ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > FF15推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

FF15推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

PC版(Windows版)FF15のベンチマークソフトが公開されました。FF15はグラフィックが綺麗だからこそ高画質プレイが可能なPC版でプレイしたい人が大勢います。私だってそうです。画質が抑えられたPS4版よりも高画質なPC版でプレイしたほうが絶対に楽しいです。

でもFF15を最高画質でプレイしたらどれほど重くなるのでしょうか。間違いなく最高峰の重さになるはずです。そこで推奨スペック、グラボ別ベンチマークのデータを参考に、FF15におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

FF15推奨スペック

まず最初に公式サイトに掲載されているFF15推奨スペックを確認してみましょう。

1920 x 1080

OS Windows 7/8.1/10 64bit
CPU Core i7-3770(3.4GHz以上)
メモリ 16GB
グラフィックボード GeForce GTX1060 6GB

これは1920×1080のフルHDでプレイするための推奨スペックです。CPUは4コア・8スレッド以上、メモリは16GBと最新ゲームらしい動作環境です。ただ、GTX1060 6GBは前代未聞です。一番重い最新FPSでもGTX1060 3GBが推奨スペックになっているため、PC版FF15が最強に重いことがわかります。

3840 x 2160

ちなみに4Kの解像度でプレイしたい場合は以下の推奨スペックを参考にしてください。

OS Windows 10 64bit
CPU Core i7-7700(3.6GHz以上)
メモリ 16GB
グラフィックボード GeForce GTX1080Ti 11GB

4Kなら現状のハイエンドゲーミングPCが必要です。少なくとも20万円の予算は必要です。とはいえ実際にはこれでもまだまだ重いです。Core i7-8700K + メモリ16GB + GTX1080Tiでもカクカクします。4Kで快適にプレイしたいならGTX1080Ti SLIがおすすめです。

FF15のグラボ別ベンチマーク

ありがたいところにFF15専用のベンチマークソフトが用意されています。快適かどうかの評価もしてくれるのでFF15ベンチマークを計測するのが手っ取り早いです。

解像度は1280×720、1920×1080、3840×2160、画質設定は軽量品質、標準品質、高品質の3種類です。

ベンチマーク計測に使用したゲーミングPCのスペックは以下のとおりです。

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Core i7-8700K
メモリ 16GB PC4-21300
グラフィックボード GTX1060 6GB、GTX1070 8GB、GTX1070Ti 8GB、GTX1080 8GB、GTX1080Ti 11GB、RTX2080 8GB

高品質

グラボ 評価 ベンチマークスコア
RTX2080Ti とても快適
11686
RTX2080 とても快適
9870
RTX2070 快適
8745
GTX1080Ti 快適
8297
GTX1080 快適
7372
GTX1070Ti 快適
6757
GTX1070 やや快適
5927
GTX1060 普通
4439

RTX2080でも最高画質設定にしてしまうと上から2番目の評価しか得られません。FF15はとてつもなく重いですね・・・。GTX1080Ti以下だと60fpsを維持できていません。もしも高品質設定で60fpsを維持したいならRTX2080かRTX2080Tiにするしかありません。最新世代の高性能グラボを選ぶのがおすすめです。

標準品質

グラボ 評価 ベンチマークスコア
RTX2080Ti 非常に快適
15245
RTX2080 非常に快適
13269
RTX2070 非常に快適
12027
GTX1080Ti とても快適
10936
GTX1080 とても快適
9701
GTX1070Ti とても快適
9134
GTX1070 快適
8359
GTX1060 快適
6226

中画質である標準品質に下げたらRTX2080は最高評価の「非常に快適」に、GTX1070Ti以上なら上から2番目の「とても快適」の評価になりました。「とても快適」ならフレームレートに違和感を覚えないくらいサクサクです。この辺りが現実的に目指せるスペックでしょう。

軽量品質

グラボ 評価 ベンチマークスコア
RTX2080Ti 非常に快適
18097
RTX2080 非常に快適
16041
RTX2070 非常に快適
14917
GTX1080Ti 非常に快適
13371
GTX1080 とても快適
11830
GTX1070Ti とても快適
11650
GTX1070 とても快適
10732
GTX1060 快適
8255

軽量品質ならさらに軽くなります。GTX1080Tiでやっと最高評価の「非常に快適」になりました。「とても快適」でいいならGTX1070で大丈夫です。しかしFF15推奨スペックのGTX1060 6GBではカクカクしていたので、公式発表の動作環境は全然参考になりませんね。

高画質でプレイしたいならRTX2080かRTX2080Ti、標準画質でそこそこ快適にするならGTX1070Tiがおすすめです。CPUはCore i7-8700かCore i7-8700K、メモリは16Bで決まりですね。

余談ですがGTX1080Tiでも解像度を4Kにすると以下のスコアしか出ません。

PC版FF15におすすめのゲーミングPC

FF15ベンチマークの結果を基準にするなら以下のゲーミングPCがおすすめです。FF15の戦闘は動きが激しいため、スペックが足りないとまともにプレイできなくて面白くありません。ある程度スペックに余裕をもたせることをおすすめします。

ドスパラ 「ガレリア ZG」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce RTX2080 8GB
  • 容量:500GB SSD + 3TB HDD

大本命はRTX2080搭載ゲーミングPCです。ドスパラで大人気のハイエンドデスクトップで、最新ゲームをプレイしたい人みんなが選んでいます。今回私がベンチマークしたゲーミングPCとほとんど同じスペックなので本当におすすめです。


G-Tune 「NEXTGEAR i680SA1-GPB」

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700K
  • メモリ:16GB PC4-19200
  • グラボ:GeForce GTX1070Ti 8GB
  • 容量:480GB SSD + 3TB HDD

RTX2080を買う予算がないならGTX1070Tiがベストです。GTX1070Ti搭載ゲーミングPCでも標準画質でなら楽しくプレイできます。このゲーミングPCはG-Tuneと当サイトのコラボモデルで通常よりかなり安くなっていておすすめです。


ドスパラ 「ガレリア ZZ 9900K」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i9-9900K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce RTX2080Ti 11GB
  • 容量:500GB NVMe M.2 SSD + 3TB HDD

「FF15を最高画質でサクサクに!」「FF15を4Kでプレイしたい!」と思うならこのゲーミングPCしかありません。Core i9-9900K + RTX2080Tiのおかげで、FF15ベンチマークの最高画質で唯一「非常に快適」を獲得しました。すべてのゲームを滑らかに動作させる性能を持っているのでおすすめです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ