ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア GCR1660TNF-E 性能レビュー

ドスパラ ガレリア GCR1660TNF-E 性能レビュー

17.3インチの144Hz液晶だからゲームに最適!

GTX1060搭載ゲーミングノートPCが市場から消えた今、GTX1660Tiに注目が集まっています。デスクトップでもノートPCでもすでに人気で、BTOパソコンの売れ筋ランキング1位になっているモデルすらあります。

GTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCはほとんどが15.6インチです。でもドスパラは17.3インチのモデルも販売しています。今回はそんな「ガレリア GCR1660TNF-E」をレビューしていきます。

ガレリア GCR1660TNF-Eはこんな方におすすめ!

20万円以下のゲーミングノートPCが欲しい!
ノートPCでも大画面でゲームをプレイしたい!
144Hz液晶でゲームをヌルヌルにしたい!

ガレリア GCR1660TNF-Eのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-9750H
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1660Ti GDDR6 6GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
512GB NVMe M.2 SSD モバイル インテル HM370 チップセット
光学ドライブ 液晶
なし 17.3インチ 144Hz対応フルHD液晶

ガレリア GCR1660TNF-Eの価格と詳細はこちら

同じGTX1660Tiを搭載した「ガレリア GCR1660TGF-QC-G」との違いは液晶です。ガレリア GCR1660TGF-QC-Gの液晶サイズが15.6インチなのに対し、ガレリア GCR1660TNFは17.3インチです。リフレッシュレートはどちらも144Hzです。

液晶サイズが違うということはゲーミングノートPC本体の大きさや重さも変わってきます。持ち運びやすさなら15.6インチが優れていますが、17.3インチのほうが液晶が大きくて操作しやすかったりゲームに迫力が出たりします。

さて、このままのパーツ構成で買うよりは少しカスタマイズしたほうが快適性が向上します。私ならストレージを1TB NVMe SSDに変更します。512GBではたくさんのゲームをインストールできないからです。1TB以上にしたほうが絶対に使い勝手が良くなります。

ストレージの速度

ガレリア GCR1660TNF-Eに搭載されているSSDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「PHISON PS5012-E12S」でシーケンシャルリードが3433MB/s、シーケンシャルライトが2394MB/sです。NVMe SSDの中でも高速な部類です。

ガレリア GCR1660TNF-Eの外観

次にガレリア GCR1660TNF-Eの外観や接続端子のレビューをしていきます。

全体の寸法は約 398.5(幅)× 272(奥行き)× 28.15(高さ) mmです。旧モデルよりも小型・薄型になりました。

15.6インチのゲーミングノートPCに比べると幅、奥行き、高さのすべてが大きくなっています。

スタンダードな日本語キーボードで、マクロキー等はありません。

唯一気になるのはWindowsキーの位置です。左側ではなくスペースキーの右側にあります。

キーボードバックライトは常に色が変化し続けるタイプです。もちろんOFFにできます。

電源ボタン、ファンコントローラー、タッチパッドのON/OFFです。

液晶は1920×1080のノングレアです。液晶の上にWEBカメラが搭載されています。

144Hzから60Hzに切り替えられます。144HzならFPSを始めとした動きの激しいゲームがとても見やすくなります。

左側にはセキュリティスロット、LANポート、HDMI出力、mini-DisplayPort出力、USB3.1、USB3.2 Gen2 Type-C、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはSDカードリーダー、USB3.1が2つあります。

後ろ側にインターフェイスはありません。

ガレリア GCR1660TNF-Eの重さ

ノートPC本体の重量は2.480kgです。17.3インチとは思えないほど軽量です。他のメーカーだと15.6インチのゲーミングノートPCがこれくらいの重さです。

ACアダプターとケーブルを含めると3.170kgです。

ガレリア GCR1660TNF-Eの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Core i7-9750H)の温度は平均70.0℃、最大97℃でした。Core i7-9750HはどのノートPCでもこんな温度です。

GeForce GTX1660Tiは平均60.9℃、最大67℃でした。旧モデルよりも約4%低い温度です。あらゆる点が良くなっています。

ガレリア GCR1660TNF-Eのベンチマークスコア

ガレリア GCR1660TNF-Eの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1143 cb 2603 cb
シングルコア 189 cb 454 cb

Core i7-9750Hの性能です。Core i7-9750Hよりシングルコアは8~10%、マルチスレッドは27~42%低いベンチマークスコアです。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
6292 8308 10667

FF15ベンチマークは高品質と標準品質が「快適」、軽量品質が「とても快適」の評価でした。「快適」は上から3番目の評価です。つまりそこまでサクサク動きません。重いゲームをプレイする際には画質を下げる必要があります。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
13897 14468 17403
平均97fps 平均105fps 平均147fps

60fps以上で安定していましたから、FF14:漆黒のヴィランズなら最高画質で遊べます。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
40638 47786 72901

PSO2ベンチマークはCore i7-8750Hよりスコアが伸びています。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは34978でした。GTX1060搭載ゲーミングノートPCが23000くらいだったことを考えると、素晴らしい性能アップです。GTX1070搭載デスクトップ並です。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
5828 5776 6147

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位55%」の評価でした。DirectX12はRTX20シリーズのほうが強いです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
13394 15191 15524

3DMARK FireStrikeの評価では「上位30%のパソコン」です。GTX1060より30%高いスコアです。現状GTX1660Tiで困ることはまずありません。それに144Hz液晶やメモリ16GBなのもいいですね。

RTX2060搭載ゲーミングノートPCよりも安く買えますから、これから多くの人がGTX1660Tiを第一候補にするはずです。というかすでにその傾向が出ています。17.3インチ + GTX1660Tiの組み合わせなら、今回レビューしたゲーミングノートPCをおすすめします。

ガレリア GCR1660TNF-Eの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ