ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > GTX1050Ti搭載!ドスパラ ガレリア XH 性能レビュー

GTX1050Ti搭載!ドスパラ ガレリア XH 性能レビュー

今回のレビューはいくつか初めてのことがあります。まずCPUです。2017年1月にインテルCPUがSkylakeからKabylakeに変わったため、すでにBTOゲーミングPCはCore i7-6700からCore i7-7700に変更されています。

もう1つはグラフィックボードです。GeForce GTX1050Tiを搭載したゲーミングPCを触るのは初めてのことです。なぜかドスパラにはあって、G-Tuneにはない特異な存在です。ではCore i7-7700、GTX1050Tiを搭載したデスクトップゲーミングPC「ガレリア XH」をレビューしていきます。

ガレリア XHはこんな方におすすめ!

格安のゲーミングノートPCが欲しい!
最新世代のパーツを選びたい!
標準的な重さのオンラインゲームをプレイしたい!

ガレリア XHのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700(定格3.60GHz)
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1050Ti 4GB 8GB(PC4-19200)
ストレージ チップセット
250GB SSD + 2TB HDD インテル H270 Express
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ 500W 静音電源(AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)

ガレリア XHの価格と詳細はこちら

昨年までのゲーミングPCとはパーツががわりと変わりました。冒頭で書いたように旧モデルからするとCPUがCore i7-6700からCore i7-7700に変更されています。

それと同時にチップセットがH170からZ170に変わっています。実はこのチップセットの変更点の影響が意外と大きく、OSはWindows10しか選べないようになりました。Windows7はもう消滅したものと考えてください。

また、CPUが高速になっています。それまでは同じDDR4メモリでもPC4-17000でしたが、ガレリア XHはPC4-19200です。とにかく全体的にパワーアップしたと思ってください。

ストレージの速度

ガレリア XHに搭載されているSSDとHDDの速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSD

SSDはシーケンシャルリードが532MB/s、シーケンシャルライトが492MB/sです。ランダムリードが若干遅いのが気になりますが誤差でしょう。Crusial製SSDが搭載されていました。

HDD

HDDはシーケンシャルリードが229MB/s、シーケンシャルライトが223MB/sです。HDDの平均速度よりもやや高速です。HDDはSeagateのBarraCuda ST2000DM6が採用されていました。

ガレリア XHの外観

次にガレリア XHの外観や接続端子のレビューをしていきます。

ガレリア XT」や「ガレリア XF」と同じPCケースです。一番上にDVDドライブがあります。

真ん中にUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。

上部には排気口が2つあります。でも初期構成だとトップケースファンが付いていません。ガレリア ZF」のようなZシリーズだと後側の排気口にケースファンが付いています。

左側には吸気口が2つあります。こちらにもケースファンを追加することは可能ですが、個人的にはサイドケースファンよりもトップペースファンを優先したいです。

ガレリア XHの内部を見てみましょう。

Core i7-7700のCPUファンはトップフロー、メモリは4GB x 2のデュアルチャネルです。メモリスロットはあと2つ空いているので簡単に増設できます。

GTX1050TiはGTX1060に比べてかなりコンパクトです。今気付きましたが補助電源が不要なんですね。

拡張スロットはPCI Express x4が1つ、PCI Express x1が4つ空いています。

ストレージベイはスライド式です。でも接続部分が反対側なのでケースの右側も開ける必要があります。

右側です。この通気口にはケースファンを追加できません。

背面です。届いた時に電源スイッチが「◯」に入っていたのでパソコン初心者は注意してください。「1」に切り替えないと電源が入りません。

マザーボードの接続端子はPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。

GTX1050Tiの接続端子はDVI、HDMI、DisplayPortです。GTX1060と比較するとDisplayPortが2つ減っています。

ガレリア XHのベンチマークスコア

最後にガレリア XHのベンチマークスコアで性能を確認しましょう。ちなみに1時間ほどベンチマークソフトを走らせたところ、CPUは最大59度、GTX1050Tiは最大60度までしか上昇しませんでした。温度があまり高くならないのは素直に嬉しいですね。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
7801 9174 16480
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
10326 10737 18198

FF14ベンチマークはすべての設定で「非常に快適」という評価です。FF14は昔は重かったですが、今では標準的な軽さのMMORPGです。FF14くらいの重さのオンラインゲームをやるのにぴったりな性能だと思います。

設定6 設定5 設定3
22361 53946 69394

PSO2ベンチマークは設定6と設定5のスコア差が妙に開いてますが問題ないでしょう。どの設定でもサクサク遊べます。

ドラクエ10は18348です。ドラクエ10のためにゲーミングPCを買うならもう一段回下のGTX1050でもいいです。

MHFは15917でした。MHF-Z High Grade Editionにもおすすめです。

総合スコア Graphics score Physics score
6723 7618 11634

3DMARK FireStrikeは「上位54%のパソコン」という評価です。3DMARK FireStrikeのスコアは今回からGraphics scoreとPhysics scoreも掲載するようにしました。GTX1060 6GBと比べると30%くらい低いスコアです。しかしながらGTX750Tiより65%以上性能アップしているので、GTX750Tiからの買い替えにはちょうどよさそうです。

ガレリア XHの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ