ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア VR WEAR HG 性能レビュー

ドスパラ ガレリア VR WEAR HG 性能レビュー

VRに最適なバッグ型PCが便利すぎる!

私はOculus RiftとHTC Viveを持っています。どちらも普通のデスクトップゲーミングPCと接続して遊んでいるのですが、どうにもケーブルが邪魔だと感じます。VRデバイスとPCを接続しているケーブルが顔にぺちぺち当たったりしますし、ケーブルのせいで行動が制限されたりします。

また、立ってプレイする場合、ケーブルに引っかかって転ぶのではないかという恐怖も感じます。そんな悩みを解説するのがバッグ型のゲーミングPCです。少し前にドスパラから「ガレリア VR WEAR HG」というモデルが出たのでレビューします。製品名からわかるようにVRのためのゲーミングPCです。

ガレリア VR WEAR HGはこんな方におすすめ!

VRゲームを快適に遊べるゲーミングPCが欲しい!
VRも遊ぶけど、普通のゲーミングPCとしても使いたい!
VRゲームは立ってプレイしたい!

ガレリア VR WEAR HGのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7820HK
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1070 8GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
512GB NVMe SSD インテル CM238 チップセット
光学ドライブ 電源
なし ACアダプター&バッテリー2個

ガレリア VR WEAR HGの価格と詳細はこちら

CPUやチップセットからわかるように中身はゲーミングノートPCです。ゲーミングノートPCの液晶モニターがないバージョンだと思ってください。でもPascalからはデスクトップ用グラフィックボードとノート用グラフィックボードの性能差がほとんどなくなったので、グラフィック性能に関してはGTX1070搭載デスクトップとほとんど同等です。

メモリはしっかり16GBです。今なら16GBあればすべてのPCゲームが快適に遊べます。特にVRゲームは重いですからメモリ16GBになっているのはありがたいです。一方で光学ドライブはありません。DVDやBDを使いたいなら外付け光学ドライブを用意しましょう。

ストレージは512GB SSDのみです。HDDが入っていないのは内部スペースのせいなのか、軽量化のためなのか、その理由は不明です。もしももっと容量が欲しい場合はカスタマイズ画面でHDDを追加しましょう。

ストレージの速度

SSDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「サムスン SM961 MZVKW512HMJP」でシーケンシャルリードが3487MB/s、シーケンシャルライトが1631MB/sです。これ最速レベルのSSDなのではないでしょうか。一般的なSATA SSDだと500MB/sですから約6倍です。ノート用HDDに比べたら約34倍も高速です。

CPUもそうですが随分と良いパーツを採用している印象です。

ガレリア VR WEAR HGの外観

次にガレリア VR WEAR HGの外観や接続端子のレビューをしていきます。

両側が取り外し可能のバッテリーです。基本的にはACアダプターで充電し、ACアダプターを取り外してVRゲームを遊びます。この写真の中央上にあるのが電源ボタンです。

下部にはACアダプターの接続端子があります。

上部にはマイク入力、スピーカー出力、HTC Vive専用電源出力、HDMI出力、USB3.0が4つ、Thunderbolt3、mini-DisplayPort出力があります。どうやらLANポートはありません。「IEEE802.11 ac/a/b/g/n Bluetooth 4.0」の無線LANに対応しています。

左右にはベルトを着脱するための部位があります。

裏側です。普通のデスクトップゲーミングPCとしても使えるので、小型なタイプが欲しい方には良い選択肢だと思います。

バッグ型PCとして使うためのベルトです。

4箇所ガチャリと接続します。しっかり固定されて動き回っても安定感があります。

ガレリア VR WEAR HGの重さ

重量を計測してみたところ3.212kgでした。15インチゲーミングノートPCと17インチゲーミングノートPCの中間くらいの重さです。

ACアダプターとケーブルを含めると4.061kgでした。ACアダプターを接続した状態で背負うことはないので、約3kgだと覚えておきましょう。

実際に背負ってみました

ガレリア VR WEAR HGを背負った様子です。かなりぴっちりしているように見えますね。でももっと緩めることも可能です。

背負った感想としては非常に軽くて驚きました。そりゃゲーミングノートPCを背負っているようなものですから軽くて当然なのでしょうけど、バッグ型PCに抱いていた印象が「デスクトップを背負うなんでどう考えても重いでしょ」というものだったので、余計に軽さに感動しました。ケーブルも一切邪魔になりませんし、これなら楽々動き回れます。

後ろから見た様子です。

横から見た様子です。やはり小型ですね。

ガレリア VR WEAR HGのベンチマークスコア

あとは「VRゲームを快適に遊べる性能なのか」が問題です。各種ゲーム用ベンチマークソフトで性能を検証しました。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
13519 14081 16797

FF14ベンチマークはGTX1070搭載デスクトップとほぼ同等のスコアが出ました。小型でも性能に問題はまったくありません。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
51391 57536 71860

PSO2ベンチマークは最高画質の設定でも50000を越えました。GTX1070が優秀というのもありますが、メモリ16GBも効いています。もうこの時点でほぼすべてのゲームを快適に遊べることがわかりました。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は19287です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは34114でした。GTX1070搭載デスクトップだと35000~36500なことが多いです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5124 5272 4423

3DMARK TimeSpyはDirectX12の最新ゲームが遊べるかどうかがわかります。このスコアなら問題ないでしょう。VR専用PCみたいに思えますが、実は汎用性の高いゲーミングPCです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
13237 16103 11276

3DMARK FireStrikeだと約10000がVR推奨スペックのラインです。もちろんVRゲームもタイトルによって重さが異なるので、性能にある程度余裕を持たせたほうがいいです。そういう意味ではVR用ゲーミングPCとしては一番ちょうどいい性能ではないでしょうか。

VRゲームをがっつり遊びたいなら最強におすすめです。動き回りやすさが全然違いますよ、ホント。この記事を書いている時点ではセールで半額以下になっていたので、以下のリンクから最新価格をチェックしてみてください。

ガレリア VR WEAR HGの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ