ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア ZJ 性能レビュー

ドスパラ ガレリア ZJ 性能レビュー

15万円の予算におすすめのゲーミングPC!

Core i7-8700が発売されてしばらく経ちました。その人気は驚異的で、ドスパラのゲーミングPC売れ筋ランキングトップ上位にCore i7-8700搭載モデルが入っているほどです。

そのランキング2位が今回レビューするガレリア ZJです。Core i7-8700にGTX1060 3GBを組み合わせています。どのような性能なのかベンチマークしたので是非最後まで読んでみてください。

ガレリア ZJはこんな方におすすめ!

人気のCore i7-8700を選びたい!
グラボよりもCPUを長持ちさせたい!
CPUの性能が重要なゲームをプレイしたい!

ガレリア ZJのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 3GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD インテル Z370 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)

ガレリア ZJの価格と詳細はこちら

CPUだけハイスペックで、グラボやメモリ、ストレージはミドルスペックゲーミングPCらしい構成です。ただ、以前はCore i7-8700K + GTX1060 6GBという構成だったので、性能ダウンする代わりに価格が大きく下がりました。

Core i7-8700に合わせるならメモリ16GB、500GB SSD + 2TB HDDくらいにしたいですね。安さ重視ならそのままでいいです。Core i7-8700のおかげでCPUの性能にかなり余裕があります。最新ゲームをプレイし続ける場合、CPUよりGTX1060 3GBのほうが先に限界を感じることでしょう。でもそんな時は新しいグラボに交換すればOKなので、数年後の交換も見据えると相当長く使えるゲーミングPCです。

ちなみに現時点でもCore i7-8700が大活躍するゲームはたくさんあります。最近はCPUの性能次第でゲームのフレームレートが大きく変わるようになりましたからね。最たる例がPUBGでしょう。PUBGだと「グラボよりCPUのほうが重要」なんて意見もあるくらいです。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Crucial MX300シリーズ」でシーケンシャルリードが517MB/s、シーケンシャルライトが505MB/sです。ランダムライトが特に高速です。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」でシーケンシャルリードが198MB/s、シーケンシャルライトが197MB/sです。

ガレリア ZJの外観

次にガレリア ZJの外観や接続端子のレビューをしていきます。

高さ45cmのミドルタワーケースです。ドスパラで人気のゲーミングPCはほとんどがこのPCケースです。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタン、DVDスーパーマルチドライブがあります。

Core i7-8700だと上部の排気ファンはありません。Core i7-8700Kなら1つです。ハイエンドになると2つになります。CPUの温度を計測したところ、私は奥側にケースファンを追加した方がいいと思いました。

左側です。

そういえばドスパラのゲーミングPCに初期搭載されている電源ユニットといえばAcBelが多かったと思います。でも最近はAcBelを見かけることがなくなりました。カスタマイズの選択肢にもありません。今はDELTA製をよく見ます。

メモリは8GB x 1です。4GB x 2への変更はできません。私なら8GB x 2の16GBにします。

グラフィックボードはZOTAC製です。調べても公式サイトに出てこなかったため、おそらく組み込み専用のグラボなのではないかと思います。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4つ、USB3.1、USB3.1 Type-C、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1060の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア ZJのベンチマークスコア

ガレリア ZJの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
11406 12947 17650

FF14ベンチマークはCPUの影響が出やすいです。CPUの性能が低いと10000くらいしか出ませんが、Core i7-8700のおかげで11000を越えています。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
47485 95444 123346

PSO2ベンチマークは最高画質でも常に100fps以上でした。大人数でごちゃごちゃしたシーンでも滑らかに動作してくれるはずです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22167です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは25782でした。Core i7-8700K + GTX1060 6GBなら28000くらいです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
3949 3724 6006

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位59%」の評価でした。まだDirectX12のゲームはほとんどないので大丈夫ですが、将来的には確実に増えてきます。万全を期すならGTX1080Tiを搭載した「ガレリア ZZ」のほうがおすすめです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
10550 11800 18585

3DMARK FireStrikeの評価では「上位31%のパソコン」です。現在主流のDirectX11ではまだまだ上位の存在です。今のところ一番重いゲームでもGTX1060推奨なのですべてのゲームを遊べる性能を持っています。

だからこそ売れ筋ランキング上位なのでしょうね。人気モデルのなかでは最も格安ですし、「ちょうどいい価格、ちょうどいい性能のゲーミングPCが欲しい」と思っている方におすすめです。

ガレリア ZJの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im590SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ