ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > CoD:MW推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

CoD:MW推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

2019年10月25日に発売されたCoD:MW(Call of Duty Modern Warfare)を購入しました。最新FPSということで重いとは思っていましたが想像以上です。

シングルプレイとマルチプレイでどれくらいフレームレートが出るのかベンチマークをしてみました。その結果からCoD:MWにおすすめのゲーミングPCもご紹介します。

CoD:MW推奨スペック

まずEA公式サイトに掲載されているCoD:MW推奨スペックを確認してみましょう。しかし動作環境が4つも掲載されていて少し混乱します。

最低動作環境

OS Windows 7 64bit (SP1)またはWindows 10 64bit
CPU Intel Core i3-4340
メモリ 8GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 670 / GeForce GTX 1650

推奨スペック

OS Windows 10 64bit
CPU Intel Core i5-2500K
メモリ 12GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 970 / GTX 1660

優位スペック

OS Windows 10 64bit
CPU Intel Core i7-8700K
メモリ 16GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1080 / RTX 2070 SUPER

超高スペック

OS Windows 10 64bit
CPU Intel Core i7-8700K
メモリ 16GB
グラフィックボード GeForce RTX 2080

どれにすればいいの!?と思うことでしょう。実際にベンチマークした私としては「超高スペック」をおすすめします。これにはきちんとした理由があります。

  • 144fps以上を安定して出すためにはRTX2080以上が必要
  • 画質を下げても全然軽くならない
  • シングルプレイ(キャンペーン)はさらに重い

60fps以上出せればいいならGTX1660で問題ありません。しかしFPSで勝つためには144fps以上だして、144Hz対応の液晶モニターを使うことが常識です。となるとやはりRTX2080、RTX2080 SUPER、RTX2080Tiが候補になります。

CoD:MWのグラボ別ベンチマーク

CoD:MWでグラフィックボード別にフレームレートを計測してみました。そしてフレームレート、メモリ使用量、CPU使用率の平均値を割り出しました。

グラフィック設定は解像度を1920×1080、垂直同期は無効、フレームレート制限は無制限、画質設定はゲームの自動設定に任せたところ「高」が中心になりました。高画質設定だと思ってください。

ベンチマーク計測に使用したゲーミングPCのスペックは以下のとおりです。すべてCoD:MW推奨スペック以上です。マップは「Aniyah Palace」で数分間うろうろしました。

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Core i7-8700K
メモリ 16GB PC4-21300
グラフィックボード RTX2060 6GB、RTX2070 8GB、RTX2080 8GB、RTX2080Ti 11GB

グラボ別fps

グラフィックボード 平均fps
RTX2080Ti 11GB 156 fps
RTX2080 8GB 147 fps
RTX2070 8GB 136 fps
RTX2060 6GB 119 fps

マップや状況によってフレームレートが大きく変わるため、もっと重いシーンもあれば軽いシーンもあります。つまりあくまでも今回の条件でベンチマークしたらこうなった、と考えてください。ゲームやグラフィックドライバのアップデートによっても変わってくるでしょう。

そして不具合なのかわかりませんが、画質をほとんど最低まで下げても5~10fpsくらいしか変わりません。エラーでゲームが落ちまくりますし、どうにも酷い出来と言わざるを得ません。

CPU使用率とメモリ使用量

Core i7-8700KのCPU使用率は50%前後で推移していました。ただしTwitterで調べてみたところ常に100%近いCPU使用率になっている人もいてなんとも言えません。とりあえずCore i7-8700K、Core i7-9700K、Core i9-9900Kのどれかを選ぶのがいいでしょう。

メモリ使用量は8.2~9.7GBです。画質を下げても特に変わりませんでした。メモリ8GBでは足りないので16GBをおすすめします。CoD:MWを配信しながらプレイする場合はメモリ32GBを検討してもいいくらいの重さです。

CoD:MWにおすすめのゲーミングPC

以上のベンチマークからApex LegendsにおすすめのゲーミングPCを選んでみます。

ドスパラ 「ガレリア ZG」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i9-9900KF
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce RTX2080 SUPER 8GB
  • 容量:512GB NVMe M.2 SSD + 3TB HDD

CoD:MW超高スペックに近いパーツで構成されたおすすめゲーミングPCです。マルチプレイならほとんどの場面で144fpsを以上できるので快適にプレイできます。


ドスパラ 「ガレリア ZZ」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i9-9900KF
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce RTX2080Ti 11GB
  • 容量:512GB NVMe M.2 SSD + 3TB HDD

配信をする予定だったり、今後さらに重いゲームが出ることまで考慮するならRTX2080Tiのほうがおすすめです。メモリ32GBにカスタマイズすれば完璧です。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ