ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア タイタン BK ZX 性能レビュー

ドスパラ ガレリア タイタン BK ZX 性能レビュー

GeForceシングルコア最強グラフィックボード「GTX TITAN BLACK」を搭載したゲームPCを入手しました。その名も「ガレリア タイタン BK ZX」です。

旧製品であるGTX TITANとの違いや、これまで最強だったGTX780Tiと比較しながら詳しくレビューしていきます。PCケースは大体いつも通りなので、ベンチマークスコアに注目です。

ガレリア タイタン BK ZXはこんな方におすすめ!

超ハイスペックPCを使いたい!
シングルコア最強グラボに興味津々!
新しいオンラインゲームは必ずチェックする!

ガレリア タイタン BK ZXのスペック

OS CPU
Windows7/8.1 Pro 64bit Core i7-4770K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX TITAN BLACK 6GB 8GB
HDD チップセット
120GB SSD + 3TB HDD INTEL Z87 Express
光学ドライブ 電源
ブルーレイドライブ 860W

ドスパラのゲームPCにしては非常に珍しいパーツ構成です。ガレリアシリーズはグラフィックボードだけが変わって、他のパーツは最小構成であることが多いのです。

もちろんBTOですからカスタマイズ画面で自分でメモリやSSDを変更するのですが、このガレリア タイタン BK ZXはちょっと違います。このパーツ構成で完成形と言えます。

CPUとメモリはオンラインゲーム目的ならこれで充分です。そして意外と重要なSSDが予め組み込まれています。さらにDVDマルチドライブではなく、読み書き可能なブルーレイドライブが搭載されています。

そして電源は人気のSeasonic製で、上位規格の80PLUS PLATINUMです。なんだかもう完璧に思えてきます。もしもカスタマイズするならSSDの容量を増やしたり、ファンを高級なものにするくらいでしょうか。

GTX TITAN BLACKとは?

ちょっと前までGeForce GTX TITANというグラフィックボードがありました。当時はシングルコア最強でした。しかし最強の座は長く続きませんでした。GeForce GTX780Tiが発売されたのです。

なんとGTX780TiはGTX TITANよりも安くて高性能だったのです。これではもうGTX TITANの存在価値がありません。次第に市場から消えていき、BTOメーカーも扱わなくなっていきました・・・。

でもGTX TITAN BLACKにパワーアップして帰ってきました。今度はGTX780Tiよりもハイスペックです。シングルコア最強の座を取り戻したのです。

ガレリア タイタン BK ZXの外観

次にガレリア タイタン BK ZXの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリアシリーズで最もスタンダードなPCケースです。大きさは207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mmです。大きくもなく小さくもないといったところでしょうか。

ブルーレイドライブが搭載されています。ブルーレイの読み込み・書き込みに対応。もちろんDVDマルチドライブの機能も備わっています。なんだかんだブルーレイドライブがあったほうが便利です。

正面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、ヘッドホン端子、マイク端子です。すぐ横に電源ボタンとリセットボタンがあります。

通気口は上部に2つ、左に2つ、右に1つです。全部吹出口のはずです。正面から空気を取り込んで背後や左右に排出するエアフロー設計です。電源は上に配置されていると思いましたが下にありました。

インテル Z87 Express チップセット搭載 ATX マザーボードの接続端子を見ていきましょう。USB3.0が4個、USB2.0が2個、PS2が2個、LANポート、サウンド関連です。

GeForce GTX TITAN BLACKの接続端子はDVIが2個、HDMI、DisplayPortです。意外と普通ですね。他のグラフィックボードと同じです。最大2画面出力まで対応しています。

ガレリア タイタン BK ZXのベンチマークスコア

GeForce GTX TITAN BLACKは本当にシングルコア最強なのか、ベンチマークスコアで確認してみましょう。今回のレビューではGTX780Tiとの比較に重点を置きます。

使用するベンチマークソフトはFF14ベンチマーク、PSO2ベンチマーク、ドラクエ10、MHF、3DMARKの5種類です。掲載している画像はどれも「最高画質+解像度1920×1080」の設定です。

FF14は最高品質で15289でした。8000越えれば最高評価なのに2倍近いスコアです。超ハイスペックだとわかります。標準画質だと25494でした。常時60fpsを維持できるはずです。タイタンの攻撃にも素早く反応できるようになりますね。

PSO2ベンチマークは最高画質設定で70842でした。70000越えもスゴイですね。PSO2の場合は30000越えがハイスペックの基準だと思っているので、とんでもないハイスコアです。標準画質は134074でした。

ドラクエ10は18964でした。GeForceグラフィックボードの中では歴代1位のスコアです。

MHFは26745でした。こちらは歴代3位のスコアです。MHFにはオーバースペックかもしれませんが、アクション性の高いゲームこそ高いフレームレートを維持することを重視すべきです。

3DMARKのFireStrikeは9610です。一番信用度の高い3DMARKでシングルコア歴代1位のスコアを叩き出しました!3DMARKの評価では上位11%のパソコンです。やはり超ハイスペックですね。

ガレリア タイタン BK ZXの評価

GTX780Tiを搭載していて似たような構成のガレリア XG 780Tiと比較してみましょう。

ガレリア タイタン BK ZX ガレリア XG 780Ti
FF14 15289 15780
PSO2 70842 74245
ドラクエ10 18964 18504
MHF 26745 27081
FireStrike 9610 9554
3DMARK評価 上位11% 上位17%

意外にもFF14とPSO2ではGTX780Tiを搭載したガレリア XG 780Tiが優っています。GTX TITAN BLACKはそんなに高性能ではないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。

一番信頼度の高い3DMARKの総合評価では圧倒的にガレリア タイタン BK ZXが勝っています。これより上位なのはおそらくSLI構成のゲームPCです。1枚構成なら優秀なことは間違いありません。

ただ、ガレリア XG 780Tiと価格を比較すると約5万円の差があります。コスパ重視ならガレリア XG 780Tiをおすすめします。逆に少しでも高性能を目指すならガレリア タイタン BK ZXを選ぶ価値はあると思います。

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ