ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > Ryzen + GTX1650!ドスパラ ガレリア RH5 性能レビュー

Ryzen + GTX1650!ドスパラ ガレリア RH5 性能レビュー

Ryzen 5搭載で8万円台の激安ゲーミングPC!

Ryzen 3000シリーズのCPUが最近話題になっていますが、ドスパラにはまだRyzen 2000シリーズを搭載したゲーミングPCも販売されています。なんと税抜き8万円台で購入できる激安デスクトップまであります。

今回はRyzen 5 2600 + GeForce GTX1650を搭載した「ガレリア RH5」をレビューします。

ガレリア RH5はこんな方におすすめ!

10万円の予算でデスクトップゲーミングPCを探している!
軽いゲームを中心にプレイする予定!
やや小型なミニタワーケースを選びたい!

ガレリア RH5のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Ryzen 5 2600
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1650 4GB 8GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
240GB SSD + 1TB HDD AMD B350 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

ガレリア RH5の価格と詳細はこちら

ガレリア DH」と似たパーツ構成です。ガレリア DHはGTX1650 + メモリ8GBなのは共通していますが、CPUはCore i5-8500です。でもガレリア RH5のほうが約5000円安くなっています。

どちらを選ぶべきかはCPUの性能次第でしょう。あとはセールやキャンペーンの状況を見てお得なほうを選べばいいです。例えばこのレビューをしている時点では、ガレリア RH5は色々と無料アップグレードされていました。グラフィックボードはGTX1650からGTX1060 3GB、HDDは500GBから1TBに強化されています。

あくまでも期間限定ですから、あなたが公式ページを見たら別のパーツ構成になっていることもあります。個人的にはストレージは500GB SSD + 1TB HDDにしたいですね。

ストレージの速度

ガレリア RH5に搭載されているSSDとHDDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDはPHISON製のSATA接続M.2で、シーケンシャルリードが554MB/s、シーケンシャルライトが517MB/sです。

HDDの速度

HDDは「東芝 DT01ACA100」で、シーケンシャルリードが203MB/s、シーケンシャルライトが174MB/sです。

ガレリア RH5の外観

次にガレリア RH5の外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア専用 KTMミニタワーケースです。光学ドライブは非搭載ですが、2,000円(+税)でDVDスーパーマルチドライブを、8,080円(+税)でBDドライブを追加できます。

正面にはUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンがあります。

Ryzen 5とGeForce GTXのシールが貼ってあります。

ミニタワーケースだと上部に排気口はありません。

左側には2つの吸気口があります。ここはミドルタワーケースと共通しています。

左側のサイドパネルを外しました。

CPUクーラーはAMD純正のトップフロータイプです。メモリスロットは2つとも埋まっています。最大で32GBまで増設可能です。

最近ドスパラはM.2 SSDを採用することが多いです。

グラフィックボードは「PALIT GeForce GTX 1650 StormX」です。

HDDです。ストレージシャドウベイはあと2つ空いています。

電源ユニットは「AcBel iPower85 550」です。ただし無料アップグレード中だったので、本来は450W電源が搭載されているのだと思います。

右側です。

背面のリアファンはブルーLED FANに変更できます。唯一光らせられる部分です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0、USB3.0が4つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

GeForce GTX1650の映像出力端子はDVI-DとHDMIです。

ガレリア RH5の温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Ryzen 5 2600)の温度は平均44.0℃、最大57℃でした。Core i5-9400Fと似たとても低い温度です。

GeForce GTX1650の温度は平均53.2℃、最大68℃でした。グラフィックボードも低い温度です。

ガレリア RH5のベンチマークスコア

ガレリア RH5の性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1153 cb 2528 cb
シングルコア 161 cb 398 cb

Ryzen 5 2600の性能です。Core i5-9400Fに比べると、マルチスレッドのスコアは高く、シングルコアのスコアは低いです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
3785 5100 6548

FF15ベンチマークは画質を下げてもカクカクしていました。重いゲームをしたい場合は、メモリ16GB、GTX1660Ti以上のスペックをおすすめします。例えば「ガレリア XT」をカスタマイズする感じです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
8879 10056 13924

FF14ベンチマークは最高画質でも「非常に快適」の評価です。つまりそこまで重いゲームでなれけば、ガレリア RH5でサクサク動くことになります。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
9178 10269 13286

漆黒のヴィランズも最高画質で遊べる性能です。ただ、ガレリア DHよりも若干低いスコアです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
30125 61917 88223

設定6だとガクンとスコアが下がりました。エントリーモデルだとこういう傾向があります。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは19438でした。どういうわけかRyzen搭載PCだとMHFベンチマークのスコアが高くなります。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
3635 3447 5264

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位79%」の評価でした。VRの基準はぎりぎりクリアしています。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
8196 9174 16487

3DMARK FireStrikeの評価では「上位64%のパソコン」です。総合的にはCore i5-9400F + GTX1650と互角です。ゲームとの相性があるとはいえ、5000円安くなっているのは魅力です。

10万円以下の予算で、Ryzen搭載ゲーミングPCを購入したい方におすすめです。

ガレリア RH5の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ