ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX2080搭載の決定版!ドスパラ ガレリア XG 性能レビュー

RTX2080搭載の決定版!ドスパラ ガレリア XG 性能レビュー

ハイスペックどころかハイエンドな超絶性能だと判明!

ドスパラにはいくつかの超人気ゲーミングPCがあります。GTX1060搭載のガレリア XT、RTX2070搭載のガレリア XF、そして今回レビューするのがRTX2080搭載のガレリア XGです。

RTX20シリーズではRTX2080Tiの次にハイスペックなグラフィックボードです。どのような性能なのかベンチマークしてみたのでレビューしていきます。

ガレリア XGはこんな方におすすめ!

最新の重いオンラインゲームを最高画質でプレイしたい!
オンラインゲームで有利な環境を手に入れたい!
約25万円の予算でゲーミングPCを買いたい!

ガレリア XGのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8700
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080 8GB 8GB PC4-21300
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD インテル H370 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ DELTA 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-650JB)

ガレリア XGの価格と詳細はこちら

このレビューを書いている時点では、グラフィックボードもCPUも世代が移り変わっている途中です。グラフィックボードはGTX10シリーズからRTX20シリーズへ、CPUは第8世代から第9世代へ、です。

RTX20シリーズはもうメジャーな存在になりつつありますが、CPUはまだCore i7-8700やCore i7-8700Kが中心です。ただ、ガレリア XGの上位版にあたる「ガレリア ZG」はRTX2080とCore i7-9700Kという組み合わせのため、完全移行するのは時間の問題です。(Core i7-8700Kを搭載したガレリア ZGもあります)

で、ガレリア XGをパーツ構成を見るとメモリ容量が勿体無いなぁと思います。常時メモリ8GB以上使うゲームが増えていますから、ここはメモリ16GBに増設してから購入することをおすすめします。しかしメモリ16GBにした場合、ガレリア ZGのほうが安くなることがあるので価格比較してからどちらか選んだほうがいいです。

ストレージの速度

SSDは「Crucial MX500シリーズ」で、シーケンシャルリードは559MB/s、シーケンシャルライトは507MB/sです。リード、ライト、シーケンシャル、ランダムのどれを重視していたとしても素晴らしい速度です。

HDDは「Seagate ST2000DM005」で、シーケンシャルリードは186MB/s、シーケンシャルライトは173MB/sです。

ガレリア XGの外観

次にガレリア XGの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア専用のKTケースです。今調べていて初めて知ったのですが、正面部分は日本刀をモチーフにしたデザインだそうです。確かに両側が刀っぽく見えます。

正面上部にDVDドライブが搭載されています。VRのViveReady認定シールが上に貼ってあります。

正面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンです。

上部には通気口が2つあります。ここは内部の熱を吐き出す部分です。CPUとグラフィックボードの熱を排出する重要な部分なので、通気口の部分を塞がないように注意しましょう。

左側には通気口が2つあります。ガレリア XGの場合、正面、側面、下部から空気を吸い込み、上部と背面から排出しています。

内部を見ると目立つパーツが3つあります。上から順にCPUクーラー、グラフィックボード、電源ユニットです。裏配線ではなく表配線に

1年くらい前まではXシリーズだと、もっと小型なトップフローのCPUクーラーが標準でした。今はサイドフローが標準です。

RTX2080は「ASUS TURBO-RTX2080-8G」です。ベースクロックが1515 MHz、ブーストクロックが1710 MHZです。

マザーボードは「ASUS PRIME H370-A」で、RTX2080の下には拡張スロットの空きがあります。PCI Express x4、PCI Express x1が2つ空いています。RTX2080の上にはPCI Express x1とM.2スロットがあります。

ドライブベイは片手で引き出せるようになっています。5インチが3つ、3.5インチシャドウが4つ空いているので、今まで使っていたパソコンのストレージを移行するのも楽々です。

通気口が右上にあります。吸気の役割があるため、マザーボードを裏側から冷やしています。

こうやって見ると通気口やファンは上の方に集まっていることがわかります。CPUを効率よく冷やせる設計です。

マザーボードの接続端子はPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が2つ、USB3.1が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。旧モデルにはなかったUSB3.1端子が増えています。

GeForce RTX2080の接続端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが2つです。

ガレリア XGの温度

CrystalDiskMark、FireStrike、TimeSpyを動作させながら各パーツの温度を計測しました。Core i7-8700は最大85℃、SSDは最大48℃、HDDは最大33℃、RTX2080は最大83℃まで上昇しました。

ガレリア XGのベンチマークスコア

ガレリア XGの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
9856 12414 14557

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質と軽量品質だと「非常に快適」という評価です。FF15はCPUの性能で結構フレームレートが変わってくるので、より高性能なCPUを搭載しているガレリア ZGのほうが高いスコアが出ていました。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
17707 18229 21316

FF14ベンチマークは17000を越えました。18000付近で途端にスコアが伸びなくなります。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
96411 103187 135974

PSO2ベンチマークはGTX1060搭載ゲーミングPCの2倍くらいのスコアが出ました。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22096です。

MHFベンチマーク

MHFは60309です。GTX1080Ti + Core i7-8700くらいのスコアが出ました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
9476 10120 6965

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位9%」の評価でした。最新ゲームを余裕を持ってプレイできる性能です。5年以上はずっとヌルヌル・サクサクが続くはずです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
21604 26724 19046

3DMARK FireStrikeの評価では「上位4%のパソコン」です。25万円の予算でハイエンド環境を手に入れられるなら妥当でしょう。特にFPSのようなフレームレートが重要なゲームでは、周りのプレイヤーよりも有利になれるため買う価値があります。

ガレリア XGとガレリア ZGとで迷う人が多いと思います。価格は時期によってころころ変わるので、公式サイトで最新の情報を比較した上で決めることをおすすめします。

ガレリア XGの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ