ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア XZ 性能レビュー

ドスパラ ガレリア XZ 性能レビュー

格安のGTX1080Ti搭載デスクトップ!

この記事を書いている現在、ドスパラには4種類のGTX1080Ti搭載モデルがあります。人気なのは「ガレリア ZZ」ですが、一番安いのが今回レビューする「ガレリア XZ」です。

格安でもしっかりハイエンドなのでしょうか。ガレリア XZの性能や使い勝手を調べてみました。

ガレリア XZはこんな方におすすめ!

激重なFPSをヌルヌルにしたい!
長く使えるゲーミングPCが欲しい!
CPUやメモリよりもグラフィックの性能を重視したい!

ガレリア XZのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080Ti 11GB 8GB PC4-19200
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD インテル H270 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ AcBel 700W 静音電源(80PLUS BRONZE)

ガレリア XZの価格と詳細はこちら

ガレリア Xシリーズで定番のパーツ構成です。GTX1060搭載の「ガレリア XT」やGTX1070搭載の「ガレリア XF」、GTX1080搭載の「ガレリア XG」とCPU、メモリ、ストレージ構成が一緒です。

ガレリア ZZとの違いと言えば、CPU、メモリ容量、チップセット、ストレージ容量です。これらの性能が少し低かったり、容量が少なかったりする分だけ価格が安くなっています。

安いことは良いのですが、せめてメモリは16GBに増やしたいところです。「ゲームにはメモリ8GBで十分」なんて意見があるものの、最新ゲームの推奨スペックが16GBになってきている以上、GTX1080Tiとの組み合わせに相応しいのは16GBだと思います。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Crucial MX300シリーズ」でシーケンシャルリードが532MB/s、シーケンシャルライトが507MB/sです。シーケンシャルアクセスだけでなくランダムアクセスもド安定しています。私がPCを自作するとしたら、このSSDを選びます。

HDDの速度

HDDはシーケンシャルリードが201MB/s、シーケンシャルライトが196MB/sです。

ガレリア XZの外観

次にガレリア XZの外観や接続端子のレビューをしていきます。

高さは約45cmあります。机の上に置くのもいいですが、私なら床(机の下)に置きます。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。上のほうにDVDスーパーマルチドライブもあります。

上部には排気口が2つあり、奥側にだけケースファンが搭載されています。XF以上のモデルにはケースファンが付いているみたいです。

左側には吸気口が2つあります。グラフィックボードの冷却を重視するなら、下側にケースファンを追加するのもいいと思います。

内部の様子です。

CPUクーラーはトップフローです。メモリは4GB x 2のデュアルチャネルで、メモリスロットはあと2つ空いています。カスタマイズで16GBに増やした場合は、8GB x 2になります。

GTX1080Tiです。補助電源は8pin + 6pinです。

裏側を覗いてみました。Founders Editionなのでシングルファンです。拡張スロットはPCI Express x4が1つ、PCI Express x1が4つ空いています。ただしPCI Express x1の1つはGTX1080Tiの非常に近いため、実質使えるのはあと3つでしょう。

マザーボードはドスパラで定番のASUS PRIME H270-PLUSです。

拡張スロットはPCI Express x1が2つ空いています。その上のPCI Express x16も空いているように見えますが、グラフィックボードが分厚いので使えません。

HDDとSSDです。HDDはSEAGATE ST2000DM006です。3.5インチシャドウベイはあと3つ空いています。

右側です。この吸気口にはケースファンを追加できません。

背面です。右上に排気のリアファンがあります。つまり初期構成だとフロントファン、トップファン、リアファンの合計3つです。

マザーボードのバックパネルにはPS2が2つ、USB3.0が4つ、USB2.0が2つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GTX1080Tiの接続端子はHDMI、DisplayPortが3つです。DVIの時代はほぼ終焉してますね。乗り換えるならDisplayPortがおすすめです。

ガレリア XZの温度

ベンチマークスコアを計測しながら、各パーツの温度を計測してみました。CPU(Core i7-7700)、HDD、SSD、グラフィックボード(GTX1080Ti 11GB)の最大温度をご紹介します。

CPUは最大79℃、HDDは最大34℃、SSDは最大39℃、グラフィックボードは最大84℃です。GTX1080Tiの温度がやや高いですが許容範囲です。もっと冷やしたいならサイドパネルにケースファンを追加しましょう。

ガレリア XZのベンチマークスコア

ガレリア XZの性能をベンチマークソフトで評価しました。

FF14ベンチマーク

DX11 最高品質 DX11 高品質
18607 19041
DX11 標準品質 DX9 最高品質
22661 20717

FF14ベンチマークは「非常に快適」の基準の2倍以上です。GTX1080Tiの凄まじい性能がよくわかります。ちなみに「紅蓮のリベレーター」のベンチマークソフトを走らせたところ、最高品質設定で15627でした。アップデートで重くなるのかもしれません。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
63799 71764 84571

PSO2ベンチマークも高いスコアが出ました。メモリ8GBのゲーミングPCでは一番高いスコアだと思います。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は20017です。

MHFベンチマーク

MHFは60922です。GTX1080だと約45000なのでGTX1080Tiって高性能なだけでなく、コスパも良いことがわかります。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
8105 9209 4828

3DMARK TimeSpyの評価は「上位10%」です。さすがハイエンドゲーミングPCです。最新ゲームもヌルヌルだという評価です。これより上はGTX1080Ti SLIとかTITAN X SLIとかの化物PCです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
19391 27485 12730

3DMARK FireStrikeの評価では「上位4%のパソコン」です。20万円ちょっとの予算でこんなハイエンドな性能が手に入れられるなんて良い時代になったものです。少し前ならハイスペックの価格帯でしたよ。

最新ゲームが重くて悩んでいる方や、ゲーミングPCを長く使いたい人にはぴったりなデスクトップです。

ガレリア XZの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ