ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > すべてが高性能!ドスパラ ガレリア ZF 性能レビュー

すべてが高性能!ドスパラ ガレリア ZF 性能レビュー

少し前にGeForce GTX1070を搭載したガレリア XFをレビューしました。GTX1070なのは素晴らしいのですが、初期構成だとCPUやメモリは標準的でSSDが搭載されていません。普段使いを重視するなら是非強化したい部分です。

そんな要望を叶えてくれるのが今回レビューするガレリア ZFです。各パーツが強化されて、SSDが追加されたことでどんな変化が出たのか、ベンチマークソフトで検証してみました。

ガレリア ZFはこんな方におすすめ!

最新ゲームを最高画質で遊べるゲームPCが欲しい!
普段使いの快適性も重視したい!
最新グラフィックボードを使ってみたい!

ガレリア ZFのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1070 8GB 16GB
HDD チップセット
256GB SSD + 2TB HDD インテル Z170 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 500W 静音電源(80PLUS BRONZE)

ガレリア ZFの価格と詳細はこちら

ガレリア XFとガレリア ZFの違いは、「CPU、メモリ、SSD、マザーボード、電源」です。グラフィックボードが同じだけで他は結構違います。ちなみにCore i7-6700Kと16GBメモリの組み合わせはおすすめです。

ただ、ガレリア XFはキャンペーンでメモリが16GB、250GB SSD追加になっていることが多いです。一方ガレリア ZFはメモリが16GBのこともあれば32GBになることもあって、SSDは256GBや512GBだったり、超高速なNVMe M.2 SSDだったりと時期によって変わります。

となるといつでも必ず違いがあるのはCPUの性能、チップセット、SSDの容量か速度辺りです。

ちなみにSSDは書き込み・読み込みの速度の優秀さばかりが注目されていますが、それ以上に重要だと思うのが寿命です。とある機関の実験によると「毎日10GBのデータ書き換えを行っても約190年以上使える」ことが実証されています。

ストレージの速度

今回ガレリア ZFをレビューした時にはキャンペーンでSATA SSDがNVMe M.2 SSDに無料アップグレードされていました。そのSSDとHDDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDはシーケンシャルリードは2249MB/s、シーケンシャルライトは1260MB/sです。NVMe M.2 SSDなので非常に高速です。

HDDの速度

HDDはシーケンシャルリードが197MB/s、シーケンシャルライトも197MB/sです。

ガレリア ZFの外観

次にガレリア ZFの外観や接続端子のレビューをしていきます。

私にとっては見慣れたドスパラのデスクトップゲームPCです。大きさは幅207 x 奥行き520.7 x 高さ450.2 mmです。重量は約13.9kgです。デスクトップとしては平均的なサイズでしょうか。

DVDドライブが搭載されています。注文時のカスタマイズでブルーレイドライブに変更することも可能です。

正面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンです。

上部には排気口が2つあります。

よく見ると奥の通気口の中にだけファンが搭載されています。

左側には吸気口が2つあります。CPUとグラフィックボードの辺りですね。上部と左側の通気口にはカスタマイズでケースファンを追加できます。CPUやグラフィックボードの温度を低く保つためにケースファンの追加はおすすめです。

ガレリア ZFの内部はこんな感じです。

CPUはファンとヒートシンクが横向きです。高性能なCPUだと横向きにしていることが多いように思います。

グラフィックボードのGeForce GTX1070は安定のPalit製です。ちなみにHDDは東芝製でした。

拡張スロットはPCI Express x16が1つ、PCI Express x1が2つ空いています。ただ、GTX1070が分厚いため、カードによっては挿せない可能性があります。

右側はCPUの裏側辺りに通気口があります。

背面はケースファンが1つあります。

マザーボードの接続端子はPS2、USB3.0が6個、LANポート、サウンド関連です。ついにUSB2.0端子がないゲーミングPCの登場です。USB3.0のほうが高速なので当然の流れでしょう。

GTX1070のインターフェイスはDVI、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア ZFのベンチマークスコア

ガレリア ZFが本当にハイスペックなゲーミングPCなのか性能を計測してみました。ベンチマークソフトはFF14、PSO2、ドラクエ10、MHF、3DMARK FireStrikeを使用しました。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
17748 19104 25404
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
20087 20735 26104

FF14ベンチマークは一番重い設定でも「非常に快適」基準値の2倍以上です。どれもガレリア XFより高いスコアになりました。1920×1080の解像度に設定しましたが、もっと高い解像度にしてもFF14を快適に遊べるはずです。

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質) 設定1(低画質)
80863 92952 121148 161272

PSO2ベンチマークはGTX1080クラスのスコアになりました。なんとガレリア XFより2倍くらい高いスコアです。メモリ容量が多いせいか、あるいはCPUが高性能なおかげでしょう。

ドラクエ10は21433です。

MHFは36782でした。GTX1070搭載ゲーミングPCの平均値を上回りました。

3DMARKの評価では「上位8%のパソコン」です。とにかくハイスペックです。こんな高速で使い勝手の良いデスクトップゲーミングPCが20万円以内なのですから、本当に良い時代だとしみじみ思います。

最新ゲームを遊びたい人や普段使いを快適にしたい人には最強におすすめなゲーミングPCです。拡張性やカスタマイズ性が高いのもメリットですね。

ガレリア ZFの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ