ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ブログ > ゲーム・PCコラム > CrystalDiskMarkの使い方とスコアの見方と目安

CrystalDiskMarkの使い方とスコアの見方と目安

ストレージの速度を計測するならCrystalDiskMarkを使おう

パソコン初心者はストレージの容量ばかりを気にする傾向がありますが、速度も大切です。特にHDDだと読み込み速度と書き込み速度がボトルネックになっているせいで、処理速度に限界が生じてしまうことがあります。

実際HDDではなくSSDを使うことで、パソコンの動作がサクサクになります。Windowsの起動速度なんて最たる例でしょう。そんなストレージの速度を計測できるのがCrystalDiskMarkです。日本ではCrystalDiskMarkがスタンダードになっています(価格.comのクチコミを見るとほとんどの人がCrystalDiskMarkのスクリーンショットを貼ってます)。

CrystalDiskMark 5の使い方と設定

CrystalDiskMark公式サイトがありますが、窓の杜からもダウンロードできます。

>> CrystalDiskMarkのダウンロードページ

インストールしたら起動しましょう。

1.ストレージを選択する

CrystalDiskMark 5はいくつか設定項目があるのですが、わざわざ変更する必要はありません。基本的にデフォルトのままでOKです。この画像だと左側からテスト回数、何GiB使うか、ストレージ選択です。

テスト回数はデフォルトで5回です。5回計測して一番良いスコアが最後に残ります。何GiBかは1GiBにしましょう。ちなみに1GiBは1024KBのことです。1GBだと1000KBの意味になってしまうため使い分けているようです。

ストレージ選択は計測したいものを選びましょう。SSDを計測したいならSSDを、HDDを計測したいならHDDを選択するだけです。変更すべき設定はここだけでしょう。

2.ALLボタンを押す

設定が完了したら左上のALLボタンをクリックします。あとはしばらく待つだけです。数分で計測が完了します。

CrystalDiskMark 5のスコアの見方

計測が完了するとこんな画面になります。左側の「Read [MB/s]」が読み込み速度、右側の「Write [MB/s]」が書き込み速度です。単位からわかるように1秒間に何MBを読み込めるか・書き込めるかを表しています。

今度は横軸を見てみましょう。ここの見方が一番わかりづらいと思います。

Seq Q32T1 シーケンシャルアクセス、マルチキュー&マルチスレッド(デフォルトだと32 Queues、1 Thread)、ブロックサイズ512KB
4K Q32T1 ランダムアクセス、マルチキュー&マルチスレッド(デフォルトだと32 Queues、1 Thread)、ブロックサイズ4KB
Seq シーケンシャルアクセス、シングルキュー&シングルスレッド、ブロックサイズ512KB
4K ランダムアクセス、シングルキュー&シングルスレッド、ブロックサイズ4KB
  • シーケンシャルアクセス:連続した領域に読み込み、あるいは書き込むこと。
  • ランダムアクセス:ランダムな領域に読み込み、あるいは書き込むこと。
  • マルチキュー:ネイティブコマンドキューイング(NCQ)に対応している場合に、複数のコマンドのキュー(命令の待ち行列)が入っていても処理できる。
  • マルチスレッド:複数の処理の流れを並行して進めることができる。

一般的には「Seq Q32T1」の読み込み速度をシーケンシャルリード、書き込み速度をシーケンシャルライトと呼んで、参考数値としています。

CrystalDiskMark 5のスコアの目安

CrystalDiskMarkでストレージの速度を計測したら、自分が持っているHDDやSSDが高速なのか低速なのか知りたいですよね。私は過去にレビューしたゲーミングPCに搭載されていたSSDやHDDの速度を記録しているので、接続方法やストレージの種類ごとにスコアを目安を書いてみます。

SATA3接続のSSD

ゲーミングPCに搭載されているSSDは大体これです。シーケンシャルリードが500MB/sくらいになるのが目安です。500MB/s以上なら充分サクサクです。ただ、シーケンシャルライトの速度には結構ばらつきがあります。

M.2 SSD

M.2 SSDはシーケンシャルリードは700~800MB/sくらいになる傾向があります。

NVMe M.2 SSD

さらに高速なのがNVMe M.2 SSDです。シーケンシャルリードは2000MB/sを越えます。高速なものだと2400MB/sくらいになります。シーケンシャルライトは1200~1500MB/sなことが多いです。

HDD

HDDはシーケンシャルリードが100~200MB/sくらいになります。しかしそれよりもHDDはランダムアクセスの遅さが目立ちます。ストレージに保存されるデータって分散することが多いので、HDDよりもSSDのほうが遥かにサクサクだと感じるのはランダムアクセスの性能差によるところが大きいです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

カテゴリー

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ