ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > OMEN by HP 15-ce000 パフォーマンスモデル 性能レビュー

OMEN by HP 15-ce000 パフォーマンスモデル 性能レビュー

120Hz液晶とGTX1060搭載でこの価格は安い!

ゲーミングPCはBTOで買う物みたいなイメージが定着していますが、海外PCメーカーも最近は頑張っています。特にHPのOMENシリーズはOVERWATCHワールドカップのスポンサーになる等、力を入れている印象が強いです。

ちょうど前回「OMEN by HP 17-an000 パフォーマンス・プロモデル」をレビューしましたが、今回は15インチでGTX1060搭載の「OMEN by HP 15-ce000 パフォーマンスモデル」の性能や使い勝手を検証します。

OMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルはこんな方におすすめ!

持ち運びと使いやすさのバランスをとって15インチにしたい!
120Hz液晶でヌルヌル・サクサクにしたい!
人気のGTX1060搭載ノートが欲しい!

OMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Hone 64bit Core i7-7700HQ
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1060 6GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
256MB NVMe SSD + 1TB HDD インテル HM175 Express チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ (120Hz/1920×1080 / 最大1677万色 / 300nit) G-SYNC対応

OMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルの価格と詳細はこちら

OMEN by HP 15-ce000にはパフォーマンスモデルとプロフェッショナルモデルの2種類があります。パフォーマンスモデルはWindows10 Home、プロフェッショナルモデルはWindows10 Proを搭載しています。それ以外の違いはありません。ゲーミングPCのおいてWindows10 Proを選ぶメリットはないので、格安のパフォーマンスモデルのほうがおすすめです。

で、今回レビューするパフォーマンスモデルは相当凄いです。まず初期構成で超高速なNVMe SSDが採用されています。またG-SYNC対応、120Hz、IPSパネルと高級な液晶が搭載されています。世の中にあるほとんどのゲーミングノートPCは60Hzまでしか出せないので2倍ヌルヌルです。

それなのに価格は普通のGTX1060搭載ノートPCとそんなに変わりません。さらにキャンペーンのモデルはゲーミングマウスがセットになりつつ4万円弱も値下げされているため、異常なほどコスパが良くなっています。公式ページを確認した時、私は目を疑いましたよ。それくらい激安です。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「東芝 THNSN5256GPUK」でシーケンシャルリードが1596MB/s、シーケンシャルライトが498MB/sです。シーケンシャルリードが一般的な2.5インチ SATA SSDより3倍も高速です。NVMe SSDはシーケンシャルリードが突出して高速なことが多いです。

HDDの速度

HDDは「HGST HTS721010A9E630」でシーケンシャルリードが137MB/s、シーケンシャルライトが127MB/sです。7200rpm HDDなので一般的なノート用HDDよりも30%くらい高速です。

OMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルの外観

次にOMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルの外観や接続端子のレビューをしていきます。

四角の赤いマークがOMENのロゴです。寸法は幅388 × 奥行き275 × 高さ28.5 mmです。

各キーのサイズがしっかりしていてとても押しやすいです。ゲーム用途にぴったりなキーボードだと感じました。

OMEN 17とは違って左側のマクロキーがありません。OMENコマンドセンターの起動キーは残されています。

強調されたWASDキーがゲーミングPCらしさを演出しています。スペースキーが大きいのも好きです。

電源を入れるとキーボードバックライトと電源ボタンが光ります。WASDキーは白色、その他のキーは赤色です。

IPSパネルのおかげなのかはわかりませんが、これまでレビューしたノングレア液晶のなかで一番反射が少ないかもしれません。

左側にはセキュリティロックケーブル用スロット、mini-DisplayPort出力、HDMI出力、LANポート、USB3.1、USB3.1 Type-C、スピーカー出力、マイク入力があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.1が2つ、電源端子があります。USB2.0とUSB3.0がなく、すべてUSB3.1で揃っています。次世代のゲーミングPCらしさがインターフェイスに出ています。

後ろ側にインターフェイスはありません。代わりに「OMEN」と記載されています。

OMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルの重さ

本体だけの重量は2.603kgでした。15インチのゲーミングノートPCならこれくらいの重さが多いです。

ACアダプターと電源ケーブルを含めると3.547kgです。

OMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルのベンチマークスコア

OMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
9805 11000 14310

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」の評価です。GTX1060搭載ノートだと10000に届かないことが多いです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
24889 30484 48772

PSO2ベンチマークも問題ないスコアです。最高画質でも100fps以上出る性能です。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は18050です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは19924でした。CPUの影響なのか、GTX1060搭載デスクトップよりかなり低いスコアです。GTX1060 6GB搭載デスクトップなら25000以上になります。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
3297 3208 3920

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位75%」の評価でした。最新ゲームをプレイするにはギリギリの性能です。ただ、GTX1060 3GBではなく6GBなので最新ゲームの負荷に耐えやすいです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
8619 9944 10170

3DMARK FireStrikeの評価では「上位48%のパソコン」です。Theミドルスペックって感じです。現状これくらいの性能ならほぼすべてのゲームを快適に遊べます。多少重くても画質や解像度を下げれば対応できます。

特にMOBAやFPS等では120Hz液晶の威力を発揮しやすいですから、競技性の高いゲームをノートPCでプレイしたい人には一番におすすめしたいゲーミングノートPCです。サクサク・ヌルヌルなのにコスパの良さでは他のゲーミングノートPCを圧倒しています。

OMEN 15-ce000 パフォーマンスモデルの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ