ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX980搭載!ドスパラ ガレリア ZG9 性能レビュー

GTX980搭載!ドスパラ ガレリア ZG9 性能レビュー

すべてのパーツが高性能!SSDも入っているから爆速!

ハイスペックPCの条件って何でしょうか。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載して、メモリは16GB以上なパソコンでしょうか。それらも重要なことは確かです。でもここにSSDが加わっていないと本当のハイスペックPCだとは思いません。

そんなわけで今回は最高性能のグラフィックボード「GeForce GTX980」だけでなく250GB SSDも搭載したドスパラのハイスペックゲーミングPC「ガレリア ZG9」のレビューをしていきます。

ガレリア ZG9はこんな方におすすめ!

とにかくハイスペックなゲーミングPCが欲しい!
最新FPSやMMORPGを最高画質でプレイしたい!
SSD搭載デスクトップで快適にしたい!

ガレリア ZG9のスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows8.1 64bit Core i7-4790K
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX980 16GB
HDD チップセット
250GB SSD + 2TB HDD インテル Z97 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 700W 静音電源(80PLUS BRONZE)

ガレリア ZG9の価格と詳細はこちら

GeForce GTX900シリーズの中でハイスペックと呼ばれているのがGeForce GTX980です。誰もが認める高性能っぷりです。2chの自作スレでは「今ならGTX980だよなー」なんて書き込みを多数見かけます。

そしてCPUとメモリも文句なしです。現状、これ以上のスペックが求められる作業って限られています。ゲーミングPCとしてならメモリは16GBで充分です。

肝心のSSDは250GBと調度良い容量です。多ければ多いのは間違いないのですが、予算を考えると250GBくらいがベストでしょう。逆に120GBとかだとすぐに足りなくなってしまいます。ゲームって容量大きいですからね・・・。

ガレリア ZG9に搭載されているSSDの速度チェック

さてこれまでHDDしか使ったことがない人は「みんなSSDをおすすめしてるけど、本当に重要なパーツなの?」と疑問に思うことでしょう。では実際にどれくらい速度に違いがあるかCrystalDiskMarkというツールで比較してみました。

HDDの速度

左側の数値が読み込み、右側の数値が書き込みの速度です。「Seq」や「512K」などの意味は省略します。とにかく数値が大きければ高速だと思ってください。

SSDの速度

すべての数値が劇的に向上しています。このようにHDDよりもSSDのほうが圧倒的に高速です。例えばグラフィックボードの性能が30%向上したらなかなかのものです。しかしHDDからSSDに変更するだけで2倍以上(使い方によっては10倍以上)も性能が向上するのです。

ガレリア ZG9の起動速度を検証

初めてSSDを使ったら、その早さに驚くはずです。HDDしか搭載していないパソコンにはもう戻れません。どれくらい高速なのかWindowsの起動速度を計測してみました。ゲームPCバンクのレビューで初めて動画を使ってみました!

@gamepcbankが投稿した動画

数秒とはいきませんでしたが、10秒ちょっとでWindowsが起動しました。ちなみに私はゲーム用、仕事用、外出用などすべてのPCにSSDを搭載させています。

ガレリア ZG9の外観

次にガレリア ZG9の外観や接続端子のレビューをしていきます。

「いつもの」って感じのガレリア専用 KTケースです。さっぱりしたデザインで良いですね。

正面上部にDVDドライブがあります。

中央にUSB3.0が2個、SDカードリーダー、マイク端子、ヘッドホン端子、リセットボタン、電源ボタンがあります。正面のUSB端子ってUSBメモリに使うことが多いので、高速なUSB3.0なのは嬉しいです。

上部には排気口が2つあります。奥側にだけファンが搭載されています。ファンの真下にCPUがあります。

左側には吸気口が2つあります。CPUとグラフィックボードを冷やしています。

温度が上がりやすいパーツであるCPU、グラフィックボード、電源の間に程よいスペースが設けられています。冷却設計がしっかりしています。

これがSSDです。前面下部に搭載されています。

右側には小さな通気口があります。

背面のメッシュはすべて排気口です。

マザーボードの接続端子はUSB3.0が4個、USB2.0が2個、PS2、LANポート、サウンド関連です。これだけたくさんのUSB端子があれば足りなくなることはないですね。

GeForce GTX980の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortが3つです。

ガレリア ZG9のベンチマークスコア

ここまで散々SSDの重要性を書いてきました。しかしやはりゲーミングPCにおいて最重要なのはグラフィックボードです。GeForce GTX980の性能を確かめるべくベンチマークスコアを見ていきましょう。

FF14ベンチマークは最高品質で16168、標準品質(デスクトップ)で25808です。FF14:新生エオルゼアでヌルヌル確実です。

PSO2ベンチマークは設定5(最高画質)で93371、設定3(標準画質)で160239です。数年前のゲーミングPCなら30000がやっとといったところだったはずです。比較するとGTX980の凄さが際立ちます。余裕で300fps以上出せます。

ドラクエ10ももちろん最高評価の「すごく快適」です。

MHFは28078です。

3DMARKの評価は「上位4%のパソコン」です。ハイスペックどころかハイエンドの領域です。最新オンラインゲームを最高画質に設定してもサクサクなスコアです。とにかく高性能で普段使いもヌルヌルにしたい方におすすめです。

ガレリア ZG9の価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア ZV

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070Ti(8GB)

  • 2 im590SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    PUBG推奨PCにも選ばれてます!

    グラボ:GeForce GTX1080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ