ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲームPCレビュー > 小型かつ薄型!ドスパラ ガレリア ST 性能レビュー

小型かつ薄型!ドスパラ ガレリア ST 性能レビュー

ケースは小さいけどしっかり高性能!

デスクトップゲーミングPCが大きい物が中心です。コンパクトデスクトップもありますが、小型とは言えないサイズです。2014年までは小型デスクトップゲーミングPCといえばエイリアンウェア X51くらいしかありませんでした。

しかしドスパラが「ガレリア Sシリーズ」として小型で薄型なデスクトップゲーミングPCの販売を開始しました。今回はGeForce GTX1060を搭載したガレリア STのレビューをしていきます。

ガレリア STはこんな方におすすめ!

邪魔にならない小型・薄型のデスクトップが欲しい!
横置きできるデスクトップを探している!
小型だけど高性能なゲーミングPCを使いたい!

ガレリア STのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 6GB 8GB
HDD チップセット
2TB HDD インテル H110 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ SILVERSTONE SST-SX500-LG(500W 80PLUS GOLD)

ガレリア STの価格と詳細はこちら

GTX1060搭載ゲーミングPCといえばガレリア XTが定番です。パーツを見るとガレリア XTとSTはほとんど一緒です。グラフィックボード、CPU、メモリ、HDD、チップセットなどは同じものが採用されています。

違うのはPC本体の大きさと電源です。注目して欲しいのは電源です。小型デスクトップゲーミングPCの最大の課題は「熱」です。熱を少しでも抑えるために80PLUS BRONZEから80PLUS GOLDへアップグレードされています。

簡単に言えば、より性能の良い高級な電源を採用しているわけです。ちなみにこの電源は、有名な電源ユニットメーカーであるSILVERSTONE製です。価格.comで調べてみたところ、ガレリア STに使われているSILVERSTONE SST-SX500-LGはSILVERSTONEで6番目に人気の電源ユニットでした。

なお、今回レビューしたガレリア STはキャンペーン中のためメモリが8GBから16GBに増設され、525GB SSDが追加されていました。ここまでハイスペックに仕上がっても税抜価格13万円台というのは相当安いですよ。

SSDとHDDの速度

SSDの速度はシーケンシャルリードが532MB/s、シーケンシャルライトが513MB/sです。ランダムアクセスも高速でいいですね。

HDDはシーケンシャルリードが208MB/s、シーケンシャルライトが205MB/sです。

ガレリア STの外観

次にガレリア STの外観や接続端子のレビューをしていきます。

正面から見るとその薄さがよくわかります。

インターフェイスは下部に集まっています。上から順に電源ボタン、リセットボタン、SDカードリーダー、USB3.0が2個、マイク端子、ヘッドホン端子です。

DVDドライブは正面右上に搭載されています。「ウィーン」って感じではなく、「ガチャッ」と出てきます。

左側にはグラフィックボードと電源ユニットを冷やすための大きな吸気口があります。

右側には白いケースファンがあります。CPUを冷やす役割です。このケースファンのおかげなのか、ベンチマークソフトをずっと走らせても最大で56℃までしか上がりませんでした。平均温度は32℃だったので、小型ゲーミングPCとは思えないほど低温度を保ってくれます。

右側は開けられます。右上がSSD、左下がHDD、右下がCPUやメモリです。グラフィックボードまで到達するには、上半分の黒いカバーを取り外す必要があります。

CPUファンとメモリです。メモリスロットは2つしかないので、増設するとしたら8GB x 2か16GB x 2がおすすめです。

2TB HDDはSEAGATE製です。

525GB SSDは人気のCrucial製です。2.5インチシャドウは1つ空いています。

サイドパネルを取り外す時は注意が必要です。ケースファンのケーブルが繋がっているため、力強く「エイヤッ!」と開けてしまうと端子が外れてしまうかもしれません。そっと開けましょう。

背面にファンはありません。カスタマイズで両側の吸気口に「GALLERIA(KTC)専用ダストフィルター3枚組」を設置できるようです。

マザーボードの接続端子はPS2、USB2.0が4つ、USB3.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。

GeForce GTX1060の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortが3つです。定番の組み合わせです。

ガレリア STは横置きと縦置きが選べます

スリム型のデスクトップのメリットとして縦置きと横置きを選べるところがあります。“脚”が付属しているので四つ角に設置するだけで横置きの準備完了です。

裏側はシールになっているので、ペタッと貼りましょう。

縦置きのまま使う場合は、付属の土台で固定しましょう。

ガレリア STのベンチマークスコア

小型デスクトップのほとんどは性能があまり高くありません。しかしガレリア STに搭載されているのは最新グラフィックボードのGTX1060です。本当に「小型で高性能」を実現できているのか、ベンチマークスコアをチェックしてみました。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
12835 14355 20424
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
15174 15818 21656

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」の評価を獲得できました。ミドルタワーのガレリア XTとほとんど差がありません。小型だからといって性能が下がることはありませんでした。

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質) 設定1(低画質)
52158 63835 83180 135516

PSO2ベンチマークは最高画質でも50000を越えました。30000くらいかな?という予想を遥かに上回るスコアです。きっとメモリ16GBのおかげです。このゲーミングPCならPSO2を最高画質にしてもヌルヌルです。

ドラクエ10は19814です。そろそろドラクエ10ベンチマークを使う意味がなくなってきました。どのゲーミングPCでも「すごく快適」になりますから・・・。

MHFは25882です。GTX1060だと25000前後になることが多いので予想通りです。

3DMARKの評価では「上位22%のパソコン」です。小型ミドルスペックゲーミングPCとは思えないほど高評価です。もちろんGTX1070を搭載したガレリア SFやGTX1080を搭載したガレリア SGには劣るものの、正直この性能で充分だと思います。

最新ゲームをプレイし続けるならもっとハイスペックなモデルを選ぶことをおすすめしますが、現状GTX1060で動かないゲームってないので、安くて小型なゲーミングPCを探してるなら、ガレリア STが第一候補になります。

ガレリア STの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ