ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 約1.2kgの軽さ!ガレリア GWL250YF 性能レビュー

約1.2kgの軽さ!ガレリア GWL250YF 性能レビュー

GeForce MX250搭載の激安ゲーミングノートPC!

ドスパラから超軽量のゲーミングノートPCが発売されました。しかも税抜10万円台という安さも兼ね備えています。それが今回レビューする「ガレリア GWL250YF」です。

とはいえGeForce GTXシリーズやRTXシリーズではなく、GeForce MX250というグラフィックボードが搭載されています。ゲーミングノートPCとしてきちんと使えるのか性能を検証してみました。

ガレリア GWL250YFはこんな方におすすめ!

とにかく軽量なゲーミングノートPCが欲しい!
できるだけ小型なノートPCにしたい!
重いゲームはプレイしない!

ガレリア GWL250YFのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i5-8265U
グラフィックボード メモリ
GeForce MX250 8GB(PC4-19200)
ストレージ チップセット
256GB NMVe SSD モバイル インテル チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 14.1インチ 1920×1080

ガレリア GWL250YFの価格と詳細はこちら

一般的なゲーミングノートPCはCore i7 CPU + GeForce GTXシリーズ、あるいはGeForce RTXシリーズです。だからCore i5-8265U + GeForce MX250は格段に性能が劣ります。

とはいえCore i5-8265Uは4コア、8スレッド、定格1.6GHz、最大3.9GHzと意外と高性能です。少なくとも軽いゲームをプレイするだけなら、CPUの性能にまったく問題はありません。メモリが8GBなのもいいですね。

ストレージに関しては256GBではちょっと厳しい印象です。しかもカスタマイズで増設できません。だからメインとなるゲームだけインストールして、他のゲームはこまめにアンインストールしたほうがいいです。

ストレージの速度

ガレリア GWL250YFのストレージは256GB NVMe M.2 SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「東芝 KBG30ZMV256G」で、シーケンシャルリードが1533MB/s、シーケンシャルライトが821MB/sです。激安ゲーミングノートPCにも高速なNVMe SSDを採用してくれるのは嬉しいです。

ガレリア GWL250YFの外観

次にガレリア GWL250YFの外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は322(幅)×222(奥行き)×15.95(高さ) mmです。ここまで小型なゲーミングノートPCは久々に見ました。

内側も外側もシルバーっぽい色合いです。

テンキーがない代わりに各キーが大きいです。カコカコと押下が明確で好みのキーボードでした。

左側にWindowsキーがあって、Fnキーは右側です。使う頻度を考えると私は逆の配置よりも良いと思います。

ゲーミングノートPCらしく、電源を入れたらキーボードバックライトが白く光ります。青っぽく見えるのは液晶からの反射のせいです。

電源ボタンです。よく見ると奥にWEBカメラがあります。

液晶の最大解像度は1920×1080、リフレッシュレートは60Hzです。

左側には電源端子、HDMI出力、USB3.1 Type-C、スピーカー出力があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.1 Type-C、USB3.1が2つあります。

後ろ側には何もありません。

ガレリア GWL250YFの重さ

ノートPC本体のみの重さは1.208kgです。普通のBTOノートパソコンとして非常に軽量です。15.6インチのゲーミングノートPCが2.0~2.6kgくらいですから、約半分の重さしかありません。

ACアダプターとケーブルを含めると1.527kgです。頻繁にノートPCを持ち運ぶ人にとてもおすすめです。なお、バッテリー駆動は最大10時間です。

ガレリア GWL250YFの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i5-8265U)の温度は平均57℃、最大82℃でした。予想よりも高い温度です。

GeForce MX250の温度は平均74℃、最大86℃でした。

ガレリア GWL250YFのベンチマークスコア

ガレリア GWL250YFの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 514 cb 1158 cb
シングルコア 161 cb 403 cb

Core i5-8265Uの性能です。マルチスレッドのスコアはCore i7-9750Hの半分以下です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
1247 1877 2694

FF15はとても重いのでさすがに無理です。画質を落としても関係ありません。つまり最先端の重いゲームをプレイしたい人にはおすすめできません。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
3881 4473 8695

正直言うとFF14でも無理だと思っていました。でも標準画質にすれば「非常に快適」の最高評価を獲得できました。画質さえ落とせば思ったよりも多くのゲームを快適に遊べるようです。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
4066 4643 8686

FF14:漆黒のヴィランズも同様の結果です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
5553 14900 21729

PSO2ベンチマークは設定3以下ならサクサク動きます。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは7999です。GTX1050の約半分のスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
1268 1155 2872

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位97%の評価でした。つまり下から3%です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
3492 3861 8642

3DMARK FireStrikeの評価では「上位90%のパソコン」です。GTX1060 6GBに比べて3分の1程度のスコアです。普段はWEBブラウジングや動画視聴を中心として、カジュアルなゲームもプレイするような用途におすすめです。

税込み12万円以下で購入できるのは確かに嬉しいです。でもがっつりゲームをプレイしたいならRTX2060搭載の「ガレリア GCR2060RGF-E」をおすすめしたいです。

ガレリア GWL250YFの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ