ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX2080Ti + Core i9-9900K!ドスパラ ガレリア ZZ 9900K 性能レビュー

RTX2080Ti + Core i9-9900K!ドスパラ ガレリア ZZ 9900K 性能レビュー

歴代最強性能!ベンチマークスコア更新しまくり!

パーツが世代交代するタイミングになると、ドスパラは一つのBTOパソコンから複数のパーツを選べるようになります。例えば今はRTX2080Ti搭載のガレリア ZZとして、Core i7-8700KとCore i9-9900K搭載モデルが存在します。

おそらく今後、Core i9-9900Kだけになっていくのでしょうけど、まだしばらくはCore i7-8700Kのどちらにするか迷う状況が続きます。今回はCore i9-9900Kを搭載した「ガレリア ZZ 9900K」をレビューします。

ガレリア ZZ 9900Kはこんな方におすすめ!

最強性能のゲーミングPCが欲しい!
一番重いゲームすら最高画質で遊べるようにしたい!
購入するゲーミングPCをできるだけ長持ちさせたい!

ガレリア ZZ 9900Kのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i9-9900K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080Ti 11GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
500GB NVMe M.2 SSD + 3TB HDD インテル Z370
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS PLATINUM / SST-ST75F-PT)

ガレリア ZZ 9900Kの価格と詳細はこちら

Core i9-9900Kは8コア・16スレッド、定格クロック3.60 GHz、最大クロック5.00 GHzです。5GHzあれは相当余裕があります。CPUの性能に余裕があれば、ゲーミングPCを頻繁に買い換える必要がなくなり、最大限長く使えます。

一方でCore i7-8700Kは6コア・12スレッド、定格クロック3.70 GHz、最大クロック4.70 GHzです。今は8スレッドあれば最新ゲームも普通に遊べますから、安さを重視したいなら、通常の「ガレリア ZZ」のほうがおすすめです。なお、Core i7-8086Kになっていることもあります。

メモリは16GBあれば困ることはまずありません。ただ重いゲームの配信をしたり、動画編集をしたいならメモリ32GBにしたほうが快適です。それに数年後に32GBが当たり前の時代になっているかもしれませんからね。

電源ユニットは人気のSILVERSTONE製の80PLUS PLATINUMという高級なものが採用されています。ドスパラは高性能なゲーミングPCには素晴らしい電源ユニットを搭載する傾向があります。ありがたいですね。でも私なら将来のグラボ交換を考えて、800~850Wにしておきます。

SSDとHDDの速度

ガレリア ZZ 9900KのストレージはSSDとHDDの組み合わせです。どれくらいの速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「Samsung SSD 970 EVO」で、シーケンシャルリードが3530MB/s、シーケンシャルライトが2340MB/sです。近頃ドスパラに限らずNMVe SSDを初期搭載するBTOメーカーが増えてきました。高速は正義、ですからせっかくハイエンドゲーミングPCを買うなら、こういうNVMe SSDが相応しいと思います。

HDDは「SEAGATE ST3000DM007」でシーケンシャルリードが198MB/s、シーケンシャルライトが184MB/sです。さらなる快適性を求めるなら、SSD + SSDにしてしまうのもおすすめです。

ガレリア ZZ 9900Kの外観

次にガレリア ZZ 9900Kの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア Xシリーズ、Zシリーズ等はこのPCケースです。ちょうどいいサイズのミドルタワーです。基本的には床置きをおすすめしますが、机の上に置いてもそこまで圧迫感はありません。

前面の接続端子はUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンです。また一番上にDVDドライブが搭載されています。

排気用のケースファンがひとつ付いています。CPUの温度は思ったよりも高くなっていなかったので、ケースファンを追加しなくても大丈夫です。

左側から吸気します。

開けてみました。CPUクーラーとグラフィックボードが巨大ですね。

Core i7-8700Kに付いていたCPUクーラーよりもさらに冷却性能が高い製品です。

CPUクーラーの下にあるM.2スロットにSSDが挿さっています。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 2080 Ti GamingPro」です。OC版ではありません。

マザーボードは「ASUS Z390 Phantom Gaming 4」です。初めて見ました。第9世代CPUに最適化されたマザーボードなのでぴったりです。

右側です。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が2つ、USB3.1、USB3.1 Type-C、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

RTX2080Tiの映像出力端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが3つです。最大4画面まで同時出力できます。

ガレリア ZZ 9900Kの温度

ベンチマークソフトで負荷をかけながら各パーツの温度を計測しました。Core i9-9900Kは最大78℃、SSDは最大64℃、最大32℃、RTX2080Tiは最大71℃でした。80℃を軽く越えるの思っていたので驚きました。しっかり冷却してくれるゲーミングPCです。

ガレリア ZZ 9900Kのベンチマークスコア

ガレリア ZZ 9900Kの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
13054 16383 19861

FF15ベンチマークはすべての画質で「非常に快適」の評価です。高品質で「非常に快適」になったのは初めてです。つまり歴代最高スコアです。Core i7-8700K搭載の「ガレリア ZZ」は11686だったため、CPUだけで12%もスコアアップしたことになります。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
21648 21009 23836

FF14ベンチマークも最高スコアです。20000を越えると極端にスコアが伸びなくなるので、そろそろFF14ベンチマークソフトは限界かもしれません。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
125428 138239 181368

まさかの12万越え!つい先日「ガレリア ZGが設定6で10万越えた!すごい!」なんてレビューをしていたのに、あっさりと更新してしまいました。CPUの大切さもよくわかりますね・・・。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は23721です。

MHFベンチマーク

MHFベンチマークは86636でした。これも歴代最高スコアです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
12460 12881 10515

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位3%」の評価でした。エグいくらい高性能です。これだけトップクラスの性能なら最低でも6年は快適に使えます。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
27328 34812 24554

3DMARK FireStrikeの評価では「上位1%のパソコン」です。最強ゲーミングPCだと証明されました。FF15並に重いゲームですら最高画質で遊べます。それに今だけでなく未来も快適性が続くのは嬉しいですよね。

30万円以上する高額なゲーミングPCではあるのですが、間違いなく買う価値があります。むしろ長く使えることを考えたら安いくらいです。PCゲームを快適に遊び続けたいすべての人におすすめしたいゲーミングPCです。

ガレリア ZZ 9900Kの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ