ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Ryzen 7 1800X搭載!ドスパラ ガレリア AZ 性能レビュー

Ryzen 7 1800X搭載!ドスパラ ガレリア AZ 性能レビュー

8コア16スレッドはゲームにどう影響するのか!?

最近話題になっているAMDの最新CPUシリーズ「Ryzen」。ドスパラにはRyzen 5やRyzen 7といった最新ながらハイスペックなCPUを搭載したゲーミングPCが揃っています。実は他のBTOメーカーにはあまりなかったりします。

今回レビューする「ガレリア AZ」はRyzenシリーズのなかでも最高峰なRyzen 7 1800Xを搭載しつつ、ハイエンドグラフィックボードのGTX1080Tiが採用された究極のゲーミングPCです。

ガレリア AZはこんな方におすすめ!

コスパの良いCPUを搭載したデスクトップが欲しい!
すべてのゲームをサクサク動かしたい!
コア数・スレッド数の多さを活かした使い方をしたい!

ガレリア AZのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Ryzen 7 1800X
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080Ti 11GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD AMD B350 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ AcBel 700W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA015)

ガレリア AZの価格と詳細はこちら

「ガレリア AZ」の製品名は”ガレリア”がドスパラのゲーミングPCシリーズを、”A”がAMD CPU搭載を、”Z”がGTX1080Ti搭載をそれぞれ意味しています。今のところAMD CPUとGTX1080Tiの組み合わせは、このガレリア AZしかないようです。

GTX1080Ti搭載ゲーミングPCといえば「ガレリア XZ」や「ガレリア ZZ」が人気です。ただしどちらも4コア・8スレッドのCPUが採用されているため、8コア・16スレッドのRyzen 7 1800Xとは明確な性能差があります。

比較的近いのは10コア・20スレッドのCore i7-6950Xを搭載した「ガレリア XZ-E」ですが、ガレリア XZ-Eは50万円もの価格ですから、その約半額で購入できるガレリア AZはとてつもなくコスパが良いとよくわかると思います。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Crucial MX300シリーズ」でシーケンシャルリードが533MB/s、シーケンシャルライトが514MB/sです。連続アクセスは完璧です。ランダムアクセスはMX300の割にはちょっと遅い印象です。

HDDの速度

HDDはシーケンシャルリードが201MB/s、シーケンシャルライトが194MB/sです。

ガレリア AZの外観

次にガレリア AZの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ドスパラのゲーミングPCではスタンダードなミドルタワーケースです。

正面には一番上にDVDスーパーマルチドライブがあり、中央にUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。

上部には2つの排気口があり、初期構成では奥側にトップケースファンがついています。この辺りはガレリア XZやガレリア ZZと共通しています。

左側には2つの吸気口があります。CPUの温度がやや高くなっていたので、上にだけケースファンを追加するのもいいでしょう。

開けてみました。左下が電源ユニット、右下がストレージのシャドウベイです。

Ryzen純正CPUクーラー最上位「Wraith Max」です。カスタマイズでCPUクーラーの変更はできないようです。

GeForce GTX1080Ti Founders Editionです。

マザーボードはAMD Ryzen CPUシリーズに対応した「PRIME B350-PLUS」です。ダークレッドな色合いが格好良いです。M.2 x4スロットが1つ空いています。

電源を入れるとCPUファンの周りが赤く光ります。AMDの文字も白く光ってますね。

左側です。

背面です。リアケースファンは山洋製の静音ファンや、ブルーLEDファン等に変更可能です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が4つ、USB3.1が2つ、LANポート、サウンド関連があります。H270やZ270搭載モデルよりもUSB端子が豊富です。特にUSB3.1が2つあるのは次世代機っぽくて高評価です。

GeForce GTX1080Tiの映像出力端子はHDMI、DisplayPortが3つです。

DVIケーブルしか持っていない人は、同梱されているDVI => DisplayPort変換アダプターを使えば大丈夫です。

ガレリア AZの温度

ベンチマークソフトを1時間以上動作させ続けながら、各パーツの温度を計測しました。

CPU(Ryzen 7 1800X)は最大85℃、HDDは最大38℃、SSDは最大38℃、グラフィックボード(GTX1080Ti)は最大84℃でした。Ryzen 7 1800Xが思ったよりも高温になりましたが、本当に一時的ですぐに温度が下がっていったので特に問題はないでしょう。

ガレリア AZのベンチマークスコア

ガレリア AZの性能をベンチマークソフトで評価しました。

FF14ベンチマーク

DX11 最高品質 DX11 高品質
17096 16880
DX11 標準品質 DX9 最高品質
18755 16262

FF14ベンチマークは大きな疑問が残る結果になりました。まずインテルCPU + GTX1080TiならDirectX11 最高品質設定で20000以上になります。それと比べると随分と低いスコアになりました。

また、最高品質よりも高品質のほうがスコアが下がっていますし、DirectX11よりもDirectX9のほうが低いスコアなのも不思議です。この辺りはもうAMD CPUとの相性と言う他ありません。

でもすべての設定で「非常に快適」になっているのでヌルヌル動くことは間違いありません(7000以上なら「非常に快適」の評価)。ちなみに紅蓮のリベレーターベンチマークは最高品質で14402でした。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
45582 46816 61523

PSO2ベンチマークも思ったよりも低いスコアになりました。いえ、十分高いのですがGTX1080Tiなら設定6で60000以上になると予想していました。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は16556です。うーん、やはり相性がありそうです。

MHFベンチマーク

一方で抜群の相性の良さを見せたのがMHFベンチーマークです。これまでレビューしたGTX1080Ti搭載ゲーミングPCだと60000ちょっとが平均です。しかしガレリア AZは70527というとんでもなく高いスコアが出ました。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
8948 9176 7845

3DMARK TimeSpyの評価は「上位8%」です。ガレリア ZZと比較すると、CPUスコアが伸びている分だけ総合スコアが高くなっています。CPUに負荷がかかり、コア数・スレッド数を必要とするような最新ゲームにはぴったりです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
19958 26929 18683

3DMARK FireStrikeの評価では「上位3%のパソコン」です。これ以上ないほどハイエンドです。さらなるハイスペックを目指すならSLIしかありません。高性能CPUを搭載していることを考えると本当に激安です。

CINEBENCH R15というベンチマークソフトを使ったところ、Core i7-7700が875、Core i7-7700Kが965、Ryzen 7 1800Xが1615という圧倒的ぶっちぎりなスコアを叩き出したので、CPUをがっつり使う人におすすめです。

ガレリア AZの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ