ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1080搭載!ドスパラ ガレリア ZG 性能レビュー

GTX1080搭載!ドスパラ ガレリア ZG 性能レビュー

超ハイスペック!ベンチマークスコアを大幅更新!

ガレリア ZGはGeForce GTX 80番のグラフィックボードを搭載するゲーミングPCです。過去にはGTX980を搭載していて、今は最新のGTX1080です。またCPUが年々アップグレードされていて、以前はCore i7-6700KやCore i7-7700Kで、今はやはり最新のCore i7-8700Kになっています。

一時期ガレリア ZGが売り切れていましたが、また復活したので最新モデルをレビューしてみます。旧世代からどれくらい高性能になったかも評価します。

ガレリア ZGはこんな方におすすめ!

最新のハイエンドゲーミングPCが欲しい!
VRだけでなく重いゲームをサクサク動かしたい!
あらゆる作業を快適にするためにメモリ量やSSDにもこだわりたい!

ガレリア ZGのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-8700K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080 8GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD インテル Z370
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ DELTA 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

ガレリア ZGの価格と詳細はこちら

Core i7-8700K、メモリ16GB、SSD搭載という組み合わせは典型的なハイスペックゲーミングPCです。しかしGeForce GTX1080が入ることで一気にハイエンドの性能になっています。

また、レビューした時にはキャンペーン中でSSDが640GB SSDに無料アップグレードされていました。ドスパラはよくセールやキャンペーンを実施していて、SSDが無料追加されていたり、大幅値下げされていたりするので、最新の価格やスペックは上記のリンクからチェックしてください。

それにしてもGTX1080発売当初、ガレリア ZGは税抜き23万円くらいしていた覚えがあります。それが今では4万円くらい値下げされています。随分と安くなったものです。買い時かもしれませんね。

SSDとHDDの速度

ガレリア ZGのストレージはSSDとHDDの組み合わせです。どれくらいの速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「Crucial MX300シリーズ」で、シーケンシャルリードが532MB/s、シーケンシャルライトが507MB/sです。素晴らしく高速です。私も最近購入したゲーミングPCのSSDにはCrucial MX300シリーズを選びました。最近は計測した速度を見たらどのSSDなのかわかるようになってきました・・・。

HDDは「SEAGATE ST3000DM008」でシーケンシャルリードが205MB/s、シーケンシャルライトが198MB/sです。つまりSSDのほうが圧倒的に高速です。例えばFF14ベンチマークのローディングタイムで大きな差が出ていたため、ゲームの起動速度に大きく影響します。

ガレリア ZGの外観

次にガレリア ZGの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア XFと同じようにミドルタワーケースです。デスクトップゲーミングPCとしては一般的な大きさです。全体のサイズは207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mmです。重量は約13.9kgです。

前面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンです。また一番上にDVDドライブが搭載されています。約8000円でブルーレイドライブに変更できます。

上部には排気口が2つあります。奥側にだけケースファンが搭載されています。もちろんカスタマイズでファンを追加できます。

左側は吸気口です。

内部を見てみましょう。

旧モデルはごついトップフロークーラーでしたが、より冷却能力の高いサイドフローに変わっています。メモリは8GB x 2の16GBです。メモリスロットはあと2つ空いています。

グラフィックボードは「GeForce GTX 1080 Dual」です。Founders Editionよりもファンが1つ多い製品です。

拡張スロットです。あとからSLIにすることも可能です。

右側は小さな通気口が1つあります。

背面には排気のケースファンが1つ見えます。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4個、USB3.1、USB3.1 Type-C、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1080の接続端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア ZGのベンチマークスコア

ガレリア ZGの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
7643 10904 13949

今回からFF15ベンチマークも使用します。高品質だと「快適」、標準品質だと「とても快適」、軽量品質だと「非常に快適」という評価です。GTX1080でも低画質にしないと最高評価になりません。FF15は激重ですね。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
17745 18689 22919

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」です。GTX1080なら最高画質でもサクサクです。FF15とは全然違う重さです。ちなみにGTX1070Tiの「ガレリア ZV」だと最高画質で14744でした。ガレリア ZGのほうが大幅にハイスペックです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
98375 132269 157432

PSO2ベンチマークはほぼ歴代最強スコアになりました。GTX1080Ti搭載の「ガレリア ZZ」よりもなぜか高いスコアです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22341です。同じGTX1080搭載デスクトップでも、旧モデルよりスコアが伸びています。明らかにCore i7-8700Kのおかげです。

MHFベンチマーク

同じくスコアが大幅に伸びたのがMHFベンチマークです。48921というスコアは10%くらいアップしています。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
7187 7114 7638

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位20%」の評価でした。4KゲーミングPCの基準もクリアしています。最新ゲームも快適に遊べることがわかりました。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
18639 21727 18330

3DMARK FireStrikeの評価では「上位5%のパソコン」です。こんなハイエンドなゲーミングPCを20万円程度で購入できるなんて凄いと思いませんか?圧倒的なコスパの良さです。

ガレリア ZVと迷うかもしれませんが、予算次第ではGTX1080 + メモリ16GBのガレリア ZGのほうがいいかもしれません。発売直後からずっと人気が続いているゲーミングPCなのでとてもおすすめです。

ガレリア ZGの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ