ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > 初心者向けゲーミングPCの選び方 > ゲーミングPCの買い替えに!グラボなしのハイスペックBTOパソコン

ゲーミングPCの買い替えに!グラボなしのハイスペックBTOパソコン

ゲーミングPCを買い換える時、「グラフィックボードはそのまま使いたい」と思う人はたくさんいます。というのも、ゲーミングPCを購入して数年後にグラフィックボードを交換する人が多いからです。

そしてグラフィックボードの性能は十分だけれども、CPUの性能がボトルネックになってゲームが重くなってしまいます。このような場合はグラボなしのハイスペックBTOパソコンを購入するのがおすすめです。

グラボなしのパーツ構成案

今まで使っていたゲーミングPCからどのパーツを移行するかをまず考えましょう。大抵の場合は以下のパーツが候補に上がります。

  • グラフィックボード
  • メモリ
  • SSD
  • HDD

比較的簡単に増設、交換できるのはこれらのパーツです。グラフィックボードはとても簡単ですね。新しいBTOパソコンに移行すれば、CPUが高性能になった分だけ、以前よりも性能を発揮しやすくなるでしょう。

メモリは移行をおすすめしません。なぜならマザーボード(チップセット)によってメモリの互換性が変わるからです。おそらくあなたが現在使っているゲーミングPCに搭載されているメモリはDDR3です。でも新しく買うBTOパソコンはDDR4で、ほとんどのマザーボードで互換性がありません。使おうと思ってもそもそも挿さらないので、きちんとDDR4 16GBのメモリを搭載した構成にしましょう。

SSDもあまりおすすめしません。SSDには書き込み回数という明確な寿命があります。もちろん書き込み回数は非常に多く、すぐに寿命になることはありえませんが、それでも新しいSSDのほうが容量が多かったり高速だったりと高品質です。

またSSDにOSがインストールされて届くわけですから、SSDなしのBTOパソコンを買ってしまうとかなり面倒です。SSD + HDDの構成を選んでおいて、古いパソコンからデータ用SSDとして移行するのはアリです。

HDDはデータ用でしょうから是非そのまま使いましょう。

私ならグラフィックボードだけ非搭載にして、それ以外は全部刷新します。そのほうが長く使えますし、性能も上がりますからね。

電源ユニットに要注意

グラボなしのBTOパソコンは絶対に電源ユニットの容量が少ないです。だからそのまま購入してグラボを挿しても、グラボは動作しなかったり本来の半分程度の性能しか出なかったりするので注意が必要です。

メモリやストレージのカスタマイズよりもまず先に電源ユニットの選択肢を確認してください。ミドルスペックなら500W、ハイスペックなら700Wは必要です。私なら数年後にハイスペックグラボに買い換えることを考えて750Wや850Wにします。

グラボなしのおすすめBTOパソコン

実はグラボなしのハイスペックBTOパソコンを探すのは大変です。なぜならハイスペックPCにはほぼ確実にグラボが搭載されているからです。でも最近やっと買い替えにぴったりなBTOパソコンが登場したのでご紹介します。

ドスパラ 「Monarch-X ZK」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700K
  • メモリ:8GB
  • グラボ:なし
  • 容量:250GB SSD

ゲーミングPCの買い替えのために考案されたグラボなしのBTOパソコンです。第八世代のメインストリームであるCore i7-8700Kを搭載していて、さらに欲しいところをきっちり抑えています。HDDの引っ越しを前提にして250GB SSDしか搭載していないのも高評価です。

私ならメモリ16GB、500GB SSD + 2TB HDDとかにしちゃいますけどね。この辺りはお好みで。あとは電源ユニットを700Wに変更すれば完璧です。普通にゲーミングPCを買うより遥かに安いのでとてもおすすめです。


パソコン工房 「STYLE-R037-i7K-UH」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700K
  • メモリ:8GB
  • グラボ:なし
  • 容量:1TB HDD

パソコン工房にもドスパラと似たようなBTOパソコンがあります。Core i7-8700K搭載なのは一緒で、HDD搭載なのが違います。コスパで判断するならドスパラのほうが安いです。

しかしパソコン工房のメリットとして電源ユニットの多さがあります。500W、700W、850Wと自分に合った電源ユニットを選べます。ハイスペックゲーミングPCにしたい人におすすめです。


サイコム 「G-Master Spear Z370」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700K 等
  • メモリ:8~64GB
  • グラボ:なし
  • 容量:いろいろ

細かくカスタマイズするならサイコムです。サイコムならどのBTOパソコンもグラボなしにできます。ただ、買い替えを考えるなら最新のZ370チップセットをベースにするのがおすすめです。

サイコムが完璧なように思えますが非常に高額です。冗談抜きでドスパラの2倍くらいの価格になってしまいます。コスパ度外視で品質やカスタマイズ性を優先する人だけ選べばいいと思います。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ