ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX2060搭載ノート!ドスパラ ガレリア GCF2060RGF 性能レビュー

RTX2060搭載ノート!ドスパラ ガレリア GCF2060RGF 性能レビュー

120Hz液晶だからゲームがヌルヌル動く!

GeForce RTX20シリーズが発売されてしばらく経過しました。そしてやっとRTX20シリーズ搭載のゲーミングノートPCが徐々に増えてきました。BTOメーカーではドスパラが先駆けてRTX2060搭載ゲーミングノートPC等を販売しています。

早速「ガレリア GCF2060RGF」を入手したので、どれくらいの性能なのかレビューしていきます。グラフィック性能が優れているのは当然として、ノートPCとして素晴らしいことがわかりました。

ガレリア GCF2060RGFはこんな方におすすめ!

FPSやTPSをノートPCで選びたい!
重いゲームをヌルヌル動かせる性能が欲しい!
20万円の予算でゲーミングPCを探している!

ガレリア GCF2060RGFのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8750H
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2060 6GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
256GB NVMe M.2 SSD + 1TB HDD インテル HM370 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 非光沢ワイド 120Hz(1920×1080)

ガレリア GCF2060RGFの価格と詳細はこちら

やはり人気の15.6インチから発売してきました。そのうち17.3インチも販売されるのではないかと思います。持ち運びやゲームのしやすさのバランスは15.6インチが最も優れていると思います。

パーツに関しては定番のCore i7-8750Hにメモリ8GBです。せっかくRTX2060を搭載して最新ゲームを遊べるグラフィック性能を持っているのですから、私はメモリ16GBにすることをおすすめします。最新ゲームの推奨スペックは軒並みメモリ16GBです。

ストレージはNVMe SSD + HDDです。容量も速度も申し分ありません。最近はNVMe SSD標準搭載のゲーミングPCが急激に増えてきました。2019年はNVMe SSDが当たり前の時代になると予言しておきます。

そして120Hz液晶なのがいいですね。他のメーカーだと60Hz液晶が普通です。120Hz液晶なら映像が2倍もヌルヌルになるため、FPSやTPSのような動きの速いゲームで大活躍してくれます。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDはシーケンシャルリードが2969MB/s、シーケンシャルライトが1035MB/sです。メーカー不明のSSDでしたがさすがはNVMeですね。SATA SSDより5倍も高速です。

HDDの速度

HDDは「WDC WD10SPZX」でシーケンシャルリードが130MB/s、シーケンシャルライトが120MB/sです。容量を考えると、一部のゲームだけSSDにインストールしてそれ以外は全部HDDを使うのがいいでしょう。

ガレリア GCF2060RGFの外観

次にガレリア GCF2060RGFの外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は383(幅)×260(奥行き)×28.6(高さ) mmです。

外側も内側も真っ黒です。

キーボードの打ち心地は軽快でした。

ドスパラのゲーミングノートPCは大抵左側にWindowsキーがありません。

キーボードは信頼と実績のSteelseries製です。

電源を入れるとこのようにレインボーに光ります。Fnキーを押すと使えるキーだけ赤く光ります。わかりやすくて良い仕組みです。

物理ボタンは3つ。左からファンコントローラー、液晶のON/OFF、電源ボタンです。ゲームをするとCPUが熱くなりやすいのでファンコントローラーは有効にしたほうがいいです。

液晶は最大解像度1920×1080のノングレアです。上で書いたようにリフレッシュレートは120Hzです。

左側にはLANポート、HDMI出力、mini-DisplayPort出力、USB3.0、USB3.1 Type-C、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にSDカードリーダー、USB3.0、USB3.1、電源端子があります。

後ろ側に接続端子はありません。

ガレリア GCF2060RGFの重さ

ノートPC本体のみの重量は2.342kgです。15インチのゲーミングノートPCとしては標準的な重さです。

ACアダプターを含めると3.048kgです。

ガレリア GCF2060RGFの温度

ベンチマークソフトを動作させながらパーツの温度を計測しました。CPU(Core i7-8750H)は最大98℃、SSDは最大57℃、HDDは最大37℃、RTX2060は最大71℃です。Core i7-8750HはどのゲーミングノートPCでもこれくらいの温度になります。(ファンコントローラーはOFFのまま計測しました)

ガレリア GCF2060RGFのベンチマークスコア

ガレリア GCF2060RGFの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
6313 8189 9796

FF15ベンチマークは高品質と標準品質の画質だと「快適」、低品質だと「とても快適」の評価になりました。RTX2060搭載のハイスペックデスクトップだと低品質で「非常に快適」になります。CPUとメモリ容量が大きく影響しているのでしょう。FF15なら少なくともメモリ16GBにすべきです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
12574 13333 15384

FF14ベンチマークはすべて最高評価です。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
36740 37718 64921

PSO2ベンチマークはノートPCだとデスクトップに比べて半分以下のスコアになります。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は19017です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは35756でした。GTX1060搭載ノートPCだと23000くらいですから、約55%も高いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5751 5756 5727

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位47%」の評価でした。GTX1070搭載ゲーミングノートPCよりも高いスコアが出ています。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
14008 15597 15544

3DMARK FireStrikeの評価では「上位23%のパソコン」です。RTX2060はやはりハイスペックですね。GTX1060より1.4倍くらい高いスコアです。グラフィック性能はまだまだ余裕があるため、重いゲームも120Hz液晶を活かして遊ぶことが可能です。20万円の予算でゲーミングノートPCを探しているなら一番におすすめします。

ガレリア GCF2060RGFの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ