ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Ryzen 7 2700搭載!ドスパラ ガレリア AZ 性能レビュー

Ryzen 7 2700搭載!ドスパラ ガレリア AZ 性能レビュー

8コア16スレッドはゲームにどう影響するのか!?

最近話題になっているAMDの最新CPUシリーズ「Ryzen」。ドスパラにはRyzen 5やRyzen 7といった最新のハイスペックなCPUを搭載したゲーミングPCが揃っています。実は他のBTOメーカーにはあまりなかったりします。

今回レビューする「ガレリア AZ」はRyzenシリーズのなかでも人気なRyzen 7 2700を搭載しつつ、ハイエンドグラフィックボードのRTX2080Tiが採用された究極のゲーミングPCです。

ガレリア AZはこんな方におすすめ!

コスパの良いCPUを搭載したデスクトップが欲しい!
すべてのゲームをサクサク動かしたい!
コア数・スレッド数の多さを活かした使い方をしたい!

ガレリア AZのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Ryzen 7 2700
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080Ti 11GB 16GB PC4-21300
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD AMD B350 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ AcBel 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / PCB010)

ガレリア AZの価格と詳細はこちら

「ガレリア AZ」の製品名は”ガレリア”がドスパラのゲーミングPCシリーズを、”A”がAMD CPU搭載を、”Z”がRTX2080Ti搭載をそれぞれ意味しています。今のところAMD CPUとRTX2080Tiの組み合わせは、このガレリア AZしかないようです。

RTX2080Ti搭載ゲーミングPCといえば「ガレリア XZ」や「ガレリア ZZ」が人気です。ただしどちらも6コア・12スレッドのCPUが採用されているため、8コア・16スレッドのRyzen 7 2700とは明確な性能差があります。

ただ動作周波数に関してはINTEL CPUが圧勝しています。Core i7-8700Kが最大4.7GHz、Core i9-9900Kが最大5.0Ghzなのに対し、Ryzen 7 2700は最大
4.1GHzです。この数値の違いがゲームの動作にどう影響するかが問題です。ちなみにガレリア AZはドスパラのRTX2080Ti搭載ゲーミングPCでは最安値です。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Crucial MX500シリーズ」でシーケンシャルリードが559MB/s、シーケンシャルライトが517MB/sです。連続アクセスは完璧です。旧モデルのMX300シリーズより高速になりました。

HDDの速度

HDDは「Seagate ST2000DM005」でシーケンシャルリードが186MB/s、シーケンシャルライトが174MB/sです。

ガレリア AZの外観

次にガレリア AZの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ドスパラのゲーミングPCではスタンダードなミドルタワーケースです。

正面には一番上にDVDスーパーマルチドライブがあり、中央にUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。

上部には2つの排気口があり、初期構成では奥側にトップケースファンがついています。この辺りはガレリア XZやガレリア ZZと共通しています。

左側には2つの吸気口があります。CPUもグラフィックボードも低い温度に収まっていたのでケースファンは追加しなくて大丈夫です。

開けてみました。左下が電源ユニット、右下がストレージのシャドウベイです。

Ryzen純正CPUクーラー「Wraith Spire」です。AMDのサイトを調べてみるとRyzen 7 2700用だと書かれています。そのせいかカスタマイズでCPUクーラーの変更はできないようです。

LEDが搭載されているため電源を入れると光ります。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 2080 Ti GamingPro」です。OCモデルではありませんが、ブーストクロックが1575 MHzとなかなか高性能です。

マザーボードはAMD Ryzen CPUシリーズに対応した「ASRock AB350 Pro4」です。M.2スロットが2つ空いていて、高速SSDを簡単に追加できます。

左側です。

背面です。リアケースファンはブルーLEDファン等に変更可能です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が4つ、USB3.1が2つ、LANポート、サウンド関連があります。H270やZ270搭載モデルよりもUSB端子が豊富です。特にUSB3.1が2つあるのは次世代機っぽくて高評価です。

GeForce RTX2080Tiの映像出力端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが3つです。4つのモニターに同時出力できます。

ガレリア AZの温度

ベンチマークソフトを1時間以上動作させ続けながら、各パーツの温度を計測しました。

CPU(Ryzen 7 2700)は最大69℃、SSDは最大50℃、HDDは最大33℃、グラフィックボード(RTX2080Ti)は最大71℃でした。CPUもグラフィックボードも高性能ゲーミングPCとは思えないほど低温度です。夏場も安心ですね。

ガレリア AZのベンチマークスコア

ガレリア AZの性能をベンチマークソフトで評価しました。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
10742 13317 14699

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質以下だと最高評価の「非常に快適」になりました。なかなか良い結果のように思えますが、ガレリア XZとほとんど一緒の結果です。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
14828 15014 15631

FF14ベンチマークは大きな疑問が残る結果になりました。まずインテルCPU + RTX2080Tiなら18000以上になります。それと比べると随分と低いスコアになりました。

また、画質を下げてもスコアがあまり変わらないのも不思議です。この辺りはもうAMD CPUとの相性と言う他ありません。でもすべての設定で「非常に快適」になっているのでヌルヌル動くことは間違いありません。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
60191 60998 82044

PSO2ベンチマークも思ったよりも低いスコアになりました。RTX2080Ti + Core i9-9900Kのガレリア ZZ 9900Kは設定6で125428も出ていました。つまりガレリア AZは半分のスコアしか出ていません。このようにAMD CPUはゲームによって相性があります。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は18487です。

MHFベンチマーク

一方で抜群の相性の良さを見せたのがMHFベンチーマークです。これまでレビューしたRTX2080Ti搭載ゲーミングPCだと70000ちょっとが平均です。しかしガレリア AZは81012というとんでもなく高いスコアが出ました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
11995 13378 7566

3DMARK TimeSpyの評価は「上位4%」です。ガレリア XZと比較すると、CPUスコアが伸びている分だけ総合スコアが高くなっています。CPUに負荷がかかり、コア数・スレッド数を必要とするような最新ゲームにはぴったりです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
20417 33129 17461

3DMARK FireStrikeの評価では「上位5%のパソコン」です。これ以上ないほどハイエンドです。さらなるハイスペックを目指すならSLIしかありません。高性能CPUを搭載していることを考えると本当に激安です。

CINEBENCH R15というベンチマークソフトを使ったところ、Core i7-8700が1409、Core i7-8700Kが1418、Ryzen 7 2700が1523とやや上回る結果になりました。CPUをがっつり必要とする用途におすすめです。

ガレリア AZの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im610SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZG

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ