ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア AXZ 性能レビュー!Ryzen 9 3900X + RTX2080Tiのハイエンド

ドスパラ ガレリア AXZ 性能レビュー!Ryzen 9 3900X + RTX2080Tiのハイエンド

Ryzen 9 3900Xの性能がスゴイ!

BTOゲーミングPCで人気のRyzen 3000シリーズはRyzen 5 2600とRyzen 7 3700Xです。でもさらに上位のRyzen 9 3900Xを搭載したハイスペックなデスクトップゲーミングPCもあります。

例えばドスパラの「ガレリア AXZ」です。Ryzen 9 3900XにGeForce RTX2080Tiを組み合わせることにより最強クラスの性能を実現しています。今回はそんなガレリア AXZをレビューしていきます。

ガレリア AXZはこんな方におすすめ!

約35万円の予算でデスクトップゲーミングPCを探している!
すべてのゲームを快適に遊べる性能にしたい!
エンコードや動画編集もサクサクにしたい!

ガレリア AXZのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Ryzen 9 3900X
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080Ti 11GB 16GB(PC4-25600)
ストレージ チップセット
1TB Gen4 NVMe SSD + 2TB HDD AMD X570 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
なし SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS PLATINUM / SST-ST75F-PT)

ガレリア AXZの価格と詳細はこちら

RTX2080Ti + メモリ16GBのゲーミングPCといえば、「ガレリア ZZ」が人気です。ガレリア ZZはINTEL Core i9-9900KFのCPUを搭載しています。またストレージ構成にも違いがあります。肝心の価格はレビュー執筆時点で、ガレリア ZZのほうが6万円以上も安いです。

価格comで調べてみたところ、Ryzen 9 3900Xのほうが約2万円高かったです。あとは1TB Gen4 NVMe SSDを搭載している点も価格に影響しています。

基本的にはこのパーツ構成のまま買えばいいです。ただ、動作編集をより快適にしたいならメモリ32GBにすることをおすすめします。

ストレージの速度

ガレリア AXZに搭載されているSSDとHDDの速度を計測しました。

SSDの速度

SSDは「CFD PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF」で、シーケンシャルリードが4962MB/s、シーケンシャルライトが4253MB/sです。これまで計測したSSDでぶっちぎりNo.1の速度です。さすがGen4です・・・。

HDDの速度

HDDは「SEAGATE ST2000DM005」で、シーケンシャルリードが170MB/s、シーケンシャルライトが162MB/sです。SSDの速度差はなんと29倍です。

ガレリア AXZの外観

次にガレリア AXZの外観や接続端子のレビューをしていきます。

2019年になってドスパラのデスクトップゲーミングPCはほとんど光学ドライブ非搭載になりました。必要ならカスタマイズで追加しましょう。

正面にはUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンがあります。

上部から排気します。奥側にだけケースファンが設置されています。

左側は吸気の役割です。

RTX2080Tiはさすがに巨大ですね。

CPUクーラーは「AMD Wraith Prism Cooler」です。

電源を入れるとCPUファンが光り、常に色が変化します。CPUファンの周囲もレインボーに光ります。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 2080 Ti GamingPro」です。一部緑色に光ります。

PCI-E x 4が1つ, PCI-E x 1が2つ空いています。マザーボードは「ASRock X570 Phantom Gaming4」です。

3.5インチシャドウベイはあと4つ空いています。

右側です。

背面のリアケースファンを含め、すべてのケースファンはLEDファンに変更できます。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.1 Gen2が2つ、USB3.1 Gen1が6つ、LANポート、ライン入力、マイク入力、スピーカー出力があります。

GeForce RTX2080Tiの映像出力端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア AXZの温度

3DMARK FireStrikeを動作させたところ、CPU(Ryzen 9 3900X)の温度は平均67.6℃、最大82℃でした。TDP 105Wならこんなものでしょう。

GeForce RTX2080Tiの温度は平均62.3℃、最大75℃でした。ハイエンドグラボなのにかなり低い温度です。

ガレリア AXZのベンチマークスコア

ガレリア AXZの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 3120 cb 7108 cb
シングルコア 204 cb 489 cb

Ryzen 9 3900Xの性能です。マルチスレッドのベンチマークスコアはCore i9-9900KFより43~53%、Ryzen 7 3700Xより49%も高性能です。マルチスレッドを活用するエンコードのような用途に最適です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 低品質
12465 15818 18468

FF15ベンチマークは高品質設定でも「非常に快適」の最高評価です。ハイエンドゲーミングPCでなければ絶対に成し得ないスコアです。今後FF15くらい重いゲームがどんどん出てくるわけですから、ガレリア AXZを所持しておく価値はあります。

FF14:漆黒のヴィランズ ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
18723 19168 21182

FF14ベンチマークはほぼ上限に近いスコアが出ました。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
98156 115420 153106

PSO2ベンチマークはCore i9に比べると若干低いスコアです。とはいえ設定6で10万くらい出るのは凄いです。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは94563でした。なんと歴代1位です!Core i9-9900KF + RTX2080Tiより17%も高いスコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
13320 13757 11291
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZZ RTX2080Ti
12815
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
11460
ガレリア XF RTX2070 SUPER
9499
ガレリア XV RTX2060 SUPER
8075
ガレリア XT GTX1660Ti
6256
ガレリア XJ GTX1660
5657
ガレリア DH GTX1650
3613

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位3%」の評価でした。ハイエンドの性能だと証明されました。最新ゲームをがっつり遊べます。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
26309 31947 28943
製品名 グラボ ベンチマーク(総合スコア)
ガレリア ZZ RTX2080Ti
26253
ガレリア ZG RTX2080 SUPER
24121
ガレリア XF RTX2070 SUPER
21477
ガレリア XV RTX2060 SUPER
18804
ガレリア XT GTX1660Ti
14550
ガレリア XJ GTX1660
12326
ガレリア DH GTX1650
8015

3DMARK FireStrikeの評価では「上位1%のパソコン」です。グラフィック性能もストレージ速度も素晴らしいですね。あらゆる用途に使える最強のデスクトップゲーミングPCを欲しい方におすすめです。

ガレリア AXZの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ