ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > 使う人を選ばない「紫軸ゲーミングキーボード」

使う人を選ばない「紫軸ゲーミングキーボード」

ゲーミングキーボードに使われる軸といえば「青・赤・茶」がメジャーですが、最近はこれ以外にも軸が多数あります。

軸の種類が増えたことで、「知名度はないが、使ってみると意外と良い」キーボードも増えており、ゲーミングキーボードは今や戦国時代です。

今回紹介する紫軸のキーボードはも、「ちょっとマイナーだけど実はかなり良い」キーボードのひとつ。あまり知られていない紫軸キーボードの良さを紹介してみたいと思います。

紫軸とは?

紫軸とはゲーミングデバイスを販売しているRazer社のオリジナル軸ですね。一般的なメカニカルキーボード用の軸は金属の接点と機械式のスイッチ構造を持っていますが、紫軸は金属の接点がありません。

そのかわりに光式のオプティカルスイッチを採用しています。この紫軸、実際に使ってみると想像以上にフィーリングがよく、ちょっと感動しました。

今回私が使ったのは、Razerのテンキーレスモデル「BlackWidow Lite RZ03-02640700-R3J1」で、価格は12000~16000円ほどのものです。

家電量販店では16000円くらいですが、ネットでは12000円ほどで購入できます。ゲーミングキーボードの中ではエントリ~ミドルレンジのグレードですね。

外観はとてもシンプルなのですが、質実剛健といったイメージでとても使い勝手がよさそう。量販店で触ってみて、とても好印象だったので友人から数日間借りて実際に使ってみました。

軽いけど「チャチくない」丁度良さ

紫軸のBlackWidow Liteを初めて触った時の感想を一言でいうと「軽いのに上質」ですね。金属接点ではないので物理的な干渉がないせいかクリッキー感は小さいのですが、メカニカル特有のフィーリングはしっかりありますね。

一般的にゲーミングキーボードは、安価になるほどキータッチの軽さが目立つようになり、いわゆる「チャチい」感じになります。

しかし紫軸にはそれがありませんでした。一方で、赤軸よりもスムーズで軽く、ストロークも浅めなので初めて触っても違和感がありません。

言い方を変えれば自己主張がなく、無味無臭に近いのですが、メカニカル特有のタクタイル感(しっかり打鍵できている感覚)は十分にある印象でした。

私としてはかなり絶妙なキータッチで、メンブレンやパンタグラフから移行する方でも違和感なく使えると思いましたね。

紫軸はなぜ評価されない?

この紫軸ですが、ゲーミングキーボードの軸としてはかなりマイナーな存在です。そもそもRazer製キーボードにしか採用されていないので無理もないのですが、もう少し評価されてもよいと思います。

青軸よりも絶対的に静かで赤軸よりも万能感があるので、クリッキー感さえ妥協できるならばこれ以上のものを見つけるのが難しいほどです。

やはりメカニカルキーボードの軸は「青・赤・茶」の3大メジャーの知名度が高すぎて、この3つに有名なモデルが集中するので独自軸は埋もれてしまうのでしょうね。

しかしロジクールのRommer-Gや今回紹介したRazerの紫軸のように、独自軸には3大メジャー軸をしのぐ使いやすさを持つものがあります。

そもそも後発組の軸ですから、知名度の差があるのは当然で、これを覆すために性能面や使い勝手はかなり研究されています。また、何よりもコスパが非常に良いですね。

BlackWidow Liteもキーストローク寿命は8000万回をうたっており、3大メジャーを上回っています。キーボードはどうしても一度手に馴染んだものを使いたくなるため、最初に選んだ軸を次も買ってしまいますよね。

しかし、ときには新しい軸にチャレンジしてみると、さらに使い勝手の良いものが見つかると思います。紫軸のRazer製キーボードは大手家電量販店でも扱っているので、見かけたらぜひ触ってみてください。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R37

    うらみんが感動した一押しモデル!

    グラボ:RTX3070(8GB)

  • 2 G-Tune HM-B-AF

    RTX3060搭載なのに安い!

    グラボ:RTX3060(12GB)

  • 3 GALLERIA ZA7C-R48

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!

    グラボ:RTX4080(16GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ