ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > Just Cause 3推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

Just Cause 3推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

Just Cause 3で60fps以上出すためのグラボと設定

Just Causeシリーズを初めてプレイしました。こんなに移動やアクションが爽快なゲームだとは知りませんでした。しかし最新ゲームらしく妙に重いのが気になります。画質を上げてしまうと古い世代のグラボでは60fpsなんて全然出ません。

Just Cause 3みたいにアクション性の高いゲームはカクカクすると酔いやすいですし、爽快感が失われてしまいます。ではどういうグラボならどの画質で60fps以上出せるのでしょうか。手持ちのグラボを使ってJust Cause 3がどれくらい重いのか検証してみました。

Just Cause 3推奨スペック

steamに掲載されているJust Cause 3推奨スペックをご紹介します。最低動作環境の情報もありましたが、確実にスペック不足なので推奨スペック以上のゲーミングPCでプレイすることをおすすめします。

OS Windows Vista/7/8.1 64bit
CPU Intel Core i7-3770, 3.4 GHz
メモリ 8GB
グラフィックボード GeForce GTX 780 (3GB)

実に最近のPCゲームらしい推奨スペックです。CPUもメモリもグラボもかなりのハイスペックを求めています。特にグラフィックボードが凄まじいですね。最新のGTX900シリーズに換算するとGTX970以上です。Just Cause 3が重いと評価されるのも仕方がありません。

Just Cause 3のfpsを計測

GTX780が推奨されているとしても、Just Cause 3は画質を変更できます。低画質ならもっと低いスペックで遊べるのではないでしょうか。逆に最高画質ならGTX970でも60fps以上出せないのではないでしょうか。

このような疑問を解消するためにJust Cause 3のフレームレートを計測してみました。計測場所は上のスクリーンショットです。毎回そこまで行くのがなかなか面倒でした。使用したゲーミングPCのスペックはCPUがCore i7-4790(定格3.6GHz)、メモリが16GB(PC3-12800)です。Just Cause 3推奨スペックをしっかりクリアしています。

グラフィックボードはGTX960、GTX970、GTX980、GTX980Tiの4種類です。

グラフィック設定

Just Cause 3はグラフィック設定を一括で変更することができません。そのため「TEXTURE QUALITY」「WATER DETAIL」「LOD FACTOR」「SHADOW QUALITY」の4項目をVery High、High、Medium、Lowにそれぞれ変更しました。解像度は1920×1080固定です。

Just Cause 3のfps比較表

グラボ 画質設定 フレームレート
GTX960 Very High 36fps
High 50fps
Medium 59fps
Low 60fps
GTX970 Very High 60fps
High 81fps
Medium 92fps
Low 95fps
GTX980 Very High 70fps
High 94fps
Medium 109fps
Low 110fps
GTX980Ti Very High 79fps
High 98fps
Medium 116fps
Low 119fps

GTX970+Very Highの組み合わせで60fps出ています。ほぼ推奨スペック通りのゲーミングPCで最高画質を快適に遊べるとは思いませんでした。大抵のゲームは推奨スペックだと全然足りませんからね。Just Cause 3は非常に親切な作りになっています。

もう少し深く見ていくと、MediumとLowの差がほとんどありません。そしてMediumならGTX960でもなんとか大丈夫そうです。つまり画質設定にさえ気をつければミドルスペックでもJust Cause 3をプレイできます。

60fpsではなく120fps、144fps以上で遊ぶのは無理そうです。GTX980Ti+Lowの組み合わせでも119fpsです。ただ、リフレッシュレートの設定で100Hzにして100fpsのヌルヌルを堪能することはできます。この場合はGTX980でMedium画質が良いでしょう。

グラフで見てみると、やはりGTX970かGTX980がJust Cause 3にぴったりなグラボだと思います。

Just Cause 3におすすめのゲーミングPC

選ぶべきグラボが決定したので、次はJust Cause 3におすすめのゲーミングPCをご紹介します。過去にレビューした経験からJust Cause 3推奨PCに相応しいコスパの良いゲーミングPCを厳選してみます。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

Just Cause 3推奨スペックに最も近い性能のデスクトップゲーミングPCです。Just Cause 3推奨PCと言っても過言ではありません。ガレリア XTはドスパラの人気ランキングで上位にいる評価の高いゲーミングPCです。


ドスパラ 「ガレリア ZF」

  • OS:Windows7/10
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1070 8GB
  • 容量:256GB SSD + 2TB HDD

Just Cause 3以外の最新ゲームもやるならGTX1070のほうがおすすめです。実際、GTX1070じゃないとかなり厳しいゲームがどんどん増えていますからね。メモリ量も16GBあったほうがいいですし、SSDは必須です。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ