ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > Warhammer: End Times – Vermintideのグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

Warhammer: End Times – Vermintideのグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

「ファンタジー版L4D2」と称されるWarhammer: End Times – Vermintideは4人プレイ可能なCOOPアクションゲームです。少しプレイしてみましたが、本当にL4D2そのまんまですね。でも世界観やキャラクターの特性などが違うので結構楽しめます。

さらに大きな違いは重さです。L4D2よりも圧倒的に重いのです。Warhammer: End Times – Vermintideを高画質でプレイしたいならそれなりのスペックのゲーミングPCが必要不可欠です。ではどれくらいのスペックが必要なのか検証してみます。

Warhammer: End Times – Vermintide推奨スペック

SteamにWarhammer: End Times – Vermintide推奨スペックが掲載されていたのでご紹介します。

OS Windows 7/8/8.1/10 64bit
CPU Intel Core i7-4790K(4.00GHz)
メモリ 8GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX780(3GB)

本当に最近のPCゲームはどれも推奨スペックが高いですね。メモリは8GBなのでいいですが、問題はCPUとグラフィックボードです。CPUはCore i7で動作周波数が4.0GHzです。これは異常に高いハードルです。さすがにCPUは多少妥協しても良いと思います。

グラフィックボードはGTX780なので、GTX900シリーズだとGTX970が該当します。GTX960だと性能もビデオメモリも足りません。GTX970なら性能はGTX780より若干上で、ビデオメモリは4GBなので安心です。

Warhammer: End Times – Vermintideのfpsを計測

Warhammer: End Times – Vermintideを快適にプレイするためにはハイスペックゲーミングPCが必要なのか実際にフレームレートを検証してみました。グラフィックボードはGTX960、GTX970、GTX980、GTX980Tiを用意しました。CPUはCore i7-4790なので定格クロックだと推奨スペックにちょっとだけ足りませんが、ターボブースト時は4.0GHzなので多分大丈夫です。メモリは16GBです。

グラフィック設定

Warhammer: End Times – Vermintideのグラフィック設定はとてもシンプルです。解像度を1920×1080にして、あとは「Quality」を変更するだけです。

Warhammer: End Times – Vermintideはグラフィック設定の幅が広く、Extreme、High、Medium、Low、Lowestの5種類から選べます。Lowestは軽くなりますが建造物やキャラクターのテクスチャがペラペラになって酷いのでおすすめしません。

Warhammer: End Times – Vermintideフレームレート比較表

グラボ 画質設定 フレームレート
GTX960 Extreme 48 fps
High 56 fps
Medium 76 fps
Low 91 fps
Lowest 108 fps
GTX970 Extreme 79 fps
High 90 fps
Medium 114 fps
Low 117 fps
Lowest 139 fps
GTX980 Extreme 92 fps
High 109 fps
Medium 127 fps
Low 130 fps
Lowest 146 fps
GTX980Ti Extreme 101 fps
High 116 fps
Medium 124 fps
Low 127 fps
Lowest 148 fps

重いことは重いですが推奨スペックの印象とはちょっと違います。60fps以上出すだけならGTX960のMedium画質で問題ないと思います。ただ逆にどのグラボを使ってもExtreme画質で144fps以上というのは無理でした。Warhammer: End Times – Vermintideの場合、ハイエンドなグラフィックボードを使っても劇的にフレームレートが伸びるわけではありません。

ちなみに画像の場所で固定でfpsを計測したので、実プレイではfpsが変動します。上下20%動くイメージです。100fpsなら80~120fpsだと思ってください。ただしもっと重いマップもあるはずです。そう考えるとGTX970かGTX980を選んだほうが快適にプレイできそうです。

グラフにしてみるとGTX980とGTX980Tiの差がほとんどないように見えます。GTX960とGTX970の差は大きいので、やはりGTX970かGTX980がおすすめです。

Warhammer: End Times – VermintideにおすすめのゲーミングPC

以上の調査からWarhammer: End Times – VermintideにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

ドスパラ 「ガレリア ZF」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1070 8GB
  • 容量:256GB SSD + 2TB HDD

ドスパラ 「ガレリア ZG」

  • OS:Windows7/10
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1080 8GB
  • 容量:512GB SSD + 2TB HDD

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ