Ti 6GBの映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortです。

ガレリア ZTの温度

CrystalDiskMark、FireStrike、TimeSpyを動作させながら各パーツの温度を計測しました。CPU(Core i7-9700K)は最大67℃、HDDは最大33℃、SSDは最大30℃、GTX1660Tiは最大68℃まで上昇しました。まったく問題ない温度です。

ガレリア ZTのベンチマークスコア

ガレリア ZTの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
6914 9139 12052

FF15ベンチマークはGTX1060に比べて40%アップ、RTX2060に比べて15%ダウンです。価格を考えるとGTX1660Tiはかなりコスパが良いですね。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
15466 16684 20826

FF14ベンチマークはGTX1060に比べて29%アップ、RTX2060より10%低い結果になりました。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
82473 133675 158906

PSO2ベンチマークはCore i7-9700Kのおかげもあって高いスコアが出ました。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は23015です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは33872でした。GTX1070には届かないスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
6431 6239 7792

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位39%」の評価でした。最新ゲームはすでにGTX1060 6GBを推奨しています。GTX1060よりも30%以上高性能なGTX1660Tiなら性能にまだ余裕があります。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
14731 16443 18717

3DMARK FireStrikeの評価では「上位23%のパソコン」です。GTX1070搭載デスクトップとほとんど同じスコアです。GTX900シリーズからのアップグレードとしてはちょうどいい存在です。

Core i7-9700K + メモリ16GBのおかげで遊べるゲームが多いですし、動画編集のような用途も快適になります。20万円以下の予算でゲーミングPCを買いたい人におすすめです。

ガレリア ZTの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ