ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1650搭載ノート!ドスパラ ガレリア GCR1650GF7 性能レビュー

GTX1650搭載ノート!ドスパラ ガレリア GCR1650GF7 性能レビュー

ACアダプター込みでも約2.5kgと軽量!

ゲーミングノートPCは15万円以上するのが普通です。でも最近ドスパラから発売されたガレリア GCR1650GF7はなんと税抜9万円台です。税込みでも10万円台と激安です。

ゲーム用グラフィックボードのGeForce GTX1650を搭載しているのにここまで安いのは凄いことです。そこで気になるのは性能です。ガレリア GCR1650GF7のベンチマークを計測したのでレビューしていきます。

ガレリア GCR1650GF7はこんな方におすすめ!

約10万円でゲーミングノートPCを買いたい!
そこまで重いゲームはプレイしない予定!
液晶のリフレッシュレートは60Hzでいい!

ガレリア GCR1650GF7のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-9750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1650 4GB 8GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NMVe M.2 SSD モバイル インテル チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 1920×1080 60Hz

ガレリア GCR1650GF7の価格と詳細はこちら

安さの秘密はグラフィックボードとCPUです。GTX1650はGTX16シリーズで最も性能の低いグラフィックボードです。GTX1050の後継機にあたり、エントリーモデルに分類されています。

旧モデルのガレリア GCR1650GFに搭載されていたCPUはCore i5-9300Hでしたが、ガレリア GCR1650GF7になってCore i7-9750Hにアップグレードされました。

Core i5-9300Hは4コア・8スレッド、定格2.4GHz、最大4.1GHzです。Core i7-9750Hは6コア・12スレッド、定格2.6GHz、最大4.5GHzです。つまりCore i7-9750Hのほうがすべてにおいて高性能です。しかしお値段はそのまま!コスパが格段に良くなりました。

また激安ゲーミングノートPCなのに512GB NVMe SSDです。普通なら240GB SATA SSDだけとか500GB HDDだけだったりします。高速で容量の多い512GB NVMe SSDが入っているのは素直に嬉しいです。

ストレージの速度

ガレリア GCR1650GF7のストレージは512GB NVMe M.2 SSDです。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDは「Western Digital WDS500G2B0C」で、シーケンシャルリードが2351MB/s、シーケンシャルライトが1808MB/sです。ノートPC用HDDに比べて約20倍も高速です。

ガレリア GCR1650GF7の外観

次にガレリア GCR1650GF7の外観や接続端子のレビューをしていきます。

究極にシンプルな外観です。ロゴすらありません。

GALLERIAのロゴは内側にありました。

ENTERキーやBACKSPACEキーが横長になっています。

左側のキーは普通です。スペースキーが大きいのはゲーミングキーボードっぽいです。

電源を入れるとキーボードバックライトの色が変化します。起動が完了すると色が固定されます。

右側が電源ボタンです。左側のはファンコントローラーかと思ったのですが、押しても何も起きませんでした。

液晶は1920×1080の60Hzです。2019年からナローベゼルが流行っています。液晶周辺のスペースを小さくすることにより、ノートPC本体のサイズを小さくできています。

左側には盗難防止用スロット、LANポート、USB2.0、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.1が2つあります。

後ろ側にはmini-DisplayPort出力が2つ、HDMI出力、USB3.1 Type-C、電源端子があります。各種ケーブルがゲームの邪魔にならないように工夫されています。

ガレリア GCR1650GF7の重さ

ノートPC本体のみの重さは2.008kgです。安いだけでなく非常に軽量なゲーミングノートPCです。

ACアダプターとケーブルを含めると2.558kgです。一般的な15.6インチのゲーミングノートPCは本体だけで2.5kgで、ACアダプターを含めると3kgくらいです。そう考えるとペットボトル1本分くらい軽いです。

ガレリア GCR1650GF7の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-9750H)コアの温度は平均57.0℃、最大81℃でした。

GeForce GTX1650の温度は平均54.9℃、最大59℃でした。

ガレリア GCR1650GF7のベンチマークスコア

ガレリア GCR1650GF7の性能をベンチマークソフトで評価しました。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1256 cb 2725 cb
シングルコア 189 cb 461 cb

Core i7-9750Hの性能です。Core i5-9300Hに比べるとマルチスレッドのベンチマークスコアは1.5倍くらい高いです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
3847 5189 6752

FF15ベンチマークは軽量品質なら「快適」の評価ですが、ベンチマークソフトの画面はややカクカクしていました。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
9385 10542 13938
平均63fps 平均71fps 平均107fps

FF14ベンチマークは最高品質の設定でも平均60fpsを越えました。ただ30fps以下に下がることもあったため、標準品質をおすすめします。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
32880 47861 73386

GTX1650でも30000を越えました。あまり重くないゲームなら快適にプレイできるとわかりました。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは20324です。GTX1050搭載ゲーミングノートPCより25%くらい高いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
3664 3415 6257

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位82%の評価でした。RTX2070搭載ゲーミングノートPCに比べて半分くらいのスコアです。価格を考えれば適正な性能でしょう。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
8324 9308 16289

3DMARK FireStrikeの評価では「上位66%のパソコン」です。軽いゲームをノートPCで楽しみたい人にぴったりなモデルです。できるだけ安くゲーミングノートPCを買いたいなら、ガレリア GCR1650GF7がベストです。

ガレリア GCR1650GF7の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ