ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > BF1推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

BF1推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

バトルフィールドシリーズの最新作「BF1(BattleField 1)」がもうすぐリリースされます。この記事を書いている現在ではオープンβテストが実施中です。BFHは結構重かったですが、BF1がどれくらい重いのか気になるところです。

そこでBF1のフレームレートを各グラフィックボードで計測しました。BF1のためにグラフィックボードやゲーミングPCを買おうとしている人は参考にしてください。

BF1の最低動作環境と推奨スペック

ずっと最低動作環境しか記載されていませんでしたが、2016年9月20日に推奨スペックも発表されました。

BF1最低動作環境

OS Windows 7/8.1/10 64bit
CPU Core i5-6600K
メモリ 8GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX660 2GB

最低動作環境の割には随分と高いスペックです。Core i5-6600Kは定格クロックが3.5GHz、ターボブーストで3.9GHzです。現状のBTOゲーミングPCならCore i7-6700やCore i7-6700Kを選んでおけば大丈夫です。

BF1推奨スペック

OS Windows 10 64bit
CPU Core i7-4790以上
メモリ 16GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX1060 3GB

やはりこうなったか・・・という印象です。前代未聞の推奨スペックです。まさか早速最新世代であるGTX10シリーズが推奨されるとは・・・。CPUはCore i7ですし、メモリは16GBです。「ハイスペックなゲーミングPCでなければBF1を快適にプレイできないよ」というEAの意思表示を感じます。

BF1のfpsを計測(ベンチマーク)

そもそも推奨スペックって曖昧な指標です。どの設定でどれくらいのフレームレートが出るのかわからないのです。やはり実際にプレイして確認するのが一番です。

そこでシングルキャンペーンの一番最初の地点でfpsを計測してみました。視点を固定し1分間その場で留まったときの平均fpsです。ベンチマークに使用したゲーミングPCはCPUがCore i7-4790、メモリ16GBです。BF1推奨スペックぴったりです。グラフィックボードはGTX1060 6GB、GTX1070 8GB、GTX1080 8GB、GTX1080Ti 11GBをそれぞれ使用しました。

ちなみに敵味方のAIキャラが不規則にうろうろしたいたり、地形が崩れたり燃えていたりと状況が一定ではないため、ベンチマークの結果は参考程度に留めておくことをおすすめします。

BF1のグラフィック設定

BF1の画面設定は「VIDEO」と「ADVANCED」の2種類があります。解像度は1920×1080、ウィンドウモード、垂直同期はOFF、フレームレート制限は200fpsに設定。画質は「GRAPHICS QUALITY」だけ変更しました。ULTRA、HIGH、MEDIUM、LOWの4種類です。

BF1のfps比較表

グラボ 画質 平均fps
GTX1060 ULTRA 91
HIGH 102
MEDIUM 138
LOW 157
GTX1070 ULTRA 115
HIGH 126
MEDIUM 146
LOW 161
GTX1080 ULTRA 126
HIGH 133
MEDIUM 152
LOW 163
GTX1080Ti ULTRA 128
HIGH 135
MEDIUM 153
LOW 165

上下20%くらい変動する感じです。100fpsなら80~120fpsくらいだと思ってください。GTX1060でもULTRA画質で60fps出せます。しかし一方で高画質で144fps以上を安定させるのはほぼ無理という結果になりました。マップによるのでしょうけど、想像以上に重かったです。

グラフにすると以下のとおりです。

BF1におすすめのゲーミングPC

以上の結果からBF1におすすめのゲーミングPCをピックアップします。BF1はマップや状況によってフレームレートがかなり変動するので、ある程度スペックに余裕をもたせたほうがいいです。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

60fps出せれば充分だという人にはGTX1060搭載ゲーミングPCがおすすめです。Ultra画質でも90fps前後で推移していましたからね。GTX1060搭載ゲーミングPCの中で最も人気なのがガレリア XTです。メモリが16GBだったり240GB SSDが追加されていたりするので、上記のパーツ構成よりも大抵の場合ハイスペックです。


ドスパラ 「ガレリア ZZ」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1080Ti 11GB
  • 容量:500GB SSD + 3TB HDD

中画質で144fps以上を安定させたいならGTX1080Tiがおすすめです。最低fpsの数値を含めるとやはりGTX1080Tiがもっとも安定します。。メモリも16GB搭載していたほうが確実にフレームレートが安定しますし、SSDは必須です。となるとガレリア ZZがぴったりです。BF1推奨ゲーミングPCと言っても過言ではないほどおすすめです。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ