ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲームPCレビュー > Radeon RX480搭載!ドスパラ ガレリア XFR 性能レビュー

Radeon RX480搭載!ドスパラ ガレリア XFR 性能レビュー

RX480とGTX1060を比較しました!

ゲーム用グラフィックボードといえばNVIDIA GeForceシリーズが人気です。どのBTOメーカーもGeForceシリーズを搭載したゲーミングPCばかりを販売しています。

でも忘れてはいけないのがAMD Radeonシリーズです。今もRadeon搭載ゲーミングPCをいくつか販売しているのがドスパラです。今回はRadeon RX480を搭載したガレリア XFRをレビューしていきます。

ガレリア XFRはこんな方におすすめ!

コスパの良いミドルスペックゲーミングPCが欲しい!
できるだけ安いゲーミングPCでVRを遊びたい!
OpenGLやOpenCLに強いグラボを選びたい!

ガレリア XFRのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 64bit Core i7-6700(定格3.40GHz)
グラフィックボード メモリ
Radeon RX480 8GB 8GB(PC4-17000)
HDD チップセット
250GB SSD + 2TB HDD インテル H170
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ 500W (Acbel / 80PLUS BRONZE)

ガレリア XFRの価格と詳細はこちら

基本構成スペックはGTX1060搭載のガレリア XTに似ています。けれどもガレリア XTのほうが人気のせいか、キャンペーンでメモリ16GB、SSD 500GB、さらに割引になっていることが多いため、スペックに若干の差が見受けられます。

ミドルスペックのままでいいなら、この基本構成で購入すればいいと思います。しかし最近のゲーム推奨スペックを見ていると、すでにメモリは16GBが最低ラインになっているので、カスタマイズでメモリ増設することをおすすめします。

ストレージの速度

ガレリア XFRに搭載されているSSDとHDDの速度をCrystalDiskMarkで計測しました。

SSD

SSDはシーケンシャルリードが553MB/s、シーケンシャルライトが349MB/sです。ドスパラで採用しているSSDは速度が安定していますね。

HDD

HDDはシーケンシャルリードが205MB/s、シーケンシャルライトが197MB/sです。

ガレリア XFRの外観

次にガレリア XFRの外観や接続端子のレビューをしていきます。

高さは約45cmあります。これくらいの大きさなら机の上よりも下に置いたほうが邪魔にならないでしょう。

正面にはUSB3.0が2つ、SDカードリーダー、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンがあります。あと上のほうにDVDドライブがあります。

上部には排気口が2つあります。奥側にケースファンが付いています。

左側には吸気口が2つあります。上部と左側の空いている部分にはケースファンを追加できます。

内部です。

Radeon RX480の補助電源は6ピンです。GTX1060よりも一回り小型なサイズです。裏側にはファンが1つありました。

ストレージはこのように引き出せる構造になっています。HDDはSeagate製、SSDはCrucial製でした。

Radeon RX480の下に拡張スロットがあります。PCI Express x4が1つ、PCI Express x1が2つ、PCIが2つ空いています。グラボ次第ですがCrossFireX(マルチVGA)にも対応しているようです。

右側にもメッシュがありますが、ここにはケースファンを追加できません。

背面です。

マザーボードの接続端子はPS2が2つ、USB3.0が2つ、USB3.0 Type-C、USB2.0が2つ、LANポート、サウンド関連です。

Radeon RX480の接続端子はHDMI、DisplayPortが3つです。なんとDVIがありません!HDMI、DVI、DisplayPortの違いは?ゲーミングPCの映像出力端子はどれが人気か調べました」の記事で調査した際には45%がDVI派だったので驚きです。

ガレリア XFRのベンチマークスコア

Radeon RX480はもともとGeForce GTX980の対抗馬として作られた背景があります。でも今はGTX980の代わりとなるGTX1060が主流です。そこでRadeon RX480の性能をGTX1060と比較してみましょう。

DX11 最高品質 DX11 高品質 DX11 標準品質
10200 11639 17490
DX9 最高品質 DX9 高品質 DX9 標準品質
13596 13932 20476

FF14ベンチマークはDirectX 11のスコアがやや低いように感じます。しかしそれでもすべての設定で「非常に快適」です。最高画質にしてもサクサクです。

設定6 設定5 設定3
28681 55829 79051

PSO2ベンチマークもまったく問題ないスコアです。PSO2はCPUやメモリに大きく影響されるようなので単純比較ができません。

ドラクエ10は20112です。20000を越えてくる辺り、さすが最新世代ですね。

MHFは21567でした。GTX1060搭載のガレリア XTだと25832なのでちょっと負けています。

3DMARKの評価では「上位24%のパソコン」です。スコアはGTX1060とほぼ一緒です。もう誤差の範囲を言っていいでしょう。でも他のベンチマークソフトはGTX1060のほうが高性能だと評価しました。相性次第なのかもしれません。

ちなみにRadeon RX480がGTX1060を圧倒しているのがOpenGLやOpenCLです。OpenGLやマインクラフトのような極一部のゲーム、3DCG制作ソフトなどに使われています。OpenCLはPhotoshopが有名です。

例えばOpenCL用ベンチマークソフト「LuxMark」を走らせたところ、GTX1060だと6000程度です。一方、ガレリア XFRは14327というハイスコアを叩き出しました。だからクリエイター的な使い方もしたいのであれば、ガレリア XFRは非常におすすめです。

ガレリア XFRの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、フェイス、エイリアンウェアなどのゲームPCを使用した経験があります。

ゲーム PCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲームPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲームPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA1-SH2-GPB

    GTX1060搭載なのに13万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ