ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > ドスパラ ガレリア XS 性能レビュー

ドスパラ ガレリア XS 性能レビュー

GTX1050 + Core i7-7700の格安ゲーミングPC!

GeForce GTX10シリーズで一番安いのがGTX1050です。そんなGTX1050を搭載した格安ゲーミングPCが今回レビューする「ガレリア XS」です。ガレリア XSはどれくらいの性能なのか、そして他のGTX1050搭載ゲーミングPCとはどんな違いがあるのか解説していきます。

ガレリア XSはこんな方におすすめ!

格安のゲーミングPCが欲しい!
CPUを優先的に強化したい!
軽いゲームを中心にプレイする!

ガレリア XSのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050 2GB 8GB PC4-12800
ストレージ チップセット
250GB SSD + 1TB HDD インテル H270 チップセット
光学ドライブ 電源
DVDスーパーマルチドライブ 500W 静音電源(80PLUS BRONZE)

ガレリア XSの価格と詳細はこちら

グラフィックボードよりもCPUの強化を優先した面白いパーツ構成です。以前レビューした「ガレリア DS」がCore i5だったのに対し、こちらはCore i7-7700です。全体的にはスタンダードなミドルスペックといった感じです。

メモリは8GB、ストレージにはSSD初期搭載と軽いゲームをやるなら十分な性能です。とはいえCPUをCore i5に落として、グラフィックボードをGTX1060 3GBとかにしたほうがゲームの快適性は上がるので迷いどころです。

CPUを高性能にするメリットとしてパッと思いつくのはCPUエンコードでしょうか。とにかくCPUをごりごり酷使するような使い方をしたい人には嬉しいゲーミングPCです。

SSDとHDDの速度

ストレージの速度をCrystalDiskMarkで計測しました。SSDのシーケンシャルリードは552MB/s、シーケンシャルライトは348MB/sです。ランダムアクセスがやや低速なのがちょっと気になります。何度か計測し直しても変わりませんでした。

一方HDDのシーケンシャルリードは204MB/s、シーケンシャルライトは202MB/sです。

ガレリア XSの外観

次にガレリア XSの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア XT」や「ガレリア XF」と同じPCケースです。正面上部にDVDスーパーマルチドライブが搭載されています。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。

上部には排気口が2つあります。どちらもケースファンは付いていません。カスタマイズで付けることも可能です。

左側には吸気口が2つあります。上と同じようにケースファンを追加できます。上の方にケースファンを付ければCPUをかなり冷やせます。後述する温度に関して、グラフィックボードよりもCPUのほうが高い温度だったので冷却のカスタマイズをするならCPUに対して優先的にやりたいです。

内部の様子です。

CPUファンはトップフロー、メモリは4GB x 2のデュアルチャネルです。メモリスロットはあと2つ空いています。

GeForce GTX1050です。さすがにコンパクトですね。Palit製でした。

マザーボードはASUS PRIME H270-PLUSです。拡張スロットはPCI Express x4が1つ、PCI Express x1が4つ空いています。格安ゲーミングPCのなかでは拡張性が非常に高い部類です。

シャドウベイはスライド式でこのように引き出せます。HDDはTOSHIBA製、SSDはSanDisk Z400sシリーズでした。

右側です。ここにはケースファンを追加できません。

背面です。排気のファンが1つ付いています。

マザーボードの接続端子はUSB4.0が4個、USB2.0が2個、PS2端子が2個、LANポート、サウンド関連です。旧モデルのH170からH270になってUSB3.0端子が増えました。

GeForce GTX1050の接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortの合計3つです。

ガレリア XSの温度

ベンチマークソフトを動作させながらCore i7-7700とGTX1050の温度を計測しました。Core i7-7700は最大71度、GTX1050は最大50度です。GTX1050はかなり低温度で動作していますね。

ガレリア XSのベンチマークスコア

GTX1050 + Core i7-7700だとどんな性能になるのでしょうか。各種ベンチマークソフトでグラフィック性能を評価してみました。

FF14

DX11 最高品質 DX11 高品質
7191 8520
DX11 標準品質 DX9 最高品質
16318 9523

FF14ベンチマークは最高品質の設定でも「非常に快適」の評価でした。エントリークラスのゲーミングPCでもFF14を快適に遊べる時代になったんですね・・・。

PSO2

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
18424 53693 79877

PSO2ベンチマークも問題ありません。設定6と設定5のスコア差が随分と開いていますが、これはGTX1050にありがちな現象です。設定6でプレイしてみて気になるなら設定5にしましょう。

ドラクエ10

ドラクエ10は14368です。

MHF

MHFは8924でした。なぜかあまりスコアが伸びませんでした。GTX1060 6GBが25000前後だとすると12000くらいになっても良さそうな気がします。NVIDIAコントロールパネルの設定が影響しているのかもしれません。ドスパラ公式サイトには「13837」と書いてあります。

3DMARK FireStrike

総合スコア Graphics score Physics score
3691 3891 12705

3DMARK FireStrikeの評価では「上位84%のパソコン」です。MHFベンチマークと同じように明らかにおかしいスコアです。本来なら6000以上出るはずです。ドスパラ公式には「6226」と書いてあるので私のミスだと思います。

いずれにしても格安ゲーミングPCながら多くのオンラインゲームを遊べる性能だとわかりました。せっかくのCore i7 CPUを色々なことに使ってみたい人におすすめです。

ガレリア XSの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ