ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア ZA9C-R80T 性能レビュー!RTX2080Ti+Core i9-10900K

ドスパラ ガレリア ZA9C-R80T 性能レビュー!RTX2080Ti+Core i9-10900K

歴代最強性能!ベンチマークスコア更新しまくり!

ドスパラのRTX2080Ti搭載ゲーミングPC「ガレリア ZA9C-R80T」はガレリア ZZの後継モデルです。ガレリア ZZといえばドスパラでとても人気のあったハイエンドゲーミングPCです。

PCケースが変わり、価格も下がっているので今回レビューするガレリア ZA9C-R80Tのほうがおすすめです。どんな性能なのか検証してみたのでご紹介します。

ガレリア ZA9C-R80Tはこんな方におすすめ!

最強性能のゲーミングPCが欲しい!
一番重いゲームすら最高画質で遊べるようにしたい!
購入するゲーミングPCをできるだけ長持ちさせたい!

ガレリア ZA9C-R80Tのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i9-10900K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080Ti 11GB 16GB(PC4-23400)
ストレージ チップセット
1TB NVMe M.2 SSD インテル Z490 チップセット
光学ドライブ 電源
なし 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)

ガレリア ZA9C-R80Tの価格と詳細はこちら

Core i9-10900Kは10コア・20スレッド、定格クロック3.70 GHz、最大クロック5.20 GHzです。5GHzあれは相当余裕があります。CPUの性能に余裕があれば、ゲーミングPCを頻繁に買い換える必要がなくなり、最大限長く使えます。

メモリは16GBあれば困ることはまずありません。ただ重いゲームの配信をしたり、動画編集をしたいならメモリ32GBにしたほうが快適です。それに数年後に32GBが当たり前の時代になっているかもしれませんからね。

電源ユニットは750W 80PLUS GOLDを採用しています。ドスパラは高性能なゲーミングPCには素晴らしい電源ユニットを搭載する傾向があります。ありがたいですね。でも私なら将来のグラボ交換を考えて、800~850Wにしておきます。

そして光学ドライブは非搭載になりました。以前のガレリア ZZはDVDスーパーマルチドライブが搭載されていたことがあったので唯一のマイナスポイントです。もしも必要ならカスタマイズでDVDドライブかBDドライブを追加してください。

とはいえRTX2080Ti搭載の旧モデルのガレリア ZZは発売当初、税込み38万円くらいだった覚えがあります。それがレビューしているガレリア ZA9C-R80Tは現在税込み約30万円です。とんでもなく値下がりしました。まさしく今が買い時です。

ストレージの速度

ガレリア ZA9C-R80TのストレージはSSDだけ搭載しています。どれくらいの速度が出るのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「PHISON PS5012-E12S-1T」で、シーケンシャルリードが3456MB/s、シーケンシャルライトが3001MB/sです。ドスパラで選べるストレージの中では圧倒的最高速です。近頃ドスパラに限らずNVMe SSDを初期搭載するBTOメーカーが増えてきました。高速は正義、ですからせっかくハイエンドゲーミングPCを買うなら、こういうNVMe SSDが相応しいと思います。

ガレリア ZA9C-R80Tの外観

次にガレリア ZA9C-R80Tの外観や接続端子のレビューをしていきます。

PCケースは「ガレリア専用 SKケース スタンダード」です。220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mmなのでちょうどいいサイズのミドルタワーです。基本的には床置きをおすすめしますが、机の上に置いてもそこまで圧迫感はありません。

電源を入れると周囲が青く光ります。

正面のインターフェイスは電源ボタン、リセットボタン、USB3.2が4つ、スピーカー出力、マイク入力です。最新の高速なUSB3.2が4つもあるのは凄いですね。

上部は全面が排気口です。多重構造のメッシュが組み込まれているおかげで、ホコリが入り込みにくくなっています。

左側の一部は透明になっていて、CPUやグラフィックボードが見えます。ゲーミングPCらしいデザインです。

開けてみました。CPUクーラーとグラフィックボードが巨大ですね。

CPUクーラーは「サイズ 虎徹 MarkⅡ」です。サイズ製はいつも人気です。

グラフィックボードは「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 Ti Blower」です。

マザーボードは「ASUS PRIME Z490-P」です。グラフィックボードの下にM.2 SSDが設置されています。拡張スロットはPCI Express x16、PCI Express x1が2つ使えそうです。

右側です。

右側を開けると3.5インチシャドウベイ、2.5インチシャドウベイがあります。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.2 Gen2が2つ、USB3.2 Gen1が2つ、LANポート、Optical S/PDIF出力、リアスピーカー出力、センター/サブスピーカー出力、マイク入力、ライン出力、ライン入力があります。

RTX2080Tiの映像出力端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが3つです。

底面のメッシュはスライドして取り外せます。

ガレリア ZA9C-R80Tの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i9-10900K)の温度は平均49.2℃、最大74℃でした。CPUクーラーが優秀なのかあまり温度が高くなりませんでした。

GeForce RTX2080Tiは平均66.2℃、最大81℃でした。ハイエンドグラボならこんなものでしょう。むしろ夏なのに意外と大丈夫です。

ガレリア ZA9C-R80Tのベンチマークスコア

ガレリア ZA9C-R80Tの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 2604 cb 6284 cb
シングルコア 225 cb 541 cb

Core i9-10900Kの性能です。マルチスレッドはCore i9-9900KFより27.5~29.6%も高いベンチマークスコアです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
12743 16184 19531

FF15ベンチマークはすべての画質で「非常に快適」の評価です。高品質で「非常に快適」になるのはRTX2080Tiだけです。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
21403 22034 26693

こんなに高いスコアが出るベンチマークソフトだったとは・・・(20000が限界値かと思ってました)。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
134427 143362 200656

まさかの13万越え!以前「ガレリア ZGが設定6で10万越えた!すごい!」なんてレビューをしていたのに、あっさりと更新してしまいました。CPUの大切さもよくわかりますね・・・。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは87491でした。8万越えは間違いなくトップクラスです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
13036 13090 12741
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti
13036
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
11460
ガレリア XA7C-R70S RTX2070 SUPER
9790
ガレリア XV RTX2060 SUPER
8075
ガレリア XT GTX1660 SUPER
6208
ガレリア XJ GTX1660
5657
ガレリア DH GTX1650
3613

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位6%」の評価でした。エグいくらい高性能です。これだけハイエンドの性能なら最低でも6年は快適に使えます。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
25603 32441 29189
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZA9C-R80T RTX2080Ti
25603
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
24121
ガレリア XA7C-R70S RTX2070 SUPER
21114
ガレリア XV RTX2060 SUPER
18804
ガレリア XT GTX1660 SUPER
14380
ガレリア XJ GTX1660
12326
ガレリア DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位2%のパソコン」です。ハイエンドゲーミングPCだと証明されました。FF15並に重いゲームですら最高画質で遊べます。それに今だけでなく未来も快適性が続くのは嬉しいですよね。

約30万円する高額なゲーミングPCではあるのですが、間違いなく買う価値があります。むしろ長く使えることを考えたら安いくらいです。PCゲームを快適に遊び続けたいすべての人におすすめしたいゲーミングPCです。

ガレリア ZA9C-R80Tの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XA7C-R70S

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:RTX2070 SUPER(8GB)

  • 2 G-Tune PM-B-AF

    GTX1660 SUPER搭載なのに約13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GTX1660 SUPER(6GB)

  • 3 ガレリア ZA9C-R80S

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:RTX2080 SUPER(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ