ゲームPCバンク

BTOゲーミングPCの実機レビューサイト

ホーム > ゲーミングPCレビュー > 最強のスリム型!ドスパラ ガレリア SZ 性能レビュー

最強のスリム型!ドスパラ ガレリア SZ 性能レビュー

GTX1080Ti搭載のスリム型デスクトップ!

BTOメーカーのゲーミングPCで大好きなスリム型デスクトップが、ドスパラのガレリア Sシリーズです。縦置き・横置きが選べて、さらにエントリーモデルからハイスペックまで揃っている素晴らしいゲーミングPCです。

そのSシリーズから遂に最強性能のGTX1080Ti搭載モデルが発売されました。小型なのにGTX1080Ti搭載って凄くないですか?今回はそんなガレリア SZをレビューしていきます。

ガレリア SZはこんな方におすすめ!

重いゲームをヌルヌル動かしたい!
できるだけ小型なデスクトップが欲しい!
パーツ交換することなくゲーミングPCを長く使いたい!

ガレリア SZのスペック

*商品構成や使用されているVGAの仕様など、変更になる場合があります。詳細はメーカーページをご確認ください。

OS CPU
Windows10 Home 64bit Core i7-7700
グラフィックボード メモリ
GeForce GTX1080Ti 11GB 16GB PC4-19200
ストレージ チップセット
500GB SSD + 2TB HDD インテル H110 チップセット
光学ドライブ 電源ユニット
DVDスーパーマルチドライブ SILVERSTONE SFX 600W 静音電源 (80PLUS GOLD / SST-SX600-G)

ガレリア SZの価格と詳細はこちら

全体的なスペックとしては同じGTX1080Ti搭載の「ガレリア XZ」と似ています。でもメモリが多かったり、高級電源ユニットを採用していたりする分、ガレリア SZのほうが高性能です。一方でガレリア XZのほうが拡張性は遥かに高いです。

また、GTX1080搭載の「ガレリア SG」と比較するとメモリ容量が2倍になっています。確かにGTX1080Tiを必要とするゲームならメモリ16GB搭載しておいたほうがいいですから納得です。

ストレージ容量も十分ですね。ということでカスタマイズする必要がない完璧なパーツ構成です。このまま買っちゃいましょう。

ストレージの速度

SSDとHDDの速度をCristalDiskMarkで計測しました。

SSDの速度

SSDは「Crucial MX300シリーズ」でシーケンシャルリードが532MB/s、シーケンシャルライトが505MB/sです。「Crucial MX300シリーズ」は高速なだけでなくいつ計測しても安定しています。ドスパラのゲーミングPCの初期搭載されているSSDは大抵このシリーズです。

HDDの速度

HDDはシーケンシャルリードが203MB/s、シーケンシャルライトが199MB/sです。

ガレリア SZの外観

次にガレリア SZの外観や接続端子のレビューをしていきます。

めっちゃスリムです。幅はわずか105mmしかありません。机の端っこだろうと、液晶モニターの後ろ側だろうと好きな場所に置けます。正面には電源ボタン、リセットボタン、SDカードリーダー、USB3.0が2つ、マイク入力、スピーカー出力があります。あと右上にDVDスーパーマルチドライブがあります。

左側2つの吸気口があります。1つはグラフィックボード用、もう1つは電源ユニット用ですね。ケースファンの取付口がありますが、購入時のカスタマイズでは追加できないようです。

右側にはCPU用のケースファンがあります。

背面です。

マザーボードのバックパネルにはPS2、USB3.0が2つ、USB2.0が4つ、LANポート、マイク入力、ライン入力、ライン出力があります。H110チップセットのマザーボードだと大体こんな感じです。

GTX1080Tiの映像出力端子はDisplayPortが3つ、HDMIです。DVI端子はありません。

もしもどうしてもDVIケーブルを使いたい場合は、同梱されているDVI => DisplayPort変換アダプターを使いましょう。こういうのがしっかり同梱されているのはありがたいです。

忘れてはいけないのが「ガレリア SZは縦置きも横置きもできる」ことです。縦置きするなら倒れないように土台で固定してあげましょう。横置きするならインシュレーターを四隅に貼ればいいだけです。

ガレリア SZの温度

小さなPCケースにGTX1080Tiを搭載して、果たして温度は大丈夫なのでしょうか?そこでベンチマーク計測中に温度を計ってみました。1時間以上ずっと負荷をかけ続けました。

CPU(Core i7-7700)は最大73℃、HDDは最大40℃、SSDは最大43℃、グラフィックボード(GTX1080Ti)は最大85℃でした。予想よりもかなり低い温度に収まりました。平常時はもっともっと低温度なので問題ないでしょう。

ガレリア SZのベンチマークスコア

ガレリア SZの性能をベンチマークソフトで評価しました。

FF14ベンチマーク

DX11 最高品質 DX11 高品質
20049 20526
DX11 標準品質 DX9 最高品質
25322 22215

FF14ベンチマークは全部20000越えです。さすがはGTX1080Tiといったところでしょうか。GTX1080だと18000、GTX1070だと16500、GTX1060だと12500くらいです。

PSO2ベンチマーク

設定6(最高画質) 設定5(高画質) 設定3(標準画質)
63781 66026 99290

PSO2ベンチマークも高いスコアが出ました。Core i7-7700Kならさらにスコアが伸びるはずです。

ドラクエ10ベンチマーク

ドラクエ10は21098です。

MHFベンチマーク

MHFは61661です。ガレリア XZよりも高いスコアです。GTX1080だと45000程度です。重いゲームが滑らかに動作するというのもありますが、ゲーミングPCが長持ちするメリットにも注目したいです。

3DMARK TimeSpy(DirectX12)

総合スコア Graphics score CPU score
8164 9171 5033

3DMARK TimeSpyの評価は「上位11%」です。今はまだDirectX12のゲームは少ないですが、今後絶対に増えてくるので最新ゲームをプレイするならベストチョイスです。

3DMARK FireStrike(DirectX11)

総合スコア Graphics score Physics score
19819 28188 12908

3DMARK FireStrikeの評価では「上位3%のパソコン」です。ハイエンド中のハイエンドです。PUBGくらい重いゲームで144fps出すなら、やはりGTX1080Tiは必須です。

こんなに高性能で小型なゲーミングPCは他に存在しません。机が狭くて悩んでいる方には間違いなくぴったりなデスクトップゲーミングPCです。置き場所や性能のメリットを考えたらむしろ安いので非常におすすめです。

ガレリア SZの価格と詳細はこちら

ドスパラのおすすめカスタマイズ

★人気ゲーミングPC割引中!ドスパラのデスクトップとノートが安くなってます!★

管理人 うらみん

格ゲーに飽きて2002年頃からオンラインゲームに参入。主にFPSとMMORPGをプレイしています。FPSでは大会で優勝し、海外クランと対戦したことがあります。RTSは下手糞です。

パソコンをカスタマイズするのが好きなので、趣味で当サイトを運営しています。ドスパラ、G-Tune、パソコン工房、エイリアンウェア、HP、フロンティアなどのゲーミングPCを使用した経験があります。

ゲーミングPCの選び方で迷ったら、Twitterで気軽に質問してください(╹◡╹)

最新ゲーミングPCレビュー

新着ブログ

うらみんのおすすめゲーミングPC

  • 1 ガレリア XF

    うらみんが感動した一押しモデル!
    今ならこのパーツ構成がコスパ最強!

    グラボ:GeForce GTX1070(8GB)

  • 2 im570SA2-GPB

    GTX1060搭載なのに11万円!
    当サイト限定の激安ゲーミングPC!

    グラボ:GeForce GTX1060(3GB)

  • 3 ガレリア SG

    小型なのにハイパフォーマンス!
    省スペース重視の方におすすめ!

    グラボ:GeForce GTX1080(8GB)

ページの先頭へ

ページの先頭へ