ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > レインボーシックスシージ推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

レインボーシックスシージ推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

壁を補強、破壊、ラジコンで偵察・・・とこれまでのFPSとは違った斬新な駆け引きが楽しめるのがレインボーシックスシージ(Rainbow Six Siege、R6S)です。steamのプレイヤー数ランキングで上位に入っていることからもわかるように、日本でも大人気のFPSです。

最近レインボーシックスシージのプレイヤーが増えているようなので、どれくらいのスペックのゲーミングPCを使えばレインボーシックスシージを快適に遊べるのか調べてみました。

レインボーシックスシージ推奨スペック

最低動作環境を知ってもあまり意味がないので、steamに掲載されているレインボーシックスシージ推奨スペックだけご紹介します。

OS Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10 64bit
CPU Intel Core i5-2500K @ 3.3 GHz 以上
メモリ 8GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX670(あるいはGTX760、GTX960)以上

OSとメモリは問題ないので、CPUとグラフィックボードに注目します。CPUで指定されているCore i5-2500Kは4コア・4スレッド、定格3.3GHz・最大3.7GHzです。この数値だけ見るとCore i5-7400では足りません。Core i5-7500以上がおすすめです。8スレッド使用していたのでCore i7-7700のほうが良い気がします。

グラフィックボードはGTX960以上です。GTX960の3DMARK FireStrikeのグラフィックスコアは7359です。これまで私がレビューやベンチマークをした経験ではGTX1050Tiでほぼ同等、GTX1060なら余裕といった感じです。

ただ、レインボーシックスシージ推奨スペックは60fps出すためのパーツ構成を示しているに過ぎません。私はどのFPSも144fps以上でプレイしたいので、もしも私がレインボーシックスシージ用ゲーミングPCを買うならもっとハイスペックにします。

レインボーシックスシージのfpsを計測(ベンチマーク)

レインボーシックスシージはどれくらい重いのでしょうか。推奨スペックだけ見てもわからないので、実際にプレイしてグラボ別にベンチマークをしてみました。

レインボーシックスシージのグラフィック設定

グラフィック設定は上記のとおりです(ディスプレイ設定画面は省略)。解像度は1920×1080、V-SYNCはオフ、グラフィック設定は総合品質を最高にしました。

ベンチマークに使用したゲーミングPCはCPUがCore i7-4790、メモリが16GB、グラフィックボードはGTX1060 6GB、GTX1070、GTX1080、GTX1080Tiの4種類です。

レインボーシックスシージのfps比較表

グラボ 最低fps 平均fps 最大fps
GTX1060 6GB 103 123 142
GTX1070 141 164 195
GTX1080 160 184 198
GTX1080Ti 166 190 226

グラフにすると以下のとおりです。

グラボ VRAM フレームレート
GTX1080Ti 11GB
190
GTX1080 8GB
184
GTX1070 8GB
164
GTX1060 6GB
123

最高画質で144fps以上を出そうと思ったらGTX1070が良さそうです。もっと重いマップや状況があることを踏まえるとGTX1080も選択肢に入ってきます。さすがにGTX1080Tiはレインボーシックスシージには勿体無いと思います。というかGTX1080TiとGTX1080との差があまりないのが驚きました。

また、中画質に設定すればGTX1060でも平均163fpsになります。中画質でも問題ないのならGTX1060がおすすめです。

[2018年10月5日追記]
RTX20シリーズが発売されたので、Core i7-8700K + メモリ16GB + RTX2080 or RTX2080TiのゲーミングPCでベンチマークしてみました。その結果、RTX2080は平均306fps、RTX2080Tiは平均320fpsも出ました。RTX2080はGTX1080Tiと同等の性能ですから、CPUの重要度が高いことが判明しました。
[追記ここまで]

レインボーシックスシージのメモリ使用量

グラフィックボードは大体決まりました。次にメモリについて考えてみましょう。レインボーシックスシージプレイ中にメモリ使用量を確認してみたところ、合計5.1GB使っていました。

レインボーシックスシージ単体だと2GBちょっと使っていました。だから基本的には8GBで大丈夫です。録画や実況配信をするなら余裕を見て16GBに増やすのもいいでしょう。

レインボーシックスシージにおすすめのゲーミングPC

以上の結果からレインボーシックスシージにおすすめのゲーミングPCをピックアップします。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:500GB SSD + 1TB HDD

GTX1050やGTX1050Tiも候補に入りましたが、どう考えてもGTX1060のほうがコスパが良いので、GTX1060搭載ゲーミングPCで圧倒的に人気なガレリア XTをおすすめします。高画質で60fpsを下回ることは絶対にありませんし、中画質なら144fps以上出せる性能を持っています。


G-Tune 「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-GPB」

  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:Core i5-8400
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 3GB
  • 容量:240GB SSD + 1TB HDD

「GTX1060搭載ゲーミングPCでもっと安いのが欲しい」と思う方にはCore i5搭載モデルがおすすめです。このデスクトップゲーミングPCは当サイトとG-Tuneのコラボモデルのため通常価格よりずっと安くなっています。


ドスパラ 「ガレリア XV」

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1070Ti 8GB
  • 容量:500GB SSD + 2TB HDD

レインボーシックスシージを最高画質で144fps以上出して遊びたい人にはGTX1070Ti搭載ゲーミングPCがおすすめです。GTX1070Ti搭載モデルで現在お得なのがこのガレリア XVです。ベンチマークでも非常に優秀なスコアを叩き出していたのでレインボーシックスシージにぴったりです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ