ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーム推奨PC > SWBF2推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

SWBF2推奨スペックとグラボ別fpsとおすすめゲーミングPC

2017年11月にSWBF2(スターウォーズバトルフロント2)が発売されました。課金システムが相当酷いと評判になっていますが、ちょっとプレイした感じではとても面白いゲームに仕上がっていると思います。

そんなSWBF2はかなり重いFPSゲームです。低スペックPCでプレイするとガクガクになってしまうでしょう。そこでグラフィックボード別にベンチマークを計測してみたのでご紹介します。

SWBF2の最低動作環境と推奨スペック

SWBF2公式サイトに記載されている動作環境をご紹介します。

SWBF2最小動作環境

OS Windows 7/8.1/10 64bit
CPU Intel Core i5 6600K
メモリ 8GB
グラフィックボード nVidia GeForce GTX 660 2GB

SWBF2推奨スペック

OS Windows 10 64bit
CPU Intel Core i7 6700
メモリ 16GB
グラフィックボード nVidia GeForce GTX 1060 3GB

必要環境と推奨スペックを見る限りではPUBGよりも重いです。ほとんど最新のハイスペックゲーミングPCを推奨しているようなものです。メモリ16GBやGTX1060には最早驚きはありません。でもCPUがCore i7-6700なのは凄いですね。CPUの重要度が高そうな予感がします。

SWBF2のためにゲーミングPCを買うなら少なくとも15万円は必要になります。CPUやグラボにある程度余裕を持たせるべきでしょうから、18万円以上の予算を用意しておくことをおすすめします。

SWBF2のfpsを計測(ベンチマーク)

推奨スペックを見ても、どの画質でどれだけフレームレートが出るかはわかりません。やはり重要なのは実プレイでどれだけ滑らかに動作するかです。そこで所持している各種グラボでSWBF2のベンチマークを計測してみました。

プレイしたマップは「ナブー」です。5マップくらいやってみたところ一番重かったので、このナブーでそれなりなら他のマップは余裕でサクサクです。

SWBF2のグラフィック設定

グラフィック設定はフルスクリーン、1920×1080、DirectX12をオフ、垂直同期をオフにした状態で、「グラフィックの品質」を最高にしました。

ベンチマークに使用したゲーミングPCはCPUがCore i7-4790、メモリが16GB、グラフィックボードはGTX1060 6GB、GTX1070、GTX1070Ti、GTX1080、GTX1080Tiの5種類です。(CPUが推奨スペックにやや達していません)

SWBF2のfps比較表

グラボ 平均fps
GTX1060 6GB 85
GTX1070 8GB 114
GTX1070Ti 8GB 119
GTX1080 8GB 130
GTX1080Ti 11GB 147

グラフにすると以下のとおりです。

繰り返しになりますがナブーは重いです。屋内マップならGTX1080で170fps以上出ます。すべてのマップで60fps出したいだけならGTX1060でまったく問題ありません。

ただし、ビデオメモリは平均で3.9GBも使用していました。だからGTX1060 3GBではなくGTX1060 6GBをおすすめします。144fps以上出したいならGTX1080かGTX1080Tiがおすすめです。GTX1080Tiならほとんどのマップで144fps以上をキープできます。

SWBF2のメモリ使用量

メモリ使用量のベンチマークも計測しました。最高画質だと常時7GB以上使っています。8.3GBに達している場面もあります。平均だと8GBぴったりでした。つまりメモリ8GBしか搭載していないゲーミングPCでは無理があります。推奨スペックどおり16GBがおすすめです。

SWBF2のCPU使用率

CPUへの負荷は思ったよりも大丈夫でした。平均で51%です。今ならCore i7-7700で問題ないでしょう。もしかするとCore i7-7700KやCore i7-8700Kにすることでフレームレートが向上する可能性もあります。

SWBF2におすすめのゲーミングPC

以上の結果からPUBGにおすすめのゲーミングPCをピックアップします。

ドスパラ 「ガレリア XT」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-7700
  • メモリ:8GB
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB
  • 容量:2TB HDD

60fps以上を目指す人にはGTX1060搭載ゲーミングPCをおすすめします。でも3GBではなく6GBのほうがいいです。このガレリア XTはGTX1060 6GB搭載ゲーミングPCでもっとも人気があります。メモリは16GBに増やしてから購入しましょう。


ドスパラ 「ガレリア ZZ」

  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i7-8700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1080Ti 11GB
  • 容量:500GB SSD + 3TB HDD

SWBF2をはじめとした最新FPSで144fpsを出したいならハイエンドなGTX1080Tiがおすすめです。「ガレリア ZZ」ならSWBF2推奨スペックを完璧にクリアしています。実際ほとんどのマップで144fps以上安定して出せます。


G-Tune 「NEXTGEAR i660PA2-GPB」

  • OS:Windows 10
  • CPU:Core i7-7700K
  • メモリ:16GB
  • グラボ:GeForce GTX1080 8GB
  • 容量:480GB SSD + 2TB HDD

もうちょっと予算を抑えたいならG-TuneのGTX1080搭載ゲーミングPCがおすすめです。当サイトとのコラボモデルなので通常よりも安くなっているのでお買い得です。

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ