ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1080搭載!ドスパラ ガレリア ZG 性能レビュー

GTX1080搭載!ドスパラ ガレリア ZG 性能レビュー

超ハイスペック!ベンチマークスコアを大幅更新!

とうとうGeForce GTX1000シリーズが発売されました。その第一弾がGeForce GTX1080です。GPUアーキテクチャがNVIDIA Pascalになったこともあり、性能が大幅に向上しているようです。特にVRをサクサク動かせるとアピールしています。

ドスパラはGTX1080の発売と同時にガレリア ZGを販売開始しました。これまではガレリア ZGといえばGTX980搭載ゲーミングPCでしたが、GTX1080搭載がガレリア ZG、GTX980搭載がガレリア ZG9という製品名になりました。

ガレリア ZGはこんな方におすすめ!

最新のハイエンドゲーミングPCが欲しい!
VRだけでなく重いゲームをサクサク動かしたい!
あらゆる作業を快適にするためにメモリ量やSSDにもこだわりたい!

ガレリア ZGのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700K(定格4.00GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080 8GB 16GB(PC4-17000)
HDD チップセット
256GB SSD + 2TB HDD インテル Z170
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ Enhance 800W(80PLUS GOLD)

ガレリア ZGの価格と詳細はこちら

Core i7-6700K、メモリ16GB、SSD搭載という組み合わせは典型的なハイスペックゲーミングPCです。しかしGeForce GTX1080が入ることで一気にハイエンドの性能になっています。

また、レビューした時にはキャンペーン中でSSDがNVMe M.2 SSDに無料アップグレードされていました。ドスパラはよくセールやキャンペーンを実施していて、SSDが無料追加されていたり、大幅値下げされていたりするので、最新の価格やスペックは上記のリンクからチェックしてください。

SSDとHDDの速度

ガレリア ZGのストレージはSSDとHDDの組み合わせです。どれくらいの速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

シーケンシャルリードは2189MB/sでした。ゲーミングPCに搭載されているSSDの多くは500MB/s前後です。それに比べると約4倍も高速ということになります。上記の通りNVMe接続のSSDはキャンペーン限定なので、通常とは違うことをご理解ください。

HDDの速度がこちらです。シーケンシャルリードは220MB/sです。つまりSSDは10倍です。普通に使ってて明らかにサクサク感が違いました。例えばFF14ベンチマークのローディングタイムで大きな差が出ていたため、ゲームの起動速度に大きく影響します。

ガレリア ZGの外観

次にガレリア ZGの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア XFがミドルタワーなのに対し、ガレリア ZGはフルタワーです。かなり大きいです。全体のサイズは207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mmです。重量は約13.9kgです。

一番上にDVDドライブが搭載されています。約8000円でブルーレイドライブに変更できます。

前面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンです。

上部には排気口が2つあります。

奥側にだけケースファンが搭載されています。もちろんカスタマイズでファンを追加できます。

左側は吸気口です。電源を入れるとGTX1080の「GeForce GTX」の文字が緑色に光ります。

内部を見てみましょう。

CPUファンとメモリです。斜めになっているのは仕様です。

GTX1080の補助電源って8ピンが1つだけなんですね。GTX980やGTX980Tiのリファレンスモデルは6ピン+6ピンや6ピン+8ピンだった気がします。

拡張スロットはPCI Express x16が1つ、PCI Express x1が3つ空いています。

右側は小さな通気口が1つあります。

背面には排気のケースファンが1つ見えます。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が6個、PS2、LANポート、サウンド関連です。USB2.0が1つもないデスクトップゲーミングPCって初めてかもしれません・・・。

GTX1080の接続端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア ZGのベンチマークスコア

ではGTX1080はどれくらいの性能なのでしょうか。各種ゲーム用ベンチマークソフトで性能を評価してみました。どれも解像度は1920×1080に設定しています。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
19237 19583 23785
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
20703 21199 25630

FF14ベンチマークはどの設定でも「非常に快適」です。GTX980Tiはおろか、GTX TITAN Xをも上回るスコアを叩き出しました。もちろん歴代1位です。GTX1080は型番的にはハイスペックの位置付けなのでしょうけど、相対的には現段階で間違いなくハイエンドです。

設定6 設定5 設定3 設定1
80948 81298 109366 158496

PSO2ベンチマークは今回からバージョン4を使用しています。そのため過去のスコアと単純比較できません。ただ、一番重い設定にしても100fps以上出ていたのでヌルヌルでした。

ドラクエ10は21316です。これも歴代1位です。20000以上出ることって本当に稀です。

MHFは45478でした。これまでの最高スコアがGTX TITAN Xの37696だったので大幅更新です。GTX1080は凄まじいですね・・・。

3DMARKの評価では「上位4%のパソコン」です。VR推奨スペックを遥かに越えています。GTX1080を搭載したガレリア ZGならOculus RiftやHTC Viveはもちろん、重い最新ゲームもサクサク動かせます。性能から考えると相当コスパがいいので、高性能なゲーミングPCが欲しい人におすすめです。

ガレリア ZGの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ