ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX3060搭載ノート!ドスパラ ガレリア XL7C-R36 性能レビュー

RTX3060搭載ノート!ドスパラ ガレリア XL7C-R36 性能レビュー

120Hz液晶だからゲームがヌルヌル動く!

GeForce RTX30シリーズが発売されてしばらく経過しました。そしてやっとRTX30シリーズ搭載のゲーミングノートPCが徐々に増えてきました。BTOメーカーではドスパラが先駆けてRTX3060搭載ゲーミングノートPC等を販売しています。

早速「ガレリア XL7C-R36」を入手したので、どれくらいの性能なのかレビューしていきます。グラフィック性能が優れているのは当然として、ノートPCとして素晴らしいことがわかりました。

ガレリア XL7C-R36はこんな方におすすめ!

FPSやTPSをノートPCで選びたい!
重いゲームをヌルヌル動かせる性能が欲しい!
20万円の予算でゲーミングPCを探している!

ガレリア XL7C-R36のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-10875H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX3060 6GB 16GB PC4-23400
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD インテル HM470 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 非光沢ワイド 144Hz(1920×1080)

ガレリア XL7C-R36の価格と詳細はこちら

やはり人気の15.6インチから発売してきました。そのうち17.3インチも販売されるのではないかと思います。持ち運びやゲームのしやすさのバランスは15.6インチが最も優れていると思います。

パーツに関しては定番のCore i7-10875Hにメモリ16GBです。せっかくRTX3060を搭載して最新ゲームを遊べるグラフィック性能を持っているのですから、やはりメモリ16GB以上は欲しいですね。最新ゲームの推奨スペックは軒並みメモリ16GBです。

ストレージはNVMe SSDだけです。512GBでは足りなくなりそうなのですが、残念なことにストレージのカスタマイズはできないようです。せめて1TB以上にしたいのに謎な仕様です。そのうち改善されることを望みます。

そして144Hz液晶なのがいいですね。他のメーカーだと60Hz液晶が普通です。144Hz液晶なら映像が2倍もヌルヌルになるため、FPSやTPSのような動きの速いゲームで大活躍してくれます。

ストレージの速度

SSDの速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「PHISON PS5012-E12S-512G」でシーケンシャルリードが3441MB/s、シーケンシャルライトが2405MB/sです。さすがはNVMeですね。SATA SSDより5倍も高速です。

ガレリア XL7C-R36の外観

次にガレリア XL7C-R36の外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は359(幅)x 243(奥行き)x 24.3(高さ) mmです。

外側も内側もシルバーで統一されています。

キーボードの打ち心地は軽快でした。

標準的なキー配置です。

キーボードバックライトは「Game Center」というソフトウェアで制御できます。

ファンコントローラーと電源ボタンです。ファンコントローラーは「Office」「Game」「Turbo」の3つを切り替えられます。ゲームをする時はTurboモードをおすすめします。ベンチマークスコアを比較してみたら10%くらい変化しました。

ナローベゼルのおかげでゲームや作業に集中しやすい液晶です。

リフレッシュレートは144Hz固定です。

左側には盗難防止用スロット、USB2.0、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.1が2つあります。

後ろ側にはUSB3.1 Gen2 Type-C、HDMI、LANポート、電源端子があります。

ガレリア XL7C-R36の重さ

ノートPC本体のみの重量は2.007kgです。ドスパラのゲーミングノートPCは他社に比べて明らかに軽量です。

ACアダプターを含めると2.606kgです。

ガレリア XL7C-R36の温度

3DMARK FireStrikeを動作させながらパーツの温度を計測しました。CPU(Core i7-10875H)の温度は平均76.7℃、最大94℃でした。

GeForce RTX3060の温度は68.6℃、最大78℃でした。

ガレリア XL7C-R36のベンチマークスコア

ガレリア XL7C-R36の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
8336 10913 13002

FF15ベンチマークは高品質だと「快適」、標準品質だと「とても快適」、軽量品質だと「非常に快適」の評価になりました。RTX2060 + Core i7-8750Hに比べて32%もスコアが伸びました。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
15737 16548 20329
平均118fps 平均128fps 平均175fps

FF14ベンチマークはすべて最高評価です。

PSO2ベンチマーク

PSO2ベンチマークはウルトラ画質で18025でした。デスクトップに負けていないスコアです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは53266でした。GTX1060搭載ノートPCだと23000くらいですから、約2.3倍も高いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
8356 8340 8448

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位32%」の評価でした。GTX2070搭載ゲーミングノートPCよりも高いスコアが出ています。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
18623 21427 20530

3DMARK FireStrikeの評価では「上位16%のパソコン」です。RTX3060はやはりハイスペックですね。GTX1060より1.8倍くらい高いスコアです。グラフィック性能はまだまだ余裕があるため、重いゲームも144Hz液晶を活かして遊ぶことが可能です。

しかもここまで高性能なのにたったの16万円で購入できるところが凄いです。信じられないほどコスパ抜群です。ゲーミングノートPCが欲しいなら最有力候補としておすすめします。

ガレリア XL7C-R36の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ