ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > G-Tune NEXTGEAR i670PA1 性能レビュー

G-Tune NEXTGEAR i670PA1 性能レビュー

Core i7-8700K + GTX1080のハイスペックモデル!

ハイスペックゲーミングPCに採用するCPUはCore i7-8700Kが一般化してきました。確かにCore i7-7700Kよりも40%くらい高性能で、ゲーム用途にも最適ですから当然の流れでしょう。

これまでCore i7-8700K搭載ゲーミングPCをいくつもレビューしてきましたが、まだGTX1080との組み合わせは試していませんでした。今回はGTX1080を搭載した「NEXTGEAR i670PA1」をレビューします。

NEXTGEAR i670PA1はこんな方におすすめ!

最新パーツ搭載のハイスペックゲーミングPCが欲しい!
約20万円で購入できるデスクトップを探している!
グラボだけでなくCPUでもフレームレートを伸ばしたい!

NEXTGEAR i670PA1のスペック

*この記事のパソコンはレンタル品です。商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-8700K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080 8GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
480GB SSD + 2TB HDD インテル Z370 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 700W 80PLUS BRONZE

NEXTGEAR i670PA1の価格と詳細はこちら

まず今回レビューするゲーミングPCは通常のNEXTGEAR i670PA1とはパーツが一部異なります。NEXTGEAR i670PA1のストレージは、本来2TB HDDだけです。一方でこのカスタマイズモデルは480GB SSDが追加されています。

2TB HDDだけのまま買う人はいないと思うので、どちらかと言えば現実的なパーツ構成になっていると思います。実際私がこのデスクトップを買うなら、やはり480GB SSDを追加します。

予算ですが480GB SSDを追加すると20,800円かかります。高いと思うかもしれませんが、SSDなしのゲーミングPCなんて使う価値がないほど遅いので必ず追加してください。予算が少ないなら240GB SSDでもOKです。

ストレージの速度

CrystalDiskMarkでSSDとHDDの速度を計測してみました。

SSDの速度

SSDは「ADATA ASU800SS-480GT-B」でシーケンシャルリードは561MB/s、シーケンシャルライトは514MB/sです。連続アクセスもランダムアクセスもかなり高速です。最新レビューしたG-TuneのゲーミングPCのなかでは最も速度が安定しているように感じました。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST2000DM006」でシーケンシャルリードは175MB/s、シーケンシャルライトは171MB/sです。

NEXTGEAR i670PA1の外観

次にNEXTGEAR i670PA1の外観や接続端子のレビューをしていきます。

正面はそのままの状態だとアクリルパネルがあるだけです。取り外すことも可能です。

上部には排気口がなく、電源ボタンやインターフェイスが配置されています。私は床置きにして使っています。机置きだと手が届きにくいですからね。

マルチカードリーダー、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、マイク入力、スピーカー出力があります。あと手間の横長なのが電源ボタンです。

正面のメッシュは三重構造になっていて、ワンプッシュで取り外せます。正常なエアフローを保つためにもたまに掃除しましょう。

左側です。ケースファンは付いていませんが空気を取り込んでくれます。

NEXTGEAR-MICRO、NEXTGEAR、MASTERPIECEのなかで唯一表配線なのがNEXTGEARです。

どのモデルもトップフローのCPUクーラーが標準選択されています。カスタマイズでサイドフローと水冷に変更できます。私ならサイドフローにします。

形状から判断すると「ELSA GeForce GTX 1080 8GB ST」です。Founders Editionと同様にシングルファンです。

マザーボードはMSI「Z370-S01」です。おそらくOEMです。拡張スロットはPCI Express ×16(x4として動作)、PCI Express ×1が3つ空いています。

3.5インチシャドウベイはあと2つ空いています。また、M.2スロットもあります。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が4つ、USB3.1が2つ、LANポート、サウンド関連があります。前回レビューした「MASTERPIECE i1630PA2-SP」と同じです。

GTX1080の映像出力端子はDVI-D、HDMI、DisplayPortが3つです。

NEXTGEAR i670PA1の温度

ベンチマークソフトを1時間以上動作させながら各パーツの温度を計測しました。

CPU(Core i7-8700K)は最大84℃、SSDは最大56℃、HDDは最大32℃、GTX1080Tiは最大82℃です。サイドフローのCPUクーラーなら80℃くらいに収まると予想しています。

NEXTGEAR i670PA1のベンチマークスコア

では最後にゲームがどれだけ快適に遊べるか、ベンチマークスコアをご紹介します。どのベンチマークソフトも1920×1080に設定しています。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
16768 17462 20876

FF14ベンチマークは16000を越えました。GTX1080Tiなら18000以上になります。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
105391 107029 156201

PSO2ベンチマークはなぜか歴代1位のスコアです。GTX1080Ti + Core i7-8700Kを越えてしまいました。いつも思いますがPSO2ベンチマークは訳が分かりません・・・。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22281でした。

MHFベンチマーク

MHFは49421です。Core i7-7700 + GTX1080だと45000くらいなのでCore i7-8700Kの素晴らしい性能の分だけ上乗せされています。最近はCPU次第でフレームレートが大きく変わります。新しいゲームをプレイしたいならCore i7-8700Kがおすすめです。

3DMARK TimeSpy

総合スコア Graphics score Physics score
7320 7276 7582

3DMARK FireStrikeの評価では「上位19%のパソコン」です。立派なハイスペックゲーミングPCです。とあるプロゲーマーがPUBGをプレイするためにGTX1080搭載デスクトップを選んだを思い出しました。ああいう重いTPSやFPSをやるならGTX1080やGTX1080Tiを選んでおきたいです。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
19081 21965 19325

3DMARK FireStrikeの評価では「上位4%のパソコン」です。Core i7-7700K + GTX1080だと総合スコアが17000ちょっとでしたからCPUの重要性がよくわかります。

ゲーミングPCの買い替えを検討してハイスペックモデルが欲しい人は、Core i7-8700Kを選んでおけば後悔しません。NEXTGEAR i670PA1はハイスペックゲーミングPCのなかではかなりコスパが良いのでおすすめです。

NEXTGEAR i670PA1の価格と詳細はこちら

G-Tuneのおすすめカスタマイズ

★G-Tune 冬のボーナス特集!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ