ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1660Ti搭載ノート!ドスパラ ガレリア GCR1660TGF 性能レビュー

GTX1660Ti搭載ノート!ドスパラ ガレリア GCR1660TGF 性能レビュー

約2.2kgと軽量だけど120Hz液晶を搭載してます!

ついにGTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCがドスパラから発売されました。GTX1060が販売終了すれば、GTX1660Tiが売れ筋になることは確実です。なかでもガレリア GCR1660TGFはGTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCのスタンダードと呼ぶべき存在です。

ではガレリア GCR1660TGFの性能や使い勝手をレビューしていきます。

ガレリア GCR1660TGFはこんな方におすすめ!

20万円以下のゲーミングノートPCが欲しい!
15.6インチで比較的軽量なノートPCを選びたい!
120Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

ガレリア GCR1660TGFのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-9750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660Ti 6GB 8GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NVMe M.2 SSD モバイル インテル HM370 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチ 120Hz対応フルHD液晶

ガレリア GCR1660TGFの価格と詳細はこちら

最新ゲーミングノートPCはすでにCore i7-9750Hが搭載されています。まだCore i7-8750Hも残っていますが、Core i7-9750Hのほうが動作周波数がかなり高いので、できればCore i7-9750Hを選んでください。

メモリは初期構成が8GBです。軽いゲームだけをプレイするなら8GBでもいいでしょう。しかし重いゲームをするならメモリ16GBが絶対に必要です。それに16GBのほうがあらゆる用途が快適になります。

ストレージは512GB NVMe SSDです。少し前まで240GB SSD + 1TB HDDが主流でした。容量が減った反面、速度は向上しています。512GBだけだと不安ですから、私なら1TB NVMe SSDに変更するか、512GB NVMe SSD + 500GB SSDの組み合わせにします。

ストレージの速度

ガレリア GCR1660TGFのストレージは512GB NVMe M.2 SSDです。どれくらい速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDはメーカー・型番が不明で、シーケンシャルリードが3381MB/s、シーケンシャルライトが2101MB/sです。書き込み速度がここまで爆速なNVMe SSDはとても珍しいです。「ガレリア GCR2070RNF」と同じSSDだと思います。

ガレリア GCR1660TGFの外観

次にガレリア GCR1660TGFの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ドスパラのゲーミングノートPCは光りません。無駄な装飾がなくシンプルです。外出先でも使いやすいです。

全体の寸法は383(幅)×260(奥行き)×29.5(高さ) mmです。3cm未満ならそこそこ薄型です。

Windowsキーが右側にあるのだけ気になります。

PCゲーマーとしてはSHIFTキー、CTRLキー、スペースキーが大きくて嬉しいです。

キーボードはあの有名なSteelSeries製です。

電源を入れるとキーボードバックライトが様々な色に光ります。

ファンコントローラー、液晶のON/OFF、電源ボタンです。ファンコントローラーをONにするとケースファンがフル回転します。

液晶はノングレアなのでほとんど反射しません。ゲーム用液晶なら絶対にノングレアを使うべきです。ピカピカ反射するのは本当に鬱陶しいですよ。

リフレッシュレートは120Hzで固定されています。60Hzの2倍ヌルヌルです。144Hzとの違いは人間にわからないはずです。

左側にはLANポート、HDMI出力、mini-DisplayPort出力、USB3.0、USB3.1 Type-C、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.0、USB3.1、電源端子があります。

後ろ側に接続端子等はありません。

ガレリア GCR1660TGFの重さ

ノートPC本体のみの重さは2.245kgです。15インチのゲーミングノートPCは2.4~2.6kgくらいが多いため、ガレリア GCR1660TGFはやや軽量です。

ACアダプターとケーブルを含めると2.950kgです。合計3kg未満なのは軽いほうです。もっと軽量さを追求するなら、MAX-Q Designのグラボ搭載ノートを選ぶしかありません。

ガレリア GCR1660TGFの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-9750H)は最大100℃、平均72.0℃でした。Core i7-8750Hも100℃に達していたので特に変わっていません。もうそういうものだと考えるしかありません。

同様にGTX1660Tiは最大71℃、平均65.5℃でした。こちらは問題ありません。

ガレリア GCR1660TGFのベンチマークスコア

ガレリア GCR1660TGFの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1111 cb 2586 cb
シングルコア 187 cb 430 cb

Core i7-9750Hの性能です。Core i7-8750Hよりシングルコアのスコアが向上しています。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
6058 8068 9988

FF15ベンチマークは高品質と標準品質が「快適」、軽量品質が「とても快適」の評価でした。Core i7-8750H + GTX1060 6GBは高品質で4176でしたから、45%も向上しています。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
12691 13453 16047

FF14ベンチマークはCore i7-9750H + RTX2070より約10%しか低くありません。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
41121 52484 75216

PSO2ベンチマークはCore i7-9750Hのおかげで4万を越えました。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは34314です。GTX1070 + Core i7-7700のデスクトップと同じくらいのスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5586 5556 5763

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは上位48%の評価でした。GTX1660Ti搭載デスクトップの「ガレリア XT」が6256だったので、約12%負けています。思っていたよりも差はありません。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
13099 14843 15037

3DMARK FireStrikeの評価では「上位27%のパソコン」です。デスクトップゲーミングPCを含めてこの評価ですから、なかなか高性能です。GTX1660搭載デスクトップより高いスコアが出ていますから、このガレリア GCR1660TGFならほぼすべてのゲームを遊べます。

もちろん重いゲームをプレイしたいならメモリ16GBに変更することを忘れないでください。20万円以下の予算でゲーミングノートPCを探している人におすすめです。

ガレリア GCR1660TGFの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ