ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > RTX2080 + Core i7-9700K!ドスパラ ガレリア ZG 性能レビュー

RTX2080 + Core i7-9700K!ドスパラ ガレリア ZG 性能レビュー

第9世代CPUを搭載した最新ゲーミングPC!

RTX2080を搭載したドスパラの人気ゲーミングPCが「ガレリア ZG」です。しかしガレリア ZGは現在2種類あります。片方はCore i7-8700Kを搭載したデスクトップ、もう片方がCore i7-9700Kを搭載したものです。

Core i7-8700K搭載のガレリア ZGは以前レビューしたので、今回は最新のCore i7-9700Kをご紹介します。それぞれどんな違いがあるのかも比較してみます。

ガレリア ZGはこんな方におすすめ!

最新のハイエンドゲーミングPCが欲しい!
VRだけでなく重いゲームをサクサク動かしたい!
あらゆる作業を快適にするためにメモリ量やSSDにもこだわりたい!

ガレリア ZGのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows 10 Home 64bit Core i7-9700K
グラフィックボード メモリ
GeForce RTX2080 8GB 16GB(PC4-21300)
ストレージ チップセット
500GB SSD + 3TB HDD インテル Z390
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ AcBel 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / PCB010)

ガレリア ZGの価格と詳細はこちら

グラボからCPUまですべてが最新パーツで統一されています。またマザーボードもZ370ではなくZ390チップセットが採用されています。おそらく今後はこちらが正式なガレリア ZGになって、旧モデルはそのうち無くなるのだと思います。

Core i7-8700K搭載モデルとの違いは、CPU、チップセット、ストレージです。ただストレージは期間限定でアップグレードされていただけかもしれないので、500GB SSD + 3TB HDDが基本だと考えてください。時期によってはNVMe SSDになっているかもしれません。

電源ユニットはオウルテック製とAcbel製の違いがあるものの、700W 80PLUS GOLDと性能は完全に一緒です。将来的にグラフィックボードをより高性能なものに変更する可能性がある場合は、800Wくらいの電源ユニットにカスタマイズすることをおすすめします。

SSDとHDDの速度

ガレリア ZGのストレージはSSDとHDDの組み合わせです。どれくらいの速度の違いがあるのかCrystalDiskMarkで計測してみました。

SSDは「Crucial MX500シリーズ」で、シーケンシャルリードが543MB/s、シーケンシャルライトが513MB/sです。ランダムアクセスも安定しています。私が一番好きなSSDです。

HDDは「SEAGATE ST3000DM007」でシーケンシャルリードが189MB/s、シーケンシャルライトが178MB/sです。3TB HDDがあれば容量不足になることはそうそうありません。

ガレリア ZGの外観

次にガレリア ZGの外観や接続端子のレビューをしていきます。

PCケースに関しては「ガレリア ZG」のレビューをご覧ください。まったく同じなのでここでは省略します。

CPUクーラーとRTX2080が巨大です。RTX20シリーズになって、各種グラボの厚みが増したように感じます。

CPUクーラーは固定です。水冷に変更することはできないようです。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 2080 GamingPro」です。オーバークロックモデルではありません。

マザーボードは「ASRock Z390 Phantom Gaming 4」です。グラフィックボードの下にPCI-E x16とPCI-E x1が2つあります。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB2.0が2つ、USB3.0が2つ、USB3.1、USB3.1 Type-C、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。

RTX2080の接続端子はUSB Type-C、HDMI、DisplayPortが3つです。DisplayPortを使ってデュアルモニターにするのがおすすめです。

ガレリア ZGの温度

ベンチマークソフトで負荷をかけながら各パーツの温度を計測しました。Core i7-9700Kは最大67℃、SSDは最大47℃、最大31℃、RTX2080Tiは最大69℃でした。60℃台に収まるとは、とんでもなく冷却性能に優れたゲーミングPCです。RTX20シリーズはGTX10シリーズよりもあらゆる面で優秀だと実感します。

ガレリア ZGのベンチマークスコア

ガレリア ZGの性能をベンチマークソフトで評価しました。解像度はどれも1920×1080です。

FF15ベンチマーク

高品質 標準品質 軽量品質
10731 14058 17273

FF15ベンチマークは高品質だと「とても快適」、標準品質と軽量品質だと「非常に快適」という評価です。Core i7-8700K搭載モデルに比べると、約10%もスコアが伸びています。CPUの違いって意外と影響が大きいんです。

FF14ベンチマーク

最高品質 高品質 標準品質
19049 19725 22547

FF14ベンチマークは19000を越えました。RTX2080Tiでも似たようなスコアになるので、FF14ベンチマークの限界なのでしょう。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
98081 98973 161816

PSO2ベンチマークは10万くらいが当たり前になってきました。RTX2080のおかげでもありますが、Core i7-9700Kの影響も大きいです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は22696です。

MHFベンチマーク

MHFは55634です。Core i7-8700K搭載モデルは60498でした。なぜか下がってしまいました。スレッド数の差が出たのかもしれません。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
9990 10451 7993

DirectX12用ベンチマークのTimeSpyでは「上位6%」の評価でした。GTX1080Tiに圧勝しています。もうGTX1080Tiを選ぶよりも絶対にRTX2080をおすすめします。なお、Core i7-8700KのCPU Scoreは7597でした。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
22667 27546 18802

3DMARK FireStrikeの評価では「上位3%のパソコン」です。グラフィックスコアはGTX1080Tiを少し越えています。それなのにGTX1080Ti搭載ゲーミングPCよりやや安いのでこちらのほうがコスパ良好です。

RTX2080があれば最新ゲームもヌルヌル動かせます。特に重いFPSだと144fps出すのが難しくなってきています。その点、このガレリア ZGならBF5でも144fps以上出せますから、最新PCゲーム好きの方におすすめです。

ガレリア ZGの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

価格から選ぶ

搭載グラボから選ぶ

ゲームから選ぶ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce RTX2070(8GB)

  • 2 im600SA1-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア ZZ

    ハイエンドで最新FPSもサクサク!
    長年使えるもの嬉しい!

    グラボ:GeForce RTX2080Ti(11GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ