ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア MG 性能レビュー

ドスパラ ガレリア MG 性能レビュー

GTX1080搭載のミニタワーデスクトップ!

ドスパラのGTX1080搭載ゲーミングPCにはミドルタワー、フルタワー、スリム型等いくつかの基本モデルがあります。なかでも一番安いのがミニタワーの「ガレリア MG」です。

安くても性能はしっかりしているのでしょうか。それを確かめるためにガレリア MGの性能をベンチマークソフトで計測したのでご紹介します。もちろん他の部分についてもレビューします。

ガレリア MGはこんな方におすすめ!

やや省スペースなデスクトップゲーミングPCが欲しい!
最安値のGTX1080搭載ゲーミングPCを買いたい!
拡張性よりも価格を重視したい!

ガレリア MGのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080 8GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
500GB SSD + 1TB HDD インテル B250 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ DELTA 650W 静音電源(80PLUS BRONZE)

ガレリア MGの価格と詳細はこちら

CPU、メモリ、グラフィックボード等の基本パーツは「ガレリア XG」と同じです。ストレージ、チップセット、マザーボード等はまったく違います。

ドスパラのゲーミングPCにはCore i5 + GTX1080という組み合わせがありません。Core i5が選べるのはGTX1070までです。このガレリア MGは初期構成がCore i7-7700になっていて、カスタマイズでより高性能なCore i7-7700Kに変更可能です。

ストレージは今だけのキャンペーンかと思ったのですが、パーツ詳細を見ても500GB SSD + 1TB HDDと記載されているのでしばらくはこのままだと思います。ドスパラは他のBTOメーカーに比べてストレージの組み合わせや容量がしっかりしているのが高評価です。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは人気の「Crucial MX300」でシーケンシャルリードが531MB/s、シーケンシャルライトが509MB/sです。連続アクセスは500MB/s以上、ランダムアクセスは300MB/s以上と全体的に高速です。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」でシーケンシャルリードが208MB/s、シーケンシャルライトが207MB/sです。

ガレリア MGの外観

次にガレリア MGの外観や接続端子のレビューをしていきます。

PCケースは「ガレリア専用 KTMケース ブラック」でミニタワーに分類されます。サイズは幅185 x 奥行き395 x 高さ370 mmです。背が低いタイプなので置き場所に困ることはないでしょう。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。また、一番上にはDVDスーパーマルチドライブもあります。

KTケースとは違って上部に排気口はありません。

左側には吸気口が2つあります。どちらにもケースファンを追加できます。

左上に電源ユニットが配置されています。電源ユニットは「DELTA GPS-650JB」です。

CPUクーラーは「静音パックまんぞくコース」が選択されていてサイドフロータイプです。他のCPUクーラーへのカスタマイズはできません。さらなる冷却性や静音性を求めたいならガレリア XGにしましょう。

GeForce GTX1080は形状から察するにELSA製です。(ELSA GeForce GTX 1080 8GB ST?)

右側は上部と同じように塞がっています。

背面です。中央あたりに排気のリアファンがあります。

マザーボードのバックパネルにはPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1080の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。最大4画面出力まで対応しています。

ガレリア MGの温度

ベンチマークソフトを1時間動作させて各パーツがどれくらいまで温度が上がるか計測しました。

CPU(Core i7-7700)は最大66℃、SSDは最大37℃、HDDは最大38℃、GTX1080は最大83℃まで上がりました。CPUの温度が思ったよりも低いです。エアフロー設計とCPUクーラーのおかげです。

ガレリア MGのベンチマークスコア

ガレリア MGの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
14659 15232 17710

FF14ベンチマークは7000以上で「非常に快適」なので最高評価基準値の2倍以上のスコアです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
69000 75289 93053

PSO2ベンチマークもかなり高いスコアが出ました。もっともっと重いゲームをサクサク動かせる性能です。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は20382です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは44828でした。GTX1080は約45000になるので普通ですね。「ガレリア XZ」のようなGTX1080Ti搭載ゲーミングPCだと60000を越えます。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
6645 7149 4751

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位27%」の評価でした。4KゲーミングPCの基準に入るほどの性能です。GTX1080搭載のハイスペックゲーミングPCですから最新ゲームのために買うなら最適です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
17022 21857 12780

3DMARK FireStrikeの評価では「上位8%のパソコン」です。ハイスペックというよりもハイエンドに入る性能ですね。最近のゲームはどんどん重くなってきていますから、今後を見据えるとGTX1080を選んでおいたほうがいいと思います。

すでにGTX1060が推奨スペックになっているゲームがいくつもあります。ということはもうすぐGTX1060では足りなくなるかもしれません。だったらこのガレリア MGを選んでおいたほうが長く使えますよね。

ガレリア MGの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ