ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > Overwatch推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

Overwatch推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

Blizzardから遂にFPSがリリースされました。Overwatch(オーバーウォッチ)はBlizzard初のFPSだと思います。それだけに全世界が待望していました。Blizzardにしては珍しく日本語版が用意されているため、日本人プレイヤーも相当多いようです。

これからOverwatchを始める方のためにどれくらいのスペックのゲーミングPCならサクサク動かせるかを検証してみました。グラボ別、設定別にフレームレートを計測したので是非参考にしてください。

Overwatch推奨スペック

まず最初にbattle.netに掲載されているOverwatch推奨スペックを確認してみましょう。

OS Windows 7/8/10 64bit
CPU Intel Core i5以上
メモリ 6GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX660以上

最新FPSの割には軽い推奨スペックです。CPUはちょっと曖昧ですが、メモリとグラフィックボードは現在のミドルスペックで充分動作すると判断できます。ただ、このOverwatch推奨スペックが60fpsを前提としているのか、それとも144fpsなのかはわかりません。

FPSなのですからガチ勢としては144fps以上を安定して出したいと思うのは当然でしょう。60fpsと144fpsとではヌルヌル感が全然違いますからね。

Overwatchのfpsを計測

そこでOverwatchのフレームレートをグラフィックボード別に計測してみました。どのグラボで、どの設定なら60fpsあるいは144fps出せるのかを調べました。ただし、Overwatchは場所や向いている方向によってフレームレートが大幅に変わります。具体的には100fpsしか出ない場所もあれば、200fpsを越える場所もあります。

今回計測した場所はトレーニングの練習場です。歩きまわった感じだとこの地点は相当重いようです。つまり基本的にここより高いフレームレートを期待できます。

使用したゲーミングPCのスペックはCPUがCore i7-4790、メモリ16GB(PC3-12800)、グラフィックボードはGTX960、GTX970、GTX980、GTX980Ti、GTX1070、GTX1080です。

Overwatchのグラフィック設定

グラフィック設定では「解像度」を1920×1080に、「フレームレート上限を設定」をOFFにしました。あとはグラフィック品質をそれぞれエピック、ウルトラ、高、NORMAL、低の5段階で切り替えます。NORMALだけ英語になっているのが謎なので、この記事では中画質とします。

Overwatchのfps比較表

グラボ 画質 フレームレート
GTX960 エピック 54
ウルトラ 78
92
119
170
GTX970 エピック 89
ウルトラ 124
144
186
255
GTX980 エピック 70
ウルトラ 96
111
139
189
GTX980Ti エピック 78
ウルトラ 113
125
165
215
GTX1070 エピック 87
ウルトラ 119
136
172
231
GTX1080 エピック 109
ウルトラ 146
166
210
284

グラフにすると以下のとおりです。

なんで!?まったく意味不明な結果になりました。GTX980やGTX980TiよりもGTX970のほうがサクサクとはどういうことでしょうか。グラフィックドライバはきちんと最新版にしたので原因がわかりません。多分、私の設定ミスなのでしょう。GTX970が異常値と見たほうが良さそうです。

とりあえず上記のデータを参考にするなら、おすすめのグラボは以下のとおりです。

60fps出せればいい GeForce GTX960
低画質でもいいから144fps出したい GeForce GTX960
高画質で144fps以上出したい GeForce GTX1070

OverwatchにおすすめのゲーミングPC

以上の調査からOverwatchにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。(今のところBTOメーカーにはOverwatch推奨PCはないようです。)

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

Overwatch推奨スペックに近いデスクトップゲーミングPCです。ほとんどの設定で60fps出せますし、約10万円という価格からカジュアルゲーマーにおすすめします。


ドスパラ 「ガレリア XF」

  • OS:Windows 10
  • CPU:Core i7-6700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1070 8GB
  • 容量:2TB HDD

Overwatchに一番おすすめグラフィックボードはGTX1070です。そしてGTX1070搭載ゲーミングPCで一番人気があるのはガレリア XFです。いつも安くなっていたり、SSDが無料で追加されたりしているので本当にお得なゲーミングPCです。144Hz対応液晶モニターを持っているFPSプレイヤーに最適です。


G-Tune 「NEXTGEAR i650GA7」

  • OS:Windows 7/10
  • CPU:Core i7-6700K
  • メモリ:16GB PC4-17000
  • グラボ:GeForce GTX1070 8GB
  • 容量:240GB SSD

ゲームの録画や配信をするならメモリは16GBあったほうがいいです。他のFPSで16GBが推奨されているものが徐々に出てきています。Overwatchだけでなく色々なゲームをする人におすすめのゲーミングPCです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA7-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ