ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > インテルと共同設計!ガレリア GCR1660TGF-QC-G 性能レビュー

インテルと共同設計!ガレリア GCR1660TGF-QC-G 性能レビュー

約20万円で買える超軽量ゲーミングノートPC!

先日お伝えしたようにドスパラとインテルが共同設計したゲーミングノートPCが発売されました。ひとつはRTX2070 MAX-Qを搭載したハイスペックモデルで、もうひとつはもっと安いGTX1660Ti搭載モデルです。

RTX2070 MAX-Q搭載モデルは少し前にレビューしたので、今回はGTX1660Ti搭載の「ガレリア GCR1660TGF-QC-G」をレビューしていきます。やはり軽量なのはありがたいです。

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gはこんな方におすすめ!

最軽量級のゲーミングノートPCが欲しい!
約20万円の予算でゲーミングノートPCを買いたい!
144Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-9750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660Ti 6GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NMVe M.2 SSD モバイル インテル HM370 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 144Hz

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gの価格と詳細はこちら

RTX2070 MAX-Q搭載の「ガレリア GCR2070RGF-QC-G」との違いは、グラフィックボード、ストレージ、価格の3つです。グラフィックボードはゲームの快適性に直結し、ストレージは容量とパソコン全体の動作に影響します。

グラフィック性能に関しては下の方でベンチマークスコアをご紹介します。ストレージに関してはガレリア GCR1660TGF-QC-Gが512GB NVMe SSDなのに対し、ガレリア GCR2070RGF-QC-Gが1TB NVMe SSDです。

ストレージの容量は多いに越したことはありません。特にゲーミングPCの場合、大容量のPCゲームをインストールすることになりますから1TB以上あったほうがいいです。しかしガレリア GCR1660TGF-QC-GはSSD変更やHDD追加をできません。ここは非常に残念です。

ストレージの速度

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gのストレージは512GB NVMe M.2 SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDはINTEL製で、シーケンシャルリードが1679MB/s、シーケンシャルライトが984MB/sです。NVMeの割には遅いです。

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gの外観

次にガレリア GCR1660TGF-QC-Gの外観や接続端子のレビューをしていきます。

外観や接続端子はガレリア GCR2070RGF-QC-Gとまったく一緒です。そのためほとんど割愛します。知りたい人は「ガレリア GCR2070RGF-QC-Gのレビュー」をご覧ください。

LEDライトの色は変更可能です。

ひとつハマったのが電源の設定です。写真左側のボタンを押すとPerformance、Balanced、Battery Saverの3つを切り替えられます。最初ベンチマークスコアを計測したら本来の半分のスコアしか出なくて、「なぜ!?」と混乱し原因究明に時間を要しました。

そしてやっとこのボタンが原因だと気付きました。Battery Saverの設定になっていたためグラフィック性能が制限され、ベンチマークスコアも低くなってしまっていたのです。

ボタンを押してPerformanceに変更したところ通常の性能に戻りました。「ボタンの両側が光っているとPerformance」と覚えておいてください。

液晶の最大解像度は1920×1080です。ゲーミングPCには1920×1080がベストです。

液晶のリフレッシュレートが144Hzなのも共通しています。動きの激しいゲームをするなら144Hz液晶を選んだほうがいいです。

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gの重さ

ノートPC本体のみの重さは1.892kgです。これより軽いゲーミングノートPCシリーズって他にあるんですかね。少なくとも私は知りません。しっかりした性能なのに軽量というのは大きな価値があります。

ACアダプターとケーブルを含めると2.711kgです。ACアダプターのサイズはガレリア GCR2070RGF-QC-Gと同じです。

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-9750H)の温度は平均75.2℃、最大93℃でした。ゲーミングノートPCのCPUは高い温度になりやすいです。

GeForce GTX1660Tiの温度は平均66.8℃、最大75℃でした。RTX2070よりも低い平均温度です。

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gのベンチマークスコア

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gの性能をベンチマークソフトで評価しました。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1211 cb 2857cb
シングルコア 186 cb 435 cb

Core i7-9750Hの性能です。現在販売されているゲーミングノートPCのCPUはほぼ全部Core i7-9750Hです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
5957 8001 9936

FF15ベンチマークは軽量品質なら快適に遊べます。画質を上げてしまうとカクついていました。ガレリア GCR2070RGF-QC-Gよりも17.4%低いスコアです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
13010 13487 16245
平均91fps 平均98fps 平均137ps

FF14ベンチマークはガレリア GCR2070RGF-QC-Gよりも10%程度低いfpsです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
40851 48528 76912

PSO2ベンチマークはなぜかガレリア GCR1660TGF-QC-Gのほうが高いスコアになりました。相変わらず謎なベンチマークソフトです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは33514です。ガレリア GCR2070RGF-QC-Gよりも11%低いスコアです。そこそこ軽いゲームなら10%くらいの差で、重いゲームだと性能差が大きくなるようです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5710 5599 6439

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位51%の評価でした。やはり重いゲームをプレイしたいならガレリア GCR2070RGF-QC-Gをおすすめします。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
13841 15640 15725

3DMARK FireStrikeの評価では「上位28%のパソコン」です。ガレリア GCR2070RGF-QC-Gより6万円も安いことを考えると、ガレリア GCR1660TGF-QC-Gのほうがコスパは良いです。激重なゲームをプレイしないならガレリア GCR1660TGF-QC-Gをおすすめします。

ガレリア GCR1660TGF-QC-Gの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ