ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > DELL ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VR 性能レビュー

DELL ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VR 性能レビュー

RTX2080 + Core i9-9900Kの最強ゲーミングノートPC!

ゲーミングノートPCはノート用CPUにノート用グラフィックボードが搭載されています。知っている人からすると当たり前なんですけど、パソコン初心者は理解してないと思います。

しかしゲーミングノートPCなのにデスクトップ用CPUを搭載した製品がALIENWAREから販売されています。その名も「ALIENWARE AREA-51M」です。今回は最上位モデルの「ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VR」をレビューします。

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRはこんな方におすすめ!

ハイエンドなゲーミングノートPCが欲しい!
すべてのゲームをサクサクにしたい!
ノートPCを頻繁に持っていかない!

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i9-9900K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080 8GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
236GB RAID0 SSD + 1TB SSHD 不明
光学ドライブ 液晶
なし 17.3インチ 144Hz 最大解像度1920 x 1080

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRの価格と詳細はこちら

RTX2080搭載ゲーミングノートPCといえば、先日レビューした「ALIENWARE M17 スプレマシー VR」を思い出します。でもALIENWARE M17シリーズのCPUはノート用のCore i7-8750Hですし、グラフィックボードは小型のMAX-Q Designです。

一方でALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRはMAX-Q DesignではないRTX2080で、オーバークロックまでされています。こちらのほうがかなり高性能です。さらにCPUはデスクトップ用のCore i9-9900Kです。デスクトップゲーミングPCでもハイスペック、あるいはハイエンドな領域に達しているパーツ構成です。

そして液晶は144Hz対応です。まさに夢を詰め込んだゲーミングノートPCです。考えうる限りほとんど最上位の性能です。40万円以上の価格になってしまっているのも仕方がありません。

ストレージの速度

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRのストレージは236GB RAID0 SSDと1TB SSHDです。どれくらい速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDの速度

SSDはメーカー・型番が不明で、シーケンシャルリードが3040MB/s、シーケンシャルライトが1252MB/sです。非常に優秀なSSDです。RAID0のおかげでより高速になっています。

SSHDの速度

SSHDは「Seagate ST1000LX015-1U7172」で、シーケンシャルリードが133MB/s、シーケンシャルライトが124MB/sです。価格を考慮すると、「256GB PCIe M.2 SSD + 1TB SSHD」のほうがおすすめです。

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRの外観

次にALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRの外観や接続端子のレビューをしていきます。

外観はダークグレーのタイプです。シルバーホワイトに変更可能です。

全体の寸法は幅:402.6 x 奥行き:319.14 x 高さ:31.2 mmです。17.3インチなので巨大なのは予想していましたが、横幅だけでなく奥行きも広いです。

キーボードはNキーロールオーバー、つまり全キー同時押し対応です。キーボードも高級な仕様です。ALIENWAREは細かいところまでしっかりしているのが素晴らしいです。

また左側には5つのマクロキーが設置されています。左上のはAlienware TactX Softwareの起動キーです。

テンキーの上にも4つのマクロキーがあります。ゲームだけでなく普段遣いにも便利です。

宇宙人マークが電源ボタンです。

タッチパッドを触ると光ります。マウスを使うなら無効にしておいたほうがいいです。

タッチパッド、キーボードバックライト、電源ボタン、裏側のロゴが光ります。

液晶がまた凄いです。1920 x 1080の解像度は普通ですが、IPSパネル、ノングレア、リフレッシュレートは144Hz、G-SYNCに対応しています。PCゲームをするのに最も適したスペックの液晶です。

144Hz固定です。起動してマウスカーソルを動かした瞬間に「あ、ヌルヌル動いてる!」とすぐに気付きます。それくらい60Hzとはまったく違います。

左側にはロックスロット、Thunderbolt 3、USB3.0、マイク入力、スピーカー出力があります。

右側にはUSB3.0が2つあります。

後ろ側にはHDMI出力、mini-DisplayPort出力、LANポート、Alienware Graphics Amplifier接続用ポート、電源端子が2つがあります。Alienware Graphics Amplifierは外付けグラフィックボードボックスと接続するための端子です。詳しくは「Alienware Graphics Amplifierの使い方」を御覧ください。

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRの重さ

ノートPC本体のみの重さは4.000kgです。さすがに重いですね・・・。ここまで重いノートPCは久々に見ました。

ACアダプターとケーブルを含めると6.231kgです。そう、問題はACアダプターなんです。電源端子が2つあったことからわかるように、ACアダプターも2つあります。

Core i9-9900KとRTX2080を動かすためにはACアダプターひとつだけでは足りないようです。つまりあなたがALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRを持ち運ぼうと思ったら、2つのACアダプターと電源ケーブルも一緒に持っていかなければなりません。

さすがに毎日持っていくのは苦行です。だから「自宅でしか使わない」あるいは「オフラインイベントにだけ持っていく」、なんて使い方をする人にしかおすすめできません。

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRの温度

3DMARK FireStrikeを動作させながらRTX2080の温度を計測しました。平均温度は67.3℃、最大温度は80℃です。予想よりもかなり低温度です。なお、Core i9-9900Kは最大100℃でした。ノート用のCore i7-8750Hでも似たような温度になるため別に気になりません。

そしてCrystalDiskMarkを動作させながらHDDの温度を計測したところ、最大39℃まで上昇しました。(SSDの温度は計測できませんでした。)

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRのベンチマークスコア

ALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

CINEBENCH R15 / R20

CINEBENCH R15 CINEBENCH R20
マルチスレッド 1853 cb 4541 cb
シングルコア 201 cb 480 cb

Core i9-9900Kの性能です。いやはや凄いスコアですね。「ALIENWARE M15 プラチナ VR」のCore i7-8750Hの2倍以上です。このCPUのおかげでノートPCの弱点が大きく改善されます。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
10243 13509 16598

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質と軽量品質だと「非常に快適」の評価です。まさかゲーミングノートPCでこんなに高いスコアが出るとは思いませんでした。重いゲームも高画質で遊べます。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
18374 19160 22315

FF14ベンチマークは最高画質でも18000以上です。RTX2080搭載デスクトップとほとんど変わりません。CPUが大きく影響しているのは間違いありませんが、RTX2080のオーバークロックも効いています。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
71419 76579 129856

PSO2ベンチマークは他のゲーミングノートPCより2倍以上のスコアが出ました。CPUの重要性が証明されました。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは63682です。Core i7-9700K + RTX2080のデスクトップだと55000くらいです。つまり一般的なRTX2080搭載デスクトップを超える性能です。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
10362 10381 10259

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyは「上位8%」の評価でした。デスクトップゲーミングPCを含めて上位8%です。とんでもなくハイエンドなゲーミングノートPCです。重いFPSでも144fps出せる性能です。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
22466 26243 24209

3DMARK FireStrikeの評価では「上位4%のパソコン」です。うわー、半端ないですよコレ。ゲーミングノートPCで最高のゲーム体験を味わえます。デスクトップに負けないどころか勝ってます。価格は高いですけど、最強のゲーミングノートPCが欲しいならALIENWARE AREA-51M スプレマシー VRを強くおすすめします。

ALIENWARE M17 スプレマシー VRの価格と詳細はこちら

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

ページの先頭へ

ページの先頭へ