ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX2080 + Core i7-8700K!ドスパラ ガレリア ZG 性能レビュー

RTX2080 + Core i7-8700K!ドスパラ ガレリア ZG 性能レビュー

超ハイスペック!ベンチマークスコアを大幅更新!

ガレリア ZGはGeForce GTX 80番のグラフィックボードを搭載するゲーミングPCです。過去にはGTX1080を搭載していて、今は最新のRTX2080です。またCPUが年々アップグレードされていて、以前はCore i7-6700KやCore i7-7700Kで、今は人気のCore i7-8700Kになっています。

一時期ガレリア ZGが売り切れていましたが、また復活したので最新モデルをレビューしてみます。旧世代からどれくらい高性能になったかも評価します。

ガレリア ZGはこんな方におすすめ!

最新のハイエンドゲーミングPCが欲しい!
VRだけでなく重いゲームをサクサク動かしたい!
あらゆる作業を快適にするためにメモリ量やSSDにもこだわりたい!

ガレリア ZGのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i7-8700K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080 8GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
500GB NVMe M.2 SSD + 3TB HDD インテル Z370
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)

ガレリア ZGの価格と詳細はこちら

Core i7-8700K、メモリ16GB、SSD搭載という組み合わせは典型的なハイスペックゲーミングPCです。しかしGeForce RTX2080が入ることで一気にハイエンドの性能になっています。

また、レビューした時にはキャンペーン中でSSDが爆速のNVMeに無料アップグレードされていました。ドスパラはよくセールやキャンペーンを実施していて、SSDが無料追加されていたり、大幅値下げされていたりするので、最新の価格やスペックは上記のリンクからチェックしてください。

また、CPUはCore i7-8700KからCore i7-8086Kにアップグレードされている場合もあります。どちらにしても通常よりも非常にコスパが良くなっています。現状RTX2080TiよりもRTX2080のほうがコスパが良いため、高性能なゲーミングPCのなかではトップクラスにお買い得です。

SSDとHDDの速度

ガレリア ZGのストレージはSSDとHDDの組み合わせです。どれくらいの速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「Samsung SSD 970 EVO」で、シーケンシャルリードが3379MB/s、シーケンシャルライトが1918MB/sです。あらゆるSSDのなかでもほとんど最高速です。ストレージはすべての動作に大きく影響しますから高速なものを選んだほうが快適になります。

HDDは「SEAGATE ST3000DM007」でシーケンシャルリードが183MB/s、シーケンシャルライトが179MB/sです。SSDの高速さがよくわかりますよね。でもSSD + SSDにすると価格が高くなってしまうため、ここ数年はSSD + HDDにするのが常識です。

ガレリア ZGの外観

次にガレリア ZGの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア XFと同じようにミドルタワーケースです。デスクトップゲーミングPCとしては一般的な大きさです。全体のサイズは207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mmです。重量は約13.9kgです。

前面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンです。また一番上にDVDドライブが搭載されています。約8000円でブルーレイドライブに変更できます。

上部には排気口が2つあります。奥側にだけケースファンが搭載されています。もちろんカスタマイズでファンを追加できます。

左側は吸気口です。

内部を見てみましょう。

旧モデルはごついトップフロークーラーでしたが、より冷却能力の高いサイドフローに変わっています。メモリは8GB x 2の16GBです。メモリスロットはあと2つ空いています。

グラフィックボードは「ASUS TURBO-RTX2080-8G」です。ドスパラはPALITかASUSのグラボを採用することが多いです。

CPUとグラボの間にM.2 SSDがありました。

拡張スロットです。あとからSLIにすることも可能です。

右側は小さな通気口が1つあります。

背面には排気のケースファンが1つ見えます。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4個、USB3.1、USB3.1 Type-C、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

RTX2080の接続端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが2つです。解像度は最大7,680 × 4,320まで対応しています。

ガレリア ZGのベンチマークスコア

ガレリア ZGの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
9780 12986 15582

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質と軽量品質だと「非常に快適」という評価です。RTX2080なら一番重いPCゲームであるFF15もサクサクなことがわかりました。GTX1080Tiを越える性能は伊達ではありません。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
18864 19772 23075

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」です。RTX2080なら最高画質でもサクサクです。FF15とは全然違う重さです。ちなみにGTX1070Tiの「ガレリア ZV」だと最高画質で14744でした。ガレリア ZGのほうが大幅にハイスペックです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
101681 123029 141500

PSO2ベンチマークは歴代最強スコアになりました。ついに10万台に突入しましたか・・・。RTX2080Ti搭載の「ガレリア ZZ」よりもなぜか高いスコアです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22884です。23000前後が限界なので比較できません。

MHFベンチマーク

同じくスコアが大幅に伸びたのがMHFベンチマークです。60498というスコアはGTX1080より24%くらいアップしています。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
9623 10099 7597

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位9%」の評価でした。4KゲーミングPCの基準も余裕でクリアしています。最新ゲームも快適に遊べることがわかりました。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
21839 26179 19335

3DMARK FireStrikeの評価では「上位3%のパソコン」です。こんなハイエンドなゲーミングPCを30万円以内で購入できるなんて凄いと思いませんか?圧倒的なコスパの良さです。

ガレリア ZZと迷うかもしれませんが、予算次第ではRTX2080 + メモリ16GBのガレリア ZGのほうがいいです。発売直後からずっと人気が続いているゲーミングPCなのでとてもおすすめです。

ガレリア ZGの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ